1. ホーム
  2. 自分に合った転職先を探す
  3. ≫ウェルネスの薬剤師の年収はどのくらいなのか?地域密着型の薬局

ウェルネスの薬剤師の年収はどのくらいなのか?地域密着型の薬局

鳥取と島根に密着して様々なサービスを行うドラッグストアウェルネスの特徴とは?

※出典:ツルハドラッグホールディングス

ウェルネスの運営会社は、ウォンツと同じツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本です。ある程度はウォンツと同じ特徴を持っていると考えられるでしょう。

ただ、店舗の種類が違うと微妙な違いが出てくるものです。実際、ウォンツと合併してツルハの傘下に入ったのは2015年と比較的最近ですから。

それでは、ウェルネスはどのような特徴を持ったドラッグストアなのでしょうか。

ウェルネスの年収は高い? 低い?

ウェルネス単体での平均年収は公式で公開されておらず、口コミサイトでも不明です。口コミサイトではウォンツとウェルネスの運営会社である「ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本」全体の年収を口コミ投稿によって、公開しています。

口コミサイトであるカイシャの評判によれば、平均年収は全体で421万円、販売促進で550万円、登録販売者は383万円、薬剤師は350万円だそうです。

ただ、薬剤師に関しては非正規雇用の人の投稿者が多い傾向があります。正社員だともう少し年収は上がるでしょう。登録販売者より年収が低いなんて、ドラッグストアではありえませんから。

いずれにしても特別年収が高いということはなさそうです。

→登録販売者の資格をとるなら

ウェルネスは店舗数が比較的少ないですが、ウォンツの無い鳥取県に多数の店舗を持ち島根県にも店舗を展開しています。

それら二つの「人口の少ない県」に絞ってサービスを展開することによって、過疎化が進む地域の医療に大きく貢献しているのです。

特に「在宅医療」に力を入れていて、地元住民に愛されています。ユーザー目線の利便性の高さが、ウェルネスの強みです。

働く側としても「ユーザーから愛される」ことによって、安定的に利益を上げることができて年収も安定するなどのメリットがあるカモ

総合職と薬剤師の待遇の格差はどれくらいあるの?

ウェルネスで募集されているのは、総合職と薬剤師です。薬剤師の中には「OTC薬剤師」と「調剤薬剤師」の二種類がありますが、調剤薬剤師の採用がメインとなっています。

総合職の募集は2017年10月現在皆無。ウェルネスは、あまり積極的に中途採用を行っていないのかもしれません。

薬剤師の勤務条件を求人から抜粋すると、正社員の月給は29.5万円以上、パートの時給は2500円となっています。正社員の場合ボーナスは年に2回あり、昇給は年に1回あるとのことです。

その他、正社員は社員旅行や通信教育制度、LTD制度など多数の福利厚生が受けられます。

パートの場合でも、有給休暇の取得や社員割引制度などの利用が可能です。

ウェルネスの採用活動と求人の傾向

特に変わった採用活動は行っておらず、ウェルネスは新卒採用をメインとして採用活動を行っています。

中途採用も薬剤師は数件ありますが、常時多数の求人があるとは言い難く地域によっては全く見つからないということもあるでしょう。ツルハグループの中でも特に求人数が少ないです。

ウェルネスが力を入れている地域と、地域密着サービスとは

鳥取県と島根県を中心としているので、当然その二つの県に強いです。70店舗中30店舗は鳥取県に、40店舗は島根県にあります。

ウェルネスはこれらの地域に対し、ドラッグストアや調剤薬局を展開するだけでなく、宅配サービスなど在宅医療を提供し、更には介護事業も行っているのです。

島根県には「介護センター松江」があり、鳥取県には介護センター米子があります。それぞれが行っているサービスは、福祉用具の貸し出しと販売・自宅の回収などです。

店舗の中で気軽に介護に関することを相談できるほか、車椅子や杖・シルバーカーなどを実際に見て選ぶことができます。

社員が語る、ドラッグストアウェルネスの魅力や現状とは?

勉強会などサポート制度がある

資格取得に対するサポート制度があり、研修が受けられます。勉強会も開かれるんですが、ウェルネスとウォンツとでは多少の違いがあるようです。

私はウェルネスの勉強会に参加していますが、実りのある内容でとても助かりました。資格取得後は、年に一度の研修が設けられているのですが、個人の休みを一日使って参加することになるのが少し気に入りませんでした。

地域密着なのでやりがいがある

地域密着の企業なので、地域に貢献しているのだと実感できる。地元が好きで何か貢献したいという方にとって、とても良い企業だと思います。給料も20代のうちは羽振りがいいので、特に不満はありません。

個としての働きが重要

基本は仕事がパターン化しているため、チームで行動するというよりもそれぞれが自分がやるべき仕事を理解した上で動くといった雰囲気。

ただ、その「個としての働き」が結果としてチーム行動のような連帯感を生んでいるように思います。自分の思うまま動いて仕事がしたいという方には、良いのでは?

地域に貢献したい、地元が好きな方にオススメ!

ドラッグストアウェルネスは、地域密着型のドラッグストア・調剤薬局です。介護支援サービスや宅配事業など、地域住民に愛される取り組みを多数行っています。

ただ、新店舗の開設には若干消極的なのでその点は注意が必要です。「個人としての仕事を重視したい」という方や、「地域に貢献したい」という方にはオススメの企業と言えるカモ