1. ホーム
  2. 自分に合った転職先を探す
  3. ≫ドラッグストアチェーンであるゲンキーは薬剤師転職におすすめ?年収や待遇から考えてみましょう

ドラッグストアチェーンであるゲンキーは薬剤師転職におすすめ?年収や待遇から考えてみましょう

店長を目指したい薬剤師には魅力あふれるゲンキーのポイント

※出典:ドラッグストア ゲンキー

 

ゲンキーは、福井県や石川県、岐阜県、愛知県合計で1,000店以上を出店している、ドラッグストアチェーンです。

「日本の生活を豊かするチェーンストアになること」というコンセプトのもと、ドラッグストアに求められる医薬品や化粧品の専門性の高さと、ディスカウントショップとしての低価格での商品提供にこだわった、店舗展開を行っています。

では、そんなゲンキーに転職する薬剤師には、どんなキャリアパスが用意されているのか、気になりますよね。そこで今回は、ゲンキーの特徴や給与・待遇、気になる評判について、お話しします。

福井県や石川県、岐阜県、愛知県へのUターン転職を考えている薬剤師の方々は、必見です。ぜひ、参考にしてみてください。

ゲンキーの特徴とは?

ドラッグストアチェーンであるゲンキー最大の特徴は、独自に開発した多彩なプライベートブランド商品を、消費者か購入しやすい価格で販売していることです。

プライベートブランド商品は300種類も用意されており、日用品だけでなく、医薬品も含まれています。

薬剤師がゲンキーに転職した場合、店内で扱うOTC医薬品の情報をお客さまに提供する他、店舗業務も担当することになります。

商品の発注や品出し、補充、商品管理を現場で学びながら、店舗運営に関する知識を学び、店長やエリア長にキャリアアップするのが、ゲンキーでの薬剤師のキャリアパスとなります。

ゲンキーの給与や待遇は?

気になるゲンキーに薬剤師が転職した場合の年収ですが、公式サイトの採用情報には明記されていません。社員の平均年収は400万円となっており、経験などを考慮した上で、ゲンキー側から個別に提示されるようです。昇給も賞与も、年2回となっています。

シフトは8:00~17:30の早番と、12:00~21:30の遅番のシフト制で、休日は月9日で年間休日は107日(元日は休業)となっており、有給休暇や産休・育休の制度は設けられています。その他に、年2回、5連休がとれるリフレッシュ休暇もあります。

各種社会保険は完備され、資格手当や残業手当、遠隔地手当、単身赴任手当が用意されている他、通勤交通費は全額支給されます。さらに、アメリカ研修旅行や外部研修派遣、親睦会など、他にはみられないメリットがたくさんあります。

また、社宅制度や労働組合もあります。福利厚生では、従業員は毎日ポイント5倍制度や前払い退職金制度、確定拠出年金制度、社員持株制度、ストックオプション制度、座系貯蓄制度、社員付与制度などがあります。

ゲンキーの気になる評判は?

では、ゲンキーに転職した薬剤師の評判を、いくつか紹介しておきましょう。

まず、良い評判としては、

  • 店舗は年々増加し得、企業としては成長を続けている
  • 出店が多いので、昇給や昇格のタイミングが加速され、キャリアップを希望する人にはおすすめ
  • 仕事は勤務時間内で終わらせるという風土がある
  • 自分の担当売り場がもらえるので、やりがいがある

などが、あげられます。

悪い評判には、

  • 企業の成長スピードに、社員数があっていないので負担が大きい
  • 研修後のフォローが店舗まで届いていない

などがありました。

店長として采配をふるいたい薬剤師におすすめ!

ゲンキーでは、社会教育機関として「ゲンキー大学」を設けています。これは、キャリアアップを目指す社員に自発的な学習を促すための制度で、社長セミナーで経営方針を直接学んだり、店長やブロック長を目指す人は、自由履修科目を受講し、必要なスキルやノウハウを身につけることができます。

そしてゲンキーの店長は、本部の指示に基づいて、店舗運営をするだけではありません。商品の陳列場所や方法、アピール方法などでは、店長の裁量で個性や感性を前面に出すことができますし、スタッフ管理も任されます。

そうした意味では、将来店長やブロック長として采配をふるいたいと考えている、薬剤師が転職するにはピッタリの職場です。より有利にゲンキーに転職したいなら、転職エージェントを活用することをおすすめします。