1. ホーム
  2. 薬剤師の職種
  3. ≫薬剤師が治験コーディネーター(CRC)に転職するメリットやデメリット、方法などについて

薬剤師が治験コーディネーター(CRC)に転職するメリットやデメリット、方法などについて

薬剤師のキャリアアップ転職先のひとつとして絶大な人気を誇る治験コーディネーターの業務内容や給料は?

081377

薬剤師として働いていて「もうワンステップ上に行きたい!」と考える方にとって魅力的な転職先のひとつとなる治験コーディネーター(CRC)。

キャリアアップの選択肢のひとつとして候補に挙がりやすいので、一度は検討したことがある人もいるでしょう。そこで今回は薬剤師が治験コーディネーターへの転職について紹介したいと思います。

治験コーディネーターの業務内容

まずは治験コーディネーター(CRC)の業務内容についてチェックしてみましょう。CRCは主に治験のサポート業務を担うことになります。

例えば…

  • 被験者のスケジュール管理
  • データの収集
  • 相談などのヒアリング

といったものが挙げられます。医師や看護師と提携しながら、適切な治験が実施できるようにコーディネートするのが主な役割ですね。

臨床開発モニター(CRA)との違いは?

CRCと比較されることが多い薬剤師の転職先のひとつに臨床開発モニター(CRA)もあります。こちらも治験に関連するお仕事ですね。

主な業務は…

  • 治験の進行やモニタリング
  • データの検証
  • 報告書や記録の作成・保存

CRCと比べて役割の比重・重要性が高いですね。

治験のお仕事に携わるメリットとデメリット

治験コーディネーターなど、薬剤師として治験のお仕事に携わるメリットとデメリットは以下のようなものが挙げられます。

メリット

新薬開発に関われる

薬剤師としてひとつのステータスとなり、実績となる新薬開発に関われるのは最大のメリットと言えるでしょう。

休暇が取りやすい

治験のお仕事は比較的休暇が取りやすい傾向にあります。のんびりできる期間と忙しい期間がハッキリと分かれているイメージですね。なので意外とパートやバイトの求人も見かけることがあります。

キャリアアップの選択肢が増える

そのまま治験方面に進むこともできれば、病院や調剤薬局でも役に立つ経験・実績を積むことができます。

成果に対する給料アップが期待できる

成果に応じてさらなる給料アップがもらえることが多々あります。

デメリット

初期の給与水準は低め

薬剤師として働く中では、初期の給与水準が低い傾向にあります。ただ上記したように、成果に応じてグングン伸びることもあります。

出張が多い

治験を実施している病院に出向く必要があるので、移動や出張が多いです。

残業が多い

忙しい時期は残業が当たり前な職場が大半です。

新しい勉強が必須

新薬開発に関わる以上、常に新しい知識を身に付ける必要があります。

治験コーディネーターに転職する方法

一般的には転職サイトや転職エージェントを使って求人を探すことになります。実は治験コーディネーターになるために薬剤師の資格が必須なわけではありません。別に資格がなくても就ける仕事です。だから初期の給与水準が低めなんですね。

とはいえ医療知識や薬学知識が必須なので、実質薬剤師の転職先として扱われている…という部分があります。CRAやCRCの認定資格を取得することで、月収が1~3万円ほど上乗せされるケースが多く、これを狙ってみるのも良いですね。