1. ホーム
  2. 薬剤師の職種
  3. ≫漢方薬剤師への転職!基礎知識や漢方薬剤師のなり方、働き方などを紹介!

漢方薬剤師への転職!基礎知識や漢方薬剤師のなり方、働き方などを紹介!

かかりつけ薬局への関心から漢方薬剤師の需要が大幅にアップ!薬剤師の漢方への興味も年々増加中!

3721e194d489f2d1b7504dcb3b07b677_s

ここ数年で「かかりつけ薬局」の必要性について語られることが増えてきました。これまでは「薬局と言えば処方箋調剤だけやっていれば良い」イメージがありましたが、健康相談をしたり、それにマッチした指導、薬の調剤が求められるようになっています。

このような流れが強まると同時に、漢方の専門的な知識を有する漢方薬剤師のニーズが高まっています。

実際に医学部でも漢方に関する講義が必須科目に含まれるようになり、大学病院を始めとした各病院でも漢方を最大限に活用した治療が盛んになっていますよね。これはひとつの時代の流れと言えるでしょう。

「漢方に関わる仕事がしたい!」と思っている薬剤師の方も多いはず。そこで今回は漢方薬剤師に転職する方法や、漢方薬剤師の基本的な知識、働き方について紹介していきたいと思います。

漢方薬剤師の仕事

まずは漢方を薬剤師としてどのように働くのかをチェックしていきましょう。

医療用漢方薬の調剤

病院で医師が診察・処方した上で調剤する漢方薬になります。もちろん処方箋に基づく薬になるので薬剤師しか出すことができません。

一般用漢方の処方

処方箋が必要ない漢方薬の処方に携わることも多いです。医師の診察がなくても購入できる漢方薬はたくさん販売されていますね。一般OTC薬と同様、保険がききません。つまりドラッグストアなどで販売されるものになります。

漢方のアドバイス

「こんな悩みがあるんだけどどうしたらいいかな?」といった相談を受けた時に、患者さんにピッタリの漢方薬をアドバイスするのも漢方薬剤師の大事な仕事になります。

「どの漢方薬がどういった症状に効くのか」をきちんと把握できていないと的確なアドバイスはできないため、専門性が求められます。

漢方薬剤師に転職するには?

「漢方薬剤師として働くために転職を考えているけれど、何から始めれば良いのか分らない」実は漢方薬剤師のための決まった資格はありません。

もちろん漢方に関する資格はありますが、持っていなくても名乗ることは可能です。とはいえ、患者さんに処方するわけですから専門知識を身に付け、適切に取り扱えるだけのスキルがなければ転職は難しいと言えます。

ということで漢方薬剤師への転職を考えている方は次のような方法からスキルアップを目指していきましょう。

勉強会やセミナーに参加する

数はそこまで多くないものの、漢方に関する勉強会やセミナーが開催されています。例えば、漢方製薬メーカーの勉強会、漢方薬局のセミナー、漢方診療科のある大学が開催しているセミナー…と色々な物があります。

また最近ではネット上で勉強する「e-ラーニング」を提供しているところも。これなら今の仕事を続けながら無理なく漢方に関する勉強ができますね。

資格を取る

薬剤師のための漢方に関する専門知識の資格として漢方薬・生薬認定薬剤師があります。日本薬剤師研修センターと日本生薬学会の連名で認定を受けることになり、資格を取得すれば転職に有利になるのは間違いありません。

漢方薬を取り扱う現場で経験を積む

勉強や資格も大切ですが、漢方を取り扱う薬局で働く事ほどスキルアップに繋がるものはありません。例えば漢方薬局への転職を考えてみてはいかがでしょうか。一般的な調剤薬局よりもずっと多くの種類の生薬や漢方を取りそろえています。

漢方薬局は一般的な調剤薬局以上に患者さんとのやりとり、カウンセリングに力を入れていることが多く、こういった部分も薬剤師としてもスキルアップに繋がると言えるでしょう。

ただし、なかなか求人情報が出回っていないため、転職サイトや転職エージェントを上手に活用することをオススメします。

まとめ

これまでは処方箋を正確に調剤することが薬剤師としての使命だったところ、漢方薬剤師に転職することで働き方や考え方が大きく変わった!という意見は良く耳にします。

古来より脈々と受け継がれてきた技術であり、同時に現代社会において再評価されている漢方。それだけ存在意義の高いものなので、薬剤師としてひと皮向けたい人は考えてみる価値がある仕事ではないでしょうか。