1. ホーム
  2. 薬剤師転職の基礎知識
  3. ≫30代の薬剤師でも満足できる転職を実現するためにはどうしたらいいのか?

30代の薬剤師でも満足できる転職を実現するためにはどうしたらいいのか?

キャリアアップもキャリアチェンジも可能な30代

95fcf58b21f4589660f7dfde500c8c8c_s

薬剤師の転職市場を見ても、30代は一番転職者が多い年代といえます。その背景には、薬剤師には女性の比率が高く、結婚や妊娠・出産をきっかけに、ワークスタイルを変える人も多いことが影響しているようです。

また、30代のうちはこれまでの勤務先とは違う、未経験の職場への転職も可能です。調剤薬局や病院、ドラッグストア、メーカー企業など、自分の薬剤師としてのビジョンを再構築し、キャリアチェンジできる年代でもあるということです。キャリアを積んだ30代の薬剤師であれば、転職を機に年収アップすることも十分に狙えます。

中でも病院から調剤薬局への転職は、かなりの年収アップが見込めると言われています。そうした転職事情を踏まえつつ、後悔のない転職を実現する方法についてお話します。

30代の薬剤師が転職するメリットとデメリットを理解しよう

30代の薬剤師が転職するメリット

30代の薬剤師が転職するメリットには、以下のようなことがあげられます。

  • キャリアアップもキャリアチェンジも可能なこと
  • これまでの経験が配慮され年収アップにつながることが多いこと
  • 自分のライフスタイルに合わせた選択ができること
  • 自分が職場に求める条件の優先順位がつけやすくなっていること

実際、前職の経験を買われて、転職と同時に管理薬剤師になる30代の薬剤師も少なくありません。管理薬剤師になった時点で、年収も30~50万円ほどアップしますので、昇進も転職目的と考える人にはおすすめです。

30代の薬剤師が転職するデメリット

一方のデメリットは、次のようなことがあります。

  • 30代後半になると病院やメーカー企業への応募が難しくなる
  • 現職で役職についている場合、給与面で折り合わずに内定できないことも増える
  • 同職種での転職だと即戦力として扱われるので業務内容をきちんと教えてもらえないなど

30代で転職に成功するためには、自分のキャリアビジョンと応募先の職場の仕事内容がマッチングしていることが不可欠です。

自分が今後、薬剤師としてどういうキャリアを積んでいきたいのか、どの分野でスキルアップをしていきたいのかは、応募書類や面接できちんと説明できなければなりません。

また、年収よりも勤務時間や通勤が至便、家庭と両立しやすいなど、自分のワークライフバランスに合った転職を探すという方法もあります。自分が転職によって何を得たいのか、しっかり考えてから活動を始めましょう。

転職の目的と優先順位を理解して応募先を検討しよう

30代の薬剤師は売り手市場

30代の薬剤師転職は、他の年代に比べると、売り手市場であるといえます。ですが、自分の転職の目的と、採用側が求めるニーズがマッチしなければ、採用に至らないのは同じです。そこで、転職活動を始める前に、職場ごとの違いを理解しておく必要があります。

転職しやすいのは調剤薬局

30代薬剤師が一番転職しやすいといわれているのが、調剤薬局です。とはいえ、薬剤の種類が少ないクリニックの門前にある調剤薬局と、大手チェーンの店舗では、業務量が求められるスキルがまったく異なります。

店舗の立地条件によって、業務の忙しさにも差があるので、十分なリサーチが必要でしょう。とはいえ、給与面は良い方で、勤務時間も固定しており、福利厚生も充実しているところが多い点は魅力です。

人気が高いのは病院

薬剤師の転職先として最も人気が高いのは、病院です。業務の幅が広く、専門スキルも求められますが、チーム医療の一員として患者さんに寄り添った仕事ができることに、やりがいを感じる人が多いようです。

もし病院への転職を考えているなら、30代前半がリミットとされていますので、急いだほうがよいでしょう。ただし、調剤薬局やドラッグストアから病院に転職する場合、年収ダウンすることもあります。

メーカー企業への転職は30代前半までに!

30代前半までがラストチャンスといわれるのは、メーカー企業も同じです。土日祝日や休みで福利厚生が充実している企業薬剤師は、年収的にも申し分はないでしょう。

ですが、30代で異業種から研究職に採用される可能性が低いこと、営業職の場合はコミュニケーションスキルを求められること、求人数自体が少ないことも考慮しておくべきです。

ドラッグストアへの転職は高収入が期待できる

30代の薬剤師転職で、最も高年収が見込めるのは、ドラッグストアへの転職です。最近は、調剤併設型のドラッグストアも増えてきているので、調剤の実務に携われる可能性も高いです。

こうした職場の違いと自分の志向性、勤務条件の優先順位を考慮して、応募を検討しましょう。

転職後に後悔しないためにしておくべきことは?

30代の薬剤師が転職を考えた時、応募できる求人数は相当数に上ります。ですが、そのすべての職場が、あなたが求めている勤務条件ややりがいを満たしてくれるとは限りません。また、節操なく様々な職場に応募している求職者を、わざわざ採用しようとするところも少ないでしょう。

あなたが満足のいく転職を実現するためには、転職の目的と自分のキャリアビジョンを明確にし、それを実現できる職場を探すことが基本です。年収が高いにこしたことはありませんが、一時的に年収は下がっても、その後のキャリアにつながる学習機会が多い職場を選ぶという選択肢もあります。現在だけでなく、将来も視野に入れた転職計画をたてることが、後悔をなくす第一歩なのです。

それと同時に、面接や内定時の労働契約内容の確認の際に、きちんと勤務条件を確認し、納得をした上で入社することが大事です。場合によっては、入社前に職場見学をお願いし、入社後のミスマッチを避けましょう。