1. ホーム
  2. 薬剤師転職の基礎知識
  3. ≫正社員が向いていないケースも!?薬剤師が正社員として働くことのメリットとデメリット

正社員が向いていないケースも!?薬剤師が正社員として働くことのメリットとデメリット

薬剤師が正社員として働くことについて、そのメリットとデメリットをわかりやすく説明します。

一口に薬剤師といっても、その雇用形態には多様なスタイルが存在しています。たとえばアルバイトやパート、契約社員や派遣社員として活躍をしている薬剤師も珍しくはありません。

日本の就職・転職シーンでは、とかく正社員の採用を勝ち取るポイントにウェイトが置かれがちですが、そもそも希望や事情は個人ごとで異なるものなので、どの雇用形態がベストなのかも一概には言えません。

これから転職を志すのであれば、ぜひご自身の生き方によりマッチした選択肢を選びたいところですね。

ここでは、数ある薬剤師の雇用形態の中から、『正社員』という働き方について

「正社員に向いている人はどのような人なのか?」

に焦点を当てながら、メリットやデメリットを紹介します。

正社員としての旨味や欠点を十分に理解して、この度の転職活動をより有意義にするためのヒントにご一読ください。

正社員のメリット

以下では、薬剤師が正社員として働いた場合に期待できるメリットについてをお話しします。

福利厚生

福利厚生とは、その企業で働く薬剤師(従業員)に対して施される非金銭報酬のこと。この『従業員』にアルバイトも含まれているケースがありますが、多くの場合、内容の充実度は正社員の方が高くなるでしょう。

とくに女性薬剤師の場合は、産休や育休を取得したいとお考えの方も多いはず。出産や育児を経て復帰を目指すのであれば、福利厚生の充実した正社員でいることが大きなメリットとなるカモしれません。

研修制度

薬剤師のスキルアップを図るため、正社員を対象に研修や勉強会を行う企業が多く存在しています。これは、独学で学ばなければいけない派遣薬剤師やアルバイト薬剤師では得ることのできない旨味だと言えるでしょう。

会社のお金で、薬剤師としての経験値やノウハウを伸ばす場を提供してくれるというポイントは、今後のキャリアアップを目指す薬剤師には見逃せないメリットとなるカモ。

賞与

派遣薬剤師やアルバイト薬剤師にはないメリットとして大きなポイントと言えば、賞与(ボーナス)の存在も。

受け取れる金額の算出方法などは企業ごとに違いがありますが、いずれにしても賞与の有無は雇用形態と深く関わっているポイント。

年収を大きく左右させるので、より高収入な転職を目指すのであればハズせないメリットになるのではないでしょうか。

退職金

退職後の生活の潤いにも、正社員のメリットが影響するカモしれません。退職金は賞与と同様に、正社員だからこそ受け取れる特権のひとつ。

会社や企業によっては契約社員などにも退職金があるケースも存在する様子ですが、受け取れる金額はやはり正社員に軍配が上がります。

昇進・昇給

昇進や昇給があるポイントも、正社員のメリットだと言えます。もちろんパート薬剤師の方でもキャリアアップや昇進を目指すことは可能ですが、長く勤めながら着実にステップアップしていきたいとお考えであれば正社員の方がオススメ。

よりスムーズな役職アップ・収入アップを目指しやすくなるでしょう。

転職しやすい

多くの方が経験からご存知の通り、日本の労働市場では、正社員以外の労働経験がキャリアとして認められにくい傾向があります。

したがって『正社員として雇用された経験がある』というポイントそのものが、その後の転職をより優位なものにしてくれるメリットも。

今後、キャリア・収入をアップさせていきたいと検討しているのであれば、正社員としての転職がオススメカモ。

正社員デメリット

旨味の多い正社員ですが、じつはメリットばかりではありません。以下では、薬剤師が正社員として働く際に懸念されるデメリットについてを説明します。

転勤がある可能性

企業によっては転勤がある可能性も考えられます。転勤をメリットと考えるか、あるいはデメリットと受け取るかは、それぞれの生活スタイルや事情によって異なるカモしれません。

しかし、たとえば結婚している場合や育児中である場合などは、引越しや転勤に対応できないケースも多いでしょう。

命じられた転勤にフットワーク軽く対応できない事情があるのであれば、正社員以外の雇用形態を検討した方が賢明なのではないでしょうか。

残業や休日出勤の可能性

時間給で働くパートや派遣とは異なり、正社員には残業や休日出勤のリスクが存在しています。上記で触れた『転勤』でもお話しした通り、勤め先からの業務命令に対応できるだけの柔軟な生活スタイルであるのかが問われることになるカモ…。

とくに既婚者の方や、育児中のママ薬剤師にとっては、ネックになるデメリットなのではないでしょうか。

給与が上がらないこともある

上記(『昇進・昇給』)ではメリットとして紹介したポイントですが、実は給与がアップしないケースもある様子。

新卒時は高収入とされる年収であったにも関わらず、その後の昇給が伸び悩み、業務内容や年齢・役職に収入が追いついていないと不満を抱く薬剤師も多く存在しています。

役職についたとしても「給料の伸びが悪い!」と不満を抱く方もいらっしゃるのだとか。

メリットの裏にはデメリットも…!自分にマッチしているのはどっち?

ここでお話しした事をまとめると、以下のポイントが重要です。

  • 福利厚生や賞与・退職金、昇進・昇給などによる安定や生活面での潤いを得たい方は、正社員がオススメ!
  • 今後も転職する可能性がある場合、あるいは転職をキャリアアップにつなげたい場合は、正社員がオススメ!”
  • 転勤や残業・休日出勤など、勤め先からの業務命令に対応できない事情がある場合は、正社員は難しいカモ…
  • たとえ正社員であっても、イメージ通りに収入がアップしない可能性も考えられるカモ…

正社員として採用されるメリットの裏には、責任や業務の重さ・大変さが隠れています。

もちろん利点の多い選択肢であることに変わりはありませんが、すべての人に「正社員になるべきだ!」とオススメすることもできないでしょう。

ぜひご自身の事情や希望条件と照らし合わせて、後悔のない選択に活かしてください。