1. ホーム
  2. 薬剤師転職の基礎知識
  3. ≫薬剤師による英語力を活かした転職は可能なの!?

薬剤師による英語力を活かした転職は可能なの!?

英語が必要になるシーンとは?英語力を活かした転職を目指す薬剤師の方必見です。

様々な職業の転職シーンで「英語ができると転職に有利」だと見聞きする事があります。しかしこれを薬剤師の転職に置き換えた時、果たして本当に英語が必要な職場はあるのか?と疑問に感じる方は多いでしょう。

事実、多くの薬剤師は英語力の有無に左右される事なく就職や転職を果たしています。

ここでは、薬剤師による英語力を活かした転職についてをお話しします。ご自身のスキルをフルに活用できる職場探しのヒントにお役立てください。

薬剤師に英語は必要なのか

結論を先に申し上げれば、薬剤師でも英語力を活かした転職を叶える事は可能です。ひとくちに薬剤師といっても活躍の場には多様なスタイルが存在していますので、その中には英語を使いこなせる人材を求める求人が発生することも珍しくはありません。

むしろ薬剤師という専門的な資格に英語力というスキルが上乗せされる分、うまく転職活動を進める事ができれば、高収入案件との出会いも夢ではないのです。

薬剤師に英語が必要になるときはどんな時?

以下では、薬剤師に英語力が求められるシーンや、英語力を活かせる働き方についてを紹介します。

外国人の多いエリアへの転職

基本的に、調剤薬局やドラッグストアーなどで活躍する薬剤師に高い英語力が求められる事は少ないでしょう。しかし、患者さんやお客さんに外国人が多いエリアへの転職であれば、英語を話せるスキルは必ず役に立つはずです。

この場合、求められるのは英会話のスキル。ジェスチャーと言葉で伝わる程度の英語力でも、十分重宝するのではないでしょうか。

英語への苦手意識を克服しておくべきカモ…

外国人の多いエリアでなくても、薬局やドラッグストアーなど患者さん・お客さんと接する職業である以上、英語で話さなければいけないシーンに出会う可能性もゼロではありません。

英語が苦手なタイプの方でも、簡単な接客や服薬指導が行える程度の対策をとっておく事は大切カモ。

「薬剤師には不必要なスキル」と開き直らず、ぜひ英語への苦手意識をクリアにしておきたいところです。

求められる英語力とは?

製薬会社・医療機器メーカーへの転職

学術業務や薬事申請、品質管理、臨床開発モニターに関わる製薬会社・医療機器メーカーの現場では、日頃から英語でのやり取りが行われる事も多く、英語力を存分に生かす働き方が期待できます。

海外症例や副作用、臨床試験の結果などを収集し、添付文書を作成したり、国内外の症例評価を行ったり…といった業務の中には、英語を使用したコミュニケーションスキルや英文の読解力が求められます。

また外資系の製薬会社やメーカーへの転職では、外国人上司との会話や海外支店とのやりとりが英語で交わされるシーンが多々あるでしょう。

そのため外資系企業への就職・転職においては、留学経験やTOEICの点数などの条件をクリアする事が求められる事も。

臨床開発モニター職への転職

CRO(委託臨床試験実施機関)、CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)などが携わる治験の現場では、外国人医師とのコミュニケーションスキルや、英語で記された海外症例の資料などの読解力が求められると言われています。

なかでも外資系CROへの転職ではとくに高度な英語力が必要とされ、転職の際には定められたTOEICの点数クリアが必須となるケースも。

薬剤師が英語力を活かした転職を目指す方法

このように、薬剤師が活躍できる職場の中には、英語力を活かす事のできるものも多く存在しています。

これから転職を志す薬剤師の皆様は、ぜひご自身の持つ得意分野を存分に活かし有意義な職探しを目指してみてはいかがでしょうか。

もしも
「得意な英語を武器に、収入アップを狙いたい」
「英語力を活かせる求人情報をたくさん得たい」
「自力での転職活動に自信が持てない」

という不安や疑問がある場合は、ぜひ薬剤師に特化した転職支援サイトの活用を視野に入れてみましょう。

薬剤師の転職支援サイトでは経験豊かな専任のコンサルタントが、薬剤師が持つ能力や資質を活かしたキャリアアップの相談にも対応してくれます。

ぜひご自身の得意分野を武器に、より有利な職探しを成功させてください。

まとめ

いかがでしょうか。今回お話しした内容をまとめると、以下のポイントが重要です。

  • 薬剤師でも、英語力を活かした転職は可能!
  • 外国人の多いエリアであれば、薬局やドラッグストアーでも英語力を活かせる!
  • 製薬会社・医療機器メーカーや外資系企業では、高い英語力が求められている!
  • 臨床開発モニター職への転職にも、英語力を活かせるチャンスがある!
  • 英語力を活かした転職を目指すなら、転職支援サイトの活用がオススメ!

一見すれば英語力と縁遠いイメージを持たれがちな薬剤師の転職シーンですが、うまく情報収集を進めることができれば得意分野を武器に収入アップを狙うことも夢ではありません。

ぜひ英語力を活かした職探しで、この度の転職活動をより有意義なものにして下さい。