1. ホーム
  2. 地域別の薬剤師転職情報
  3. ≫滋賀県で薬剤師として働く際の年収とは?求人情報はどうなの?

滋賀県で薬剤師として働く際の年収とは?求人情報はどうなの?

滋賀県の薬剤師転職の特徴を理解しよう

e68d21d5bc950779b086d699e5310c52_s

国内最大の湖である琵琶湖を有する滋賀県の人口は、約142万人にのぼります。人口10万人に対する薬剤師数は174.6人と、全国で24位となっています。

全国的にみても、薬剤師の需要と供給のバランスがとれた県といえます。滋賀県の医療施設の状況をみると、人口10万人にみる病院数は約4.2件、病床数は約1043床、薬局数は約36件となっています。

全国平均は下回っていますが、医療施設で薬剤師不足が起こっているほどではありません。

滋賀県で満足いく転職をするために必要なこと

とはいえ、居住地域や職種など、薬剤師が転職をする上で重視するポイントがいくつかあります。

また、滋賀県は医療機関や医師の不足が懸念され、「市がレジデント育成病院連携プログラム」や、「市外傷人育成協力機構」などの医師を育成することに注力しています。

ですが、これらのプログラムには即効性がありませんので、薬剤師を配置することで応急措置とする傾向がみられます。

そう考えると、交渉次第ではより有利な条件を引き出せる可能性があるのです。だからこそ、転職サイトを活用することがおすすめです。

薬キャリ(エムスリーキャリア)


薬キャリは病院への転職するには最適の転職サイトだと言われています。

その理由としては、エムスリーキャリア自体が医師のコンサルタントも行っているため、医療業界へ太いパイプを握っていて、他社の転職サイトよりも病院薬剤師求人を多く扱っているという訳です。

マイナビ薬剤師

人材会社として知名度の高いマイナビグループによる、薬剤師のための転職エージェントです。

求人元となる職場へ直接足を運び濃度の高い情報を仕入れてくるため、薬剤師の個別面談サポートを行うコンサルタント自身や情報の質の高さが好評。

登録すると、薬+というサービスを利用することができ、継続的に薬剤関連の有益な情報を得ることができます。

リクナビ薬剤師

圧倒的な知名度から安心感が大きく、実際に利用した転職者の満足度が高いのも好印象です。

またコンサルタントからのレスポンスが迅速で、よりスムーズな職探しを実現させたいという方におすすめ。

滋賀県の薬剤師求人は地域格差がほぼない

そして、滋賀県は琵琶湖を中心に、「湖南」「湖東」「湖北」「湖西」の4つに分かれます。湖南地域には県庁所在地である大津市があり、湖北地域にある長浜市との大きな差がつくほど、人口が集中しています。

滋賀県は地域によって人口数が異なりますが、医療機関や薬局は、エリアごとの居住人口に応じて機能しており、極端に医療不足に陥っているわけではないようです。

そのため、薬剤師が転職するにあたっては、平均年収が400~600万円であることが多く、地域によって格差が生まれることもありません。

滋賀県全域の薬剤師の平均年収は527万円で、全国並みの水準をキープしています。そして、薬剤師の転職先として、調剤薬局やドラッグストアだけでなく、病院の求人がよくみられることが、滋賀県の特徴といえるかもしれません。

病院薬剤師を目指すなら滋賀県がおすすめ!

滋賀県の薬剤師の転職市場をみると、病院薬剤師の希望者が多いという特徴があります。

これは、働くことに生きがいを求める薬剤師さんが増えていること、専門知識や技術を磨くためには臨床の最前線である病院への転職が望ましいと考えている人が多いという背景があるようです。

とはいえ、調剤薬局やドラッグストアと比較すると、病院薬剤師の年収は100万円ほど低く、年収450~550万円程度の求人が多いようです。

とはいえ、近隣県では、病院薬剤師の中途採用自体が難しいところもありますので、病院薬剤師を目指す人には朗報です。

正社員での転職はもちろん、ワークライフバランスを考えて、パートタイムとして調剤薬局やドラッグストアで働くなど、職種も勤務体系も選択肢が広いといえるでしょう。

←京都府で薬剤師が働く場合の年収とは?求人について


三重県の薬剤師の求人状況とは?年収はどのくらいなのか?→