1. ホーム
  2. 地域別の薬剤師転職情報
  3. ≫三重県の薬剤師の求人状況とは?年収はどのくらいなのか?

三重県の薬剤師の求人状況とは?年収はどのくらいなのか?

三重県でキャリアアップにつながる転職をするために

d0eab013a2061c12b819706e8334b152_s

三重県は、人口を約182万人有しています。ですが、薬剤師の在籍数は約2800人で、人口10万人あたりの薬剤師数は148.1人と、全国順位も下の方です。そのため、慢性的な薬剤師不足が続いています。

そして三重県は、病院数が106、病床数が20,864、一般診療所数が1,498、病床数が2,041と、病院数や病床数も全国平均を下回っています。

その結果、三重県の患者さんや医療スタッフが愛知県に流れる傾向が高く、県が「医師確保対策チーム」を設立したほどです。

三重県の転職に強い転職サイトは?

平均年収約526万円というのは、三重県内では高収入です。とはいえ、病院薬剤師の年収は若干低めですが、ドラッグストアや調剤薬局であれば、平均年収を上回る求人を見つけることができます。

ただし、そうした情報は非公開求人として扱われることが多いので、薬剤師に特化した転職エージェントを活用するのがセオリーです。

中でも、三重県で薬剤師転職に成功するために、おすすめの転職サイトを紹介しておきましょう。

マイナビ薬剤師

人材会社として知名度の高いマイナビグループによる、薬剤師のための転職エージェントです。

求人元となる職場へ直接足を運び濃度の高い情報を仕入れてくるため、薬剤師の個別面談サポートを行うコンサルタント自身や情報の質の高さが好評。

登録すると、薬+というサービスを利用することができ、継続的に薬剤関連の有益な情報を得ることができます。

リクナビ薬剤師


幅広い業界で就職・転職に携わる大手人材会社による、薬剤師向け転職エージェントです。コンサルタントのレスポンスが早いと評判で、「最短3日で転職が決まった!」という声もあるほど。

ベテランの頼れるコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるでしょう。

薬剤師だけでなく医療スタッフが少ない三重県

医師不足が深刻なこともあり、薬剤師を含めたコ・メディカルスタッフの活躍の場は広く、薬剤師の求人も豊富です。

とはいえ、県庁所在地がある津市や四日市市に人口が集中しており、病院もこのエリアに集まっています。

名古屋に近い北勢や伊勢志摩で有名な南勢、東紀州などは、慢性的な医療スタッフ不足なので、より薬剤師の需要が高いです。

三重県の薬剤師の平均年収は約526万円で、全国平均と変わりません。ですが、三重県の薬剤師の平均労働時間は、全国平均より月5時間少ないというデータがあります。

時給換算すると全国平均を上回りますし、薬剤師にとっては働きやすい環境にあることが予想されます。

また、三重県の薬剤師の平均年収がこの程度にとどまる背景には、200~350万円の年収で働く、非常勤薬剤師が多いことがあります。

年収700万円以上の求人を見つけることもできる!

病院数が少ない三重県では、調剤薬局の数も、近隣県に比べると少ないです。

ですが、高齢化の進行に伴い、重症患者は総合病院で、軽症患者は一般診療所で治療を受ける方針が徹底されるに従い、地域に根差した在宅医療や予防医療を行う場として、調剤薬局のニーズは高まることが予想されます。

また、三重県内でも過疎地域の求人には、年収700万円以上のものも少なくありません。コ・メディカルスタッフとして地域医療に貢献したいと思う薬剤師の方なら高い年収が伴う求人を探すのは、それほど難しくないようです。

←奈良県で薬剤師が働く場合の年収とは?求人について


滋賀県の薬剤師の求人状況とは?年収はどのくらいなのか?→