1. ホーム
  2. おすすめの転職時期
  3. ≫7月はボーナス後の転職活動が活発化する時期!

7月はボーナス後の転職活動が活発化する時期!

7月の中途採用はボーナスもらって、秋に向けた準備を

ボーナスを貰ってからの転職

長かった梅雨が明け、太陽の日差しが眩しくなるのが7月です。最近は、夏の期間にサマータイム制度を導入する企業も増えているようです。

サマータイム制度により、早めに仕事を始め、早めに退社することを奨励しているため、地球に優しいエコな活動だといえます。さらに、退社後の自由な時間も増えるため、消費の拡大にも効果的といえるかもしれません。

しかし、早い時間から仕事を始めるということは早起きが苦手な人にとっては辛いことです。早起きをするぐらいならいっそ別の会社に転職をしようかと考える人もいるのではないでしょうか。

そのような人のために、7月の転職について解説しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

ボーナス後の7月は転職活動が活発になる時期!

働いている人の立場で見ると、6月か7月には夏のボーナスが支給される場合が多いのではないでしょうか。7月にボーナスをもらい、それを準備資金とし、新しい企業への転職活動を開始するという人が多くなっているようです。

また、春から転職を希望し、転職活動を行っていた人がボーナスをもらい、転職するということもあるかもしれません。企業の立場で見てみると、7月は中途採用の募集を増やす傾向があるようです。

これは、企業の人事計画が整ったため、秋の採用を目指してこの時期から募集を行うことが多いからといえるでしょう。7月から募集が増え始め、9月10月の採用に向けてピークを迎えるでしょう。

もしも転職で7月の入社を目指すのであれば、春から計画的に転職活動を行って夏のボーナスをもらったらすぐに会社を辞められるようにしておく必要があるね。
あるいは6月・7月に夏のボーナスをもらって、その後9月・10月の入社を目指して転職活動を開始するのもいいカモしれないよ。

転職を成功させるためには時期を見極めることが大切カモ!

退職届けを会社に出すのはボーナスをもらう前?ボーナスをもらった後?

あなたが今の会社を辞めようと決意したとき、ひとつのポイントになってくるのが、いつ会社を辞めるかではないでしょうか。ボーナスがもらえる会社で働いている人は、当然ボーナスをもらってから会社を辞めたいと思うのが普通。

ボーナスをもらってから、今の会社を辞める場合の2パターンのスケジュールを解説しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。その2パターンは、さきほどの通り、あなたが7月の入社を目指すのか、7月から転職活動を始めるのかで大きく違ってきます。

では、もう少し詳しく考えてみましょう。

7月の入社を目指す場合について

7月の入社を目指す場合の理想のスケジュールは、4月から転職活動をし、6月にボーナスをもらってから今の会社に退職届を出し、7月から新しい会社に入社というのが理想だと思います。

しかし、理想通りにはならないことがほとんどではないでしょうか。もっと詳しく考えてみる必要があります。

ここでポイントになってくるのが、今の会社に退職届けを出してからどれぐらいの期間で退職できるかですということです。ほとんどの会社が1ヶ月から1ヶ月半というところが多いでしょう。

7月から新しい会社で働き始めるためには、ボーナスをもらう前に退職届けを今の会社に出す必要があります。ですが、「ボーナスがもらえないかもしれない」「ボーナスが減額されるかもしれない」と不安に思うことがあるかもしれません。

しかし、ボーナスというのは、これまでのあなたの成果にたいして支払われるものであるため、基本的にはもらえないということや、減額されるなどはありませんが、経営者の判断によっては、その可能性があるかもしれません。

不服申し立てをしたとしても、残念ながら負ける可能性のほうが高いでしょう。

ボーナスをしっかりもらいたいと思っているなら、ボーナスをもらってから今の会社に退職届けを出すほうが良いでしょう。

もちろん新しい会社が入社を待ってくれる場合もありますが、入社希望日が合わないということで、チャンスを逃さないように、あなたに合ったスケジュールを良く考えて行動しましょう。

7月から転職活動を始める場合について

7月から転職活動を始める場合は、ボーナスをもらい、退職届けを今の会社に出すことになります。そのため、ボーナスがもらえないということや、減額されるという不安はないでしょう。

もっと詳しく考えてみると、7月から転職活動を始める場合のスケジュールは、新しい会社に9月・10月に入社という場合が多いのではないでしょうか。

9月は会社の新体制の人手不足の補填や、あなたが会社を辞めようとしているように退職者が増える時期でもあります。募集が増える転職のチャンスの時期でもあると言えるでしょう。

ここで注意しなければいけないのが、あまり時間をかけないことです。転職時期が遅くなるということは、冬のボーナスが近づいてくるため、新しい会社でのボーナス査定期間が短くなってしまうという問題があります。

今の会社で、夏のボーナスをもらうために退職時期を考慮したにもかかわらず、退職時期を先延ばしにすることで、結局はあなたが損をする結果になってしまう可能性があります。

そうならないためにも、事前にしっかり準備をして、スムーズに転職できるようにしておく必要があります。

ボーナスに執着しすぎると転職の大きなチャンスを逃してしまうカモ。
7月のあなたの行動が今後の人生を大きく左右することもあるから、慎重にあなたに合った転職時期を見極める必要があるね。