1. ホーム
  2. 転職業界業種解説
  3. ≫営業職にめっぽう強い転職エージェント5選!待遇の良い会社への転職を成功させるために必要なこと

営業職にめっぽう強い転職エージェント5選!待遇の良い会社への転職を成功させるために必要なこと

営業職希望者必見!営業求人に強い転職エージェントを活かしてワンランク上の営業の仕事に就く!

営業求人に強い転職エージェント

営業の強みは「ひとつのジャンルにとらわれない、幅広いジャンルで活躍できること」営業職ほど個人の力量が成否を大きく分ける仕事はそう多くありません。

また、営業・企画・交渉能力が備わっていれば、あとは取り扱う商品やサービスが変わるだけなので、さほど問題にはならず、転職しやすい職だと言えます。

「営業はビジネスの基本を学べるから、将来のキャリアアップに結びつきやすい」と言われる理由としては、以下の6点の流れが決まっているからと言えます。

  • 営業
  • 企画
  • 交渉
  • 受注
  • 納品
  • 回収

上記のように、やるべきことがビジネス全体に関わっています。さらにコミュニケーション能力、ビジネスマナーも必須なので「ビジネスマンとしての素質」が仕事を通して磨かれていきます。

営業→営業はもちろん、未経験→営業、そして他業種→営業→キャリアアップを目指して転職する人もいるでしょう。求人が多くあるように、転職市場は営業職の人材を常に求めているのです。

営業職への転職におすすめのエージェント5選

営業職の転職市場はとても活発です。そのため特定の業種に特化しているエージェントサービス以外ならどれを選んでもある程度は満足のいく求人を紹介してもらえるでしょう。
しかし、納得できる転職を実現させたいなら、やはり営業職を得意とする転職エージェントに頼るのがまず間違いありません。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合評価 4.7
求人件数・質 4.6
提案力 4.7
サポート体制 4.8
利用者満足度 4.7
年代 20~30代
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

転職エージェント最大手のひとつであるマイナビエージェントは業界専任のキャリアアドバイザーが転職を丁寧にサポートしてくれます。

大手なだけあって幅広い職種を取り揃えており、営業職の求人数もトップクラス。選択肢が多いため希望条件にマッチした求人と出会えるチャンスが広がります。

マイナビのネットワークの幅広さ
転職支援サービスが充実!成功できる転職を目指す仕組み

↓マイナビエージェントで最適な営業職を見つけよう↓

 

DODA

DODA(デューダ)

総合評価 4.4
求人件数・質 4.7
提案力 4.3
サポート体制 4.1
利用者満足度 4.3
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

年間1万8,000人以上の転職実績を持つDODAは転職時の不安に心強いプロのサポートが受けられるサービスとして高く評価されています。その証拠に「5つの満足度ナンバーワン」の実績があり、多くのユーザーから支持されていることが分かります。

転職者と企業の双方にとってメリットのあるエージェントサービスを第一に考え、仕事のミスマッチが生まれないように徹底したサポート体制こそDODAの魅力であり、選ぶべき理由と言えるでしょう。

2人のプロが転職活動をサポート
非公開求人のボリュームがすごい

↓DODAの非公開営業職を探す↓

 

type転職エージェント

type転職エージェント

総合評価 4.3
求人件数・質 4.1
提案力 3.9
サポート体制 4.5
利用者満足度 4.1
年代 20~40代
対応エリア 全国(首都圏中心)
公式サイト https://shoukai.type.jp/

関東エリアに特化した転職エージェントサービスです。キャリアカウンセラーの質の高さが高く評価され、利用者満足度は87%と圧倒的です。

  • 関東方面で営業職への転職を考えている
  • 安心できる充実のエージェントサポートを期待している
  • 転職でのミスマッチは絶対に避けたい

これらに当てはまる人はtype転職エージェントの利用を検討してみるべきでしょう。

親身になって対応するキャリアアドバイザー
もちろん営業の転職にも強い!関東で働くなら候補に

↓関東周辺の営業求人ならおまかせ↓

 

パソナキャリア

パソナキャリア

総合評価 4.4
求人件数・質 4.6
提案力 4.2
サポート体制 4.2
利用者満足度 4.5
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト http://www.pasonacareer.jp/

総合人材サービスの先駆者であり、25万人以上の転職を支援してきた実績を持つパソナキャリア。常に数多くの求人 が集まっていて、それぞれの専門分野に精通したキャリアアドバイザーが懇切丁寧にサポートしてくれます。

年収アップを目指したい営業の転職に!
求人数・取引実績企業が多い!

↓経験を活かしたサポート力が魅力のパソナキャリア↓

 

ワークポート

ワークポート

総合評価 4.5
求人件数・質 4.5
提案力 4.6
サポート体制 4.3
利用者満足度 4.7
年代 20~30代
対応エリア 全国
公式サイト https://www.workport.co.jp/

特にIT関連の転職に強いワークポートですが営業の転職にも積極的です。全国を対象としていますが、主に神奈川、愛知、福岡、大阪がメインとなります。

なんと全体の70~95%が非公開求人になっていて、魅力的なマッチングが多いと評判。さらにコンシェルジュの質も高く、初めて転職する人にも安心です。

専任コンシェルジュの濃厚なサポートが魅力
多彩な支援ツールで利便性が高い

↓未経験業種の営業にも対応のワークポート↓

 

営業職に転職するときに押さえるべきポイント

営業職はそれなりに細分化されていて、転職先次第で働き方が大きく変わることがあります。そのため、営業職に転職を考えている人はポイントごとに考え、自分に合っている働き方を選ばなくてはなりません。

では営業の種類はなにがあるのでしょうか?

営業職の種類を知る/6種類の営業職を徹底解説

細かく分類するとキリがないので、大まかに分けると6種類になります。

  • 法人営業
  • 個人営業
  • 海外営業
  • 内勤営業
  • 技術営業
  • 医薬営業

それぞれザックリと内容を見てみましょう。

法人営業

企業を対象とする営業職のこと。求人数は最多となるでしょう。大規模受注を取ることが目的となり、そのためには相手に気に入られる人物である必要がありますし、同時にクライアントの問題解決を提案できるだけの能力が必要になるケースもでてきます。

また法人営業は「ルートセールス」「新規開拓」に分けられます。もちろん両方をこなす必要がある現場もあります。

もしも転職先が「仕事内容は全部、新規開拓だよ」と言われればちょっと大変かもしれません。しかし、商品やサービスに魅力があり、それを勝算としてアピールできる能力があればやりがいのある仕事に感じられるはずです。

個人営業

消費者を対象にした営業職。金融、住宅、自動車、教材など生活に結びつく商品を取り扱うことが多い傾向にあります。

法人営業とは少し違うニュアンスが必要になることもあります。例えば法人相手なら、先方も多少は商品・サービスの知識を有しているため話を進めやすかったりしますが、個人が相手だとそうはいかないかもしれません。

根気強さはもちろん必要ですが、人が好きでやりがいを感じられるタイプに向いていると言われています。

海外営業

海外の企業を相手に営業活動を行います。商社や輸入出関連の企業がターゲットです。

もちろん語学力は必須条件のひとつ。英語はTOEIC800点台が最低ラインで、最近は中国語を習得している人材のニーズが高まっていることが時代の変化として表れています。

合わせて外国の文化や風習、考え方なども理解しておく必要があるため、柔軟性も必須条件です。ワールドワイドに活躍したい人におすすめと言える業種です。

内勤営業

いわゆるカウンターセールス。ホームページやテレビCMなどを見て訪れたお客さんに商品やサービスを提案するのがメインのお仕事となります。

例えば車屋さんのディーラーや携帯電話ショップの販売対応などがそれらに位置します。商品・サービスに関する知識は当然として、顧客のニーズを正確に、そして素早く読み取る能力が必須となってきます。

また書類作成など事務的な作業も多いのも他と違う特色と言えます。

技術営業

IT業界や製造業界に見られる営業職のひとつ。技術者とクライアントの間を取り持つ役割を持つ立場にあります。

技術を深く理解し、それを提案できる能力、そして両者の言い分や立場を把握して調整できる能力が必要です。

一般的な営業のスキルだけでなく、専門的なスキルも必要になるので相応の勉強が不可欠。非常にやりがいのある営業職として人気が高まっています。

医薬営業

いわゆるMR。製薬会社などに多く見られます。病院や開業医を対象にすることが多く、自社薬品を提供したり、アピールすることが仕事内容になります。

薬品に関する知識はもちろん、営業職としての手腕も問われ、難易度は最上位クラス。実際、他営業職と比べて平均年収が高い傾向にあります。

どうして転職したいのかを考える

営業職に限った話ではありませんが「どうして転職したいと思ったのか」を明確にすることが大事です。人それぞれ、色々な理由があると思います。例えば…

  • ノルマがきついから、もう少し楽な営業に転職したい
  • 仕事に忙殺される日々に疲れた
  • 社内の人間関係に嫌気が差した
  • 仕事に見合った給料がもらえていない
  • 専門性のある仕事、成長する業界に飛び込みたい

などなど…これらを明確にできれば「自身にとって良い会社像」が見えてきませんか?

なるほどね…例えば、仕事が忙しすぎるなら新規開拓がメインの営業はちょっと避けたいと思っちゃうなあ。

逆にもっとガツガツと、成果の分だけ報酬が欲しいなら歩合制を採用しているところを選ぶ。という感じに選択肢を限定していけばいいんだね?

そうですね。その調子です!状況を想像して一つずつ考えることがポイントです。

そして転職したい理由がある程度まとまったら、転職エージェントのキャリアカウンセリングで打ち明けてみましょう。それを基にマッチする企業を紹介してもらえます。

営業職の人は比較的転職がしやすいというのがメリットっていう話があったけど、中には転職先の仕事内容や待遇などが気に入らずにすぐに転職を繰り返すという人も結構いるんだよね?

営業は確かに実力主義なので、実績があればそれだけ転職しやすい職種なんだけど、だからといってあまり短期間に何度も転職を繰り返していると飽きっぽい人だと思われたり、あるいは採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと思われたりするのが難点ですね。

だから営業職の人が転職を考える場合には、本当に転職をする必要があるのか、また今の職場で状況を改善することができないのか、じっくりと考えてから行動することが必要なのです。

営業職の履歴書のポイント

営業職はアピールすることがメインのお仕事。そのため筆記試験はほとんど実施されず、書類選考と面接のウェイトが大きくなっています。

履歴書はある程度フォーマットが決まっていますが、職務経歴書は自由度が高く、これがかえって厄介に感じられることもしばしば。言い換えれば周囲の人と差をつけやすい、自分の魅力を存分にアピールできるアイテムでもあります。

作成時に意識したいポイントは次の5つです。

  • パソコンで作って見やすいものを意識する
  • 過去の実績に今後の展望も記述する
  • 退職理由はポジティブな内容で
  • レイアウトや文字サイズを意識して読みやすさを重視
  • 読み手が何を求めているのかを意識する

もちろん企業によって注目するポイントが違いますし、不慣れな人は確信を持って作ること自体が難しいかもしれません。

そんなときは転職エージェントに添削してもらうのが一番手っ取り早いですし、より効果的な履歴書・職務経歴書の作成をサポートしてくれるでしょう。

自己PRは3つのポイントを軸に考える

自己PRは何を書くか悩みやすいところ。意識的に書くポイントは以下の3つです。

  • 「過去の実績」
  • 「今できること」
  • 「将来やりたいこと」

これらを1本の軸となるように自己PRを考えれば、まとまりがあり、伝わりやすい内容になるはずです。

未経験から営業職に転職する場合もこの法則を基準に考えるようにしましょう。

退職理由はメリットを意識する

面接時に必ず聞かれる「退職理由」。ありのままに、正直に話すのは得策ではありません。例えば…

  • 残業の多さに嫌気が差した
  • 仕事に見合った給料がもらえなかった
  • 人間関係が悪かった

といったネガティブなものは悪印象しか与えられません。ですが志望動機に繋がる、ポジティブな退職理由を書けばそれがメリットとなってくれます。

  • これまでの経験を新しい環境で試し、さらに高めたいから
  • チャレンジできる環境にあると思ったから

ポジティブな言い方を意識するだけで印象が変わってくるだけでなく、そのまま志望動機になります。

職務経歴書はこれまでの経歴や結果を文章にして、採用担当者へ伝えやすくすることが目的です。履歴書も大切な書類なんだけど、営業の場合は、職務経歴書が決め手になる事が多いですね。

その理由としては、これまでの営業成果を数字で見ることが出来るからなんです。

営業職の職務経歴書は、これまでの成果を残したプロセスと数字を書く人がほどんどです。

しかしそこにプラスして、こういう営業手法で、いくら利益を出して、工夫した事をアピールする事で、担当者がその人を採用した際に活躍してもらえるイメージを持ちやすくなるということです。

履歴書の用紙はA4、文字サイズは10.5pt~12pt程度がベスト

パソコンで作成するのを前提に、用紙はA4で文字サイズは10.5pt~12pt程度を意識するのが良いでしょう。フォントは明朝体が無難です。

履歴書、職務経歴書のいずれも統一させた方が見栄えが良くてgood。職務経歴書は1~2枚程度に抑えられるようにまとめます。

未経験で営業職への転職をする場合

営業職は未経験者OKの求人が多いので、条件を絞りすぎなければ転職先自体は割と簡単に見つけられるはずです。しかし、でたらめに求人を探すのではなく、以下のポイントを意識して探しましょう。

営業未経験なら今ある知識を活かせないか考える

例えば元々プログラマとして働いていた人が営業職に転職するなら、技術営業が適している可能性があります。

営業は商品やサービスの内容を熟知しているほど有利に働きやすいので、IT以外にも既に何かの分野に関する知識があれば、それに沿った仕事を選べると即戦力とまではいかずとも、かなり有利に働いてくれるのは間違いありません。

業界未経験ならルート営業を検討するのもアリ

営業を大きく分けると「新規開拓」と「ルート営業」になります。

新規とルート営業 なんとなく聞いたことあるけど、どんな違いがあるの?

新規開拓は今までまったく関係を持っていない人を顧客にするために動く必要があるため、相応のエネルギーと手腕が必要になってきます

ふむふむ

ルート営業はすでに取引先となっている企業に対して営業活動を行うので、新規開拓と比べれば多少はやりやすい部分があります

しかし、お世話になっている取引先だからといって、中途半端な提案力では成績が伸びませんし、油断すると同業他社に持っていかれる可能性もでてきます

ルート営業は必ずしも楽で簡単というわけではないんだね

そうですね。どちらも決して楽ではありません。営業だけでなく業界自体が未経験なら、先輩営業マンと一緒にルート営業から学んでいって、徐々にレベルアップしていくのが王道とも言えます

ただ営業職の求人を見ると圧倒的に多いのは新規開拓営業。そして企業方針として「若いうちは新規開拓営業から育てていく!」というところが多いんですよ。

未経験だからこそ転職エージェントに相談したい

未経験者が営業職に転職するなら、何はともあれまずは転職エージェントサービスに登録し、キャリアカウンセリングを受けるのが先決でしょう。

営業職に適正があるのか、ちゃんとやっていけるのか、どんな企業があるのか…など疑問や不安にきちんと答えてくれます。

もちろん履歴書や職務経歴書などの書類添削、面接対策も提供しているので、万全の体制で臨めるのも大きなポイント。

転職エージェントは無料で使える心強いパートナーですから、活用しない手はありません。

↓未経験職種のサポートに強いワークポート↓

ワークポートはIT・ゲーム業界だけではなく、営業や販売などの求人情報も豊富な口コミ・評判の高い転職エージェントサービス

未経験歓迎の営業職というのはどこの求人サイトを見てもよく掲載がされています。未経験歓迎の求人は、よく調べてから受けないと内定後に後悔する可能性が高いことで有名です。

企業が求人広告を出す理由を考えたときに、人が足りないからという理由が大半です。

急成長に伴う人員募集はよくありますが、一部の企業は離職率が高く、人が定着しないから年中求人を出しているという場合もあります。

そういう企業に営業で入ってしまうと、地獄のようなノルマがあったり、1日中怒鳴られたりと転職したのに環境悪化なんて事態になってしまうことも考えられます。

営業職はどんな業界にも存在する万能の職業ですが、その分、厳しさもついて回ります。転職したいと思った企業を見つけた場合は、口コミや社員の雰囲気などを参考にして、十分に調べてから行動することをおすすめします。

営業職の向き不向きはある?営業に必要な4つの力

これから営業職に飛び込もう!と考えている人にとって気になるテーマではないでしょうか。一体どんな能力が求められるのか、果たして自身に向いているのか。

もちろん全てが当てはまる必要はありませんが、以下のチェックポイントに該当すれば営業職の素質ありと考えて良いでしょう。

  • 信頼できる人間性
  • 軽いフットワーク
  • プレゼン・ヒアリングの力
  • 折れない心、めげない柔軟性

信頼できる人間であることが大前提

「営業職=明るい人」なイメージがあるかもしれません。確かに元気があるのは良いことですが、それだけでは営業職には適していません。あくまでも「明るく、親しみやすく、信頼できる人であること」が重要です。

営業職は会社の代表として出向く立場にあります。自社とクライアントの関係性は営業職が作っていくもの。売れっ子営業職に共通することは「また会いたいな」と思える人柄であることです。

ただ「大人しい印象の人がトップセールスを叩き出すケース」も往々にしてあります。

「自分はあまり明るい性格じゃない」「おしゃべりが苦手」な自己評価を持っている人でも、自分なりにどうすれば信頼を得られるかを考えられれば強みになるはずです。

軽いフットワークで予期せぬ自体も乗り切れる!

営業職はとにかくフットワークが軽くなくては務まりません。予期せぬトラブルが起これば誰よりも素早く対応しなくてはならず、言い換えれば素早く対応できればより良好な関係を築き上げられます。

状況をしっかりと把握し、適切に行動しつつ素早く対応すること。これはとても大事なポイントです。

プレゼン・ヒアリングの力

クライアントが何を求めているのか、プレゼンの糸口はどこなのか…を把握するには何をおいてもヒアリングが必須。これができないと、ただのおしゃべり営業職に成り下がってしまいます。

もちろんヒアリングの裏には情報収集やデータ分析も関わってきます。少なくとも最低限把握しておくべき数値…例えば外注費や原価、売上、利益率はまとめておかなくてはなりません。

いかに良い提案ができるか、そこに繋がるまでの道筋を楽しめる人は営業職にピッタリです。

折れない心、めげない柔軟性

トップセールスマンでさえ「思った成果が出せない…」と悩むことがあります。自分で分かっているのに周囲から「もっと頑張れ」と檄が飛んでくることも。

また営業に失敗すれば「本当に合っているのかな?」と不安になるかもしれません。

営業は工夫ひとつで大きな成果が上がったり、逆にやり方ひとつで上手くいかないこともある世界。折れない心、めげない柔軟な考え方は必須条件と言えるかもしれません。

営業職への転職おすすめエージェントまとめ

頼りになる転職エージェントサービスも、各社ごとに強みのある職種、あまり得意ではない職種があるのは事実です。なので「なんとなく」で決めるのではなく、ちゃんと理由を持って選ぶことが重要。

今回紹介した転職エージェントはいずれも営業関連の求人を多く取り扱っている、有力な候補先になりうるところばかりです。

「どのエージェントにお願いするべきか分からない!」という方は「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」を第一候補に考えておけば、まず間違いないでしょう。

理由はシンプルに、これらの求人数が他社よりも群を抜いて圧倒的に多いからです。選択肢の多さはそのまま希望条件に合う企業との出会い。仕事のミスマッチを極力防ぐ有力な手段となりえます。

営業職の人に転職希望者が多いのは、営業のスキルがあればどの会社へ行っても通用しやすいからですよね。

会社ごとに扱う商品やサービスは異なるけど、営業では人と接する際の礼儀やマナー、また相手に納得してもらえるようなコミュニケーション能力などが重要なので、営業の実績や経験が豊富な人であればどんな会社へ行っても通用するし、また採用もされやすいと言えるます。

会社の側でも営業の能力が高い人については積極的に採用したいと考えているから、面接官を納得させることのできる人ならば、良い待遇の会社への転職も難しくはないかもしれませんよ。