1. ホーム
  2. 有名企業の年収チェック
  3. ≫SBSホールディングスは物流トップグループ!気になる年収と採用情報をチェック!

SBSホールディングスは物流トップグループ!気になる年収と採用情報をチェック!

物流業界の大手であるSBSホールディングスで働きたいなら知っておこう

創立30周年を迎えたSBSホールディングスは、即日配送という新しいシステムを用いて物流業界をけん引してきた一部上場企業です。常に新しい技術の研究とチャレンジを続けながら市場のニーズをいち早くキャッチし、様々な付加価値を提供してきました。物流拠点の展開にも積極的であり、他社にない拠点開発と3PL事業の融合を続けています。

現在は、食品、アパレル、日用雑貨など広範囲な取り扱い、個人宅配や常温、チルド、冷凍の温度帯別管理など対応するジャンルも様々となっています。国内には15のグループを持ち、海外にも展開しているSBSホールディングスは、今後も新たな拡大を続けていくことでしょう。

SBSホールディングスの経営理念

われわれの提案するサービスによって、お客様に喜ばれ、株主に喜ばれ、そして社員の幸せにつながる会社を目指す。
企業の永遠の繁栄は、人を大事にすることにある。みなが生き生きと働くことが繁栄をもたらす。
社会的責任なくして企業の発展はあり得ない。社会と共に生き、人々に喜ばれ、広く内外社会の発展に貢献する。

※参照:SBSホールディングス/経営理念

 
SBSホールディングスの経営理念には、ステークホルダー全ての事を考えるようになっています。お客様だけでなく株主、そして社員が幸せになることを目指しています。そして7つの行動基準によってグループ社員を含めて同じ目的を持つようにしています。

  1. 公正で透明性のある企業活動
  2. コーポレート・ガバナンスの推進
  3. 安全の確保
  4. 環境問題に気を配り、社会貢献に努める
  5. お客様第一主義
  6. 法令・規程の遵守
  7. 働きがいのある職場づくり

 
これらの行動指針を常に意識し続けることで、SBSホールディングスとしての個性を出し、社会とお客様、そして社員が幸せになることを目指しています。そんなSBSホールディングスの年収はどうなっているのでしょうか?

SBSホールディングスでの年収はどれくらい

SBSホールディングスが有価証券報告書で公表している平均年収は、654万円となっています。平均年齢が43.9歳の一部上場企業としては、平均的な年収額となります。

物流とは、私たち全国民のライフラインと直結した事業の1つです。物流が止まってしまえば、生活に支障が出るだけでなく、生活をストップさせることだって考えられます。

災害時などは特に、モノが運ばれる事がいかに重要であるかを実感できるでしょう。SBSホールディングスで働くということは、人々の生活を支えるだけの強い意志と決意が必要になってきます。

SBSホールディングスが求めている人材とは?

SBSグループは、1987年、「即日配送」という当時の世の中に無い配送システムを提供するユニークな会社として誕生しました。以来、M&Aの積極活用や物流と金融を融合した独自のビジネスモデルを用いて成長を続けてまいりました。

おかげ様で、2017年12月、私たちSBSグループは、創業30周年を迎えることができました。これも多くのお客様、お取引先様、株主様のご支援、ご鞭撻の賜と心より感謝申し上げます。

さて情報通信技術の進化とともに新たな生産方式や流通モデルが誕生し、便利で快適な暮らしが実現する中、物流は大きな役割を果たしてきました。

一方、環境負荷低減や災害時のライフラインとして、新たな課題への対応も迫られております。SBSグループは、重要な社会インフラのひとつである物流が担う責務や期待に一丸となって応えることを使命といたします。そのために生産性向上と先進技術の活用に努め、自らの進化を通じて物流を改革してまいります。

私たちは、スローガン「For Your Dreams」のもと、「こうありたい、こうなりたい」という人々の夢をつなぎ、豊かな社会づくりに貢献し、お客様から選ばれ続ける企業グループをめざしてまいります。

※参照:SBSホールディングス/トップメッセージ

 
社会では情報化が進み、インフラ環境は常に進化を続けています。その中で物流がその変化に対応できなければ、人々が豊かになることが見込めるでしょう。SBSホールディングスでは、重要な社会インフラのひとつである物流が担う責務や期待を一丸となって応えることを使命としているのです。

SBSホールディングスに入社することで、どのように社会貢献ができるかを考えられる人材を求めています。Aという地点からBという地点にモノを運ぶことだけ見ていては、物流の本質をつかむことはできません。物流と聞くとモノで人をつないでいるように感じるかもしれませんが、実際には人と人とをつないでいるのです。

生産現場からお客様の手元に届くまで、一連のプロセスを考えてベストなソリューションを提供することがSBSホールディングスには求められているのです。そして常に新しいことにチャレンジをして、最適な案を追求することに妥協を許さない人材が、将来SBSホールディングスで活躍をすることができるのです。

SBSホールディングスで行っている採用活動

SBSホールディングス本体では、現在採用活動を行っていません。SBSホールディングスは、国内に15のグループ会社を持ち、現在は11の企業にて採用活動を行っています。

例えば、貨物自動車運送事業や倉庫業などを請け負っているSBSロジコムでは、運転ドライバーからから倉庫内作業を実施する社員を募集しています。

同じように品質管理に定評のあるSBSフレックでも、同様の運転ドライバーや倉庫内作業を実施する人を募集しています。SBSホールディングスの方針は全グループ企業に根付いており、どの企業で働いても基本的に目指すべきところは同じです。

eコマース支援をメインとしたマーケティング企業であるマーケティングパートナー株式会社でも、SBSホールディングスの思いを受け継いでいます。SBSホールディングスのグループで働く場合は、各企業が持っている特徴を知ること、また勤務地や勤務条件をよく確認して応募するようにするといいでしょう。

物流ソリューションを体験したい人におすすめ

eコマースのインフラがこれからも充実していく日本において、物流に求められる業務はこれからも幅広く展開されていくことが予想されます。世間のニーズをキャッチし、新しい物流ソリューションにチャレンジしたい人にSBSホールディングスはおすすめです。