1. ホーム
  2. 有名企業の年収チェック
  3. ≫民営化から10年!日本郵政の年収って実際どうなの?

民営化から10年!日本郵政の年収って実際どうなの?

日本郵政への転職を考えるなら、知っておきたい情報

日本郵政

日本郵政株式会社は、子会社に日本郵便、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、などを子会社に持つ、総務省所管の特殊会社で、2007年に民営化がされたことでも有名です。

特殊会社とは、日本においての特別法によって設立された会社のことで、他には、日本たばこ産業や、日本電信電話、その他一部のJRなどもそのひとつです。そんな民営化から早10年を迎える、日本郵政の年収について調べました。

日本郵政の社員の年収は?

有価証券報告書の調べでは、日本郵政の平均年収は775万円でした。

20代社員の例

  • 基本給:20万円
  • 諸手当:3万円
  • 合計:23万円
  • 賞与(年2回):85万円

給料については、年齢とともに上がる傾向にあり、30代で500万円から600万円、40代で650万円から770万円、50代で900万円以上と1000万円近くにまで上がることもあります。

  • 30代で500万円~600万円
  • 40代で650万円~770万円
  • 50代で900万円以上

また、役職がつくと給料はさらにアップします。例をあげますと、

  • 主任クラス 665万円
  • 係長クラスで827万円
  • 課長 1050万円
  • 部長 1200万円

と順調に上がっていきます。責任は重大なポジションですが、その分やりがいのある仕事であることがわかりますね。

ちなみに、年収が一番高くなる50歳から55歳の年収は、一般企業よりも高い水準です。

  • 大学卒で1162万円
  • 短大卒で870万円
  • 高卒で744万円

物流業界の年収を海運、陸運、倉庫など各業種別に徹底調査!

活躍の場は郵政グループの巨大なフィールド。求める人材は?

郵政グループは、私たちの生活に必要不可欠な「郵便」「貯金」「保険」すべてを網羅した会社です。
国民の生活をトータルでサポートすることを目指し、お客様にニーズに常に答えていくということを大切なテーマとしています。

そのため、採用にあたっては誠実さ、チャレンジ精神をもった人を求めています。チャレンジ精神とは、なんでも失敗を恐れずに挑戦し続けるのはもちろんのこと、柔軟なアイディアで、新しい商品、サービスを生み出し、さらに利益も上げていくという姿勢です。

また、郵政グループはさまざまな手がけている事業が多い会社なので、グループ全体で常に変革を求めている状態です。

そのため、今までの前例に捕らわれることなく、新しいアイディアを出してくれる人が求められています。

待遇はどう?転勤はある?

日本郵政では、4週8休制をとっています。また、配属される部署により、休暇は様々です。

特別休暇

  • 夏期
  • 冬期
  • 結婚
  • 出産
  • 忌引
  • ボランティア休暇

申請をすれば取得できル休暇

  • 病気休暇
  • 育児休業
  • 介護休業

福利厚生が充実

また、福利厚生が充実しているのも大手ならではの特徴です。各種社会保険が完備されていることはもちろん、財形貯蓄制度、団体積立年金保険、社員持株会などもあり、ライフスタイルへの備えもばっちりですね。

独身、家族両方とも社宅があり、独身社宅は35歳まで住めます。35歳までに結婚すれば家族社宅に移ることができますが、独身の場合は社宅には住めなくなりますので注意が必要です。

扶養手当、通勤手当、住居手当、超過勤務手当なども支給され、その他インセンティブがつきます。
勤務地や転勤先は基本的には選べませんが、社員から希望を毎年聞き、なるべく希望に近くなるよう努力をしてくれるそうです。ちなみに、一般職には転勤はありません。

社員がいきいきと働き続けるためにこんな取り組みを行っています

会社が発展し続けるためには、社員がいきいきと働くことが大切です。日本郵政では「社員と家族の幸せ」、「さらなる生産性の向上」と目標とし、会社と社員が一丸となって長時間労働の抑制や社員のメンタル面でのケアを行っています。

また、女性が意欲的に仕事に取り組めるよう、育児と仕事の両立を考えた取り組みを行っています。
産前産後休暇はもちろんのこと、配偶者の出産休暇、育児休業、育児部分休業、子の看護休暇、介護休業(通算183日まで)、介護部分休業(最大3年間)、介護休暇などの制度があります。

女性管理職の割合も高い

女性管理者も積極的に採用し、女性がやりがいをもって働き続けられる職場環境づくりに努めています。

日本郵政クループ内で、2021年までの管理者に占める女性の割合目標

  • 日本郵便:10%以上
  • ゆうちょ銀行:14%以上
  • かんぽ生命保険:14%以上
  • 日本郵政:11%以上

また、人材を大切にし、育児、介護を理由に退職した社員への再雇用も積極的に行っています。

情熱と高い志をもったチャレンジャーが活躍できる企業

お客様ひとりひとりの信頼に応え、コツコツと積み上げてきた実績のある企業です。2007年に郵政民営化を経験しながら、日本郵政は成長してきました。

社員の実績と職務行動による自己評価、上司評価を年1回行っており、昇給や昇進に反映するので、頑張った分だけ評価される会社です。

また、社員の実力に合わせた人事異動も行っており、様々な業務を体験できます。それにって、知識や能力を積極的に高めていくのもよし、専門分野を究め、エキスパートとして活躍するのもあなた次第です。

また、入社後は、能力や分野に応じて必要なスキルを高めるためたり、昇給昇進に関わるも研修にも参加することができます。日本郵政のホームページにはこのように書かれています。

そばにあるから、できることがある

※参照:日本郵政ホーム

日本郵政だからこそできる、あなただからこそできる取り組みで、お客様の暮らしに寄り添って役に立てることを考えていく。そんな、地域や社会の課題に挑み、チャレンジを続けたい人におすすめの企業です。

日本郵政の中途採用情報は公式サイトから

  • 日本郵便株式会社の経験者採用-日本郵便
  • 株式会社ゆうちょ銀行の中途採用情報-ゆうちょ銀行
  • 株式会社かんぽ生命保険の採用情報-かんぽ生命

※参照:日本郵政株式会社の中途採用情報

DODA(デューダ)でも応募できる日本郵政グループのお仕事

DODA(デューダ)

日本郵便株式会社(日本郵政グループ)

  • 仕事内容…営業経験や顧客折衝経験が活かせる「JP金融アドバイザー」
  • 勤務地…全国の郵便局 ※エリアをまたぐ転勤なし
  • 予定年収…【モデル年収例】 30歳/約490万円、33歳/約525万円

日本郵便株式会社(日本郵政グループ)

  • 仕事内容…未経験から始める郵便局の営業職
  • 勤務地…全国の郵便局 ※エリアをまたぐ転勤なし
  • 予定年収…【モデル年収例】 30歳/約490万円

↓DODAで日本郵政グループへ転職!↓

 

郵便局のバイトはバイトルで!