1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫女性の転職では女性ならではの職場選びが大切!

女性の転職では女性ならではの職場選びが大切!

女性の転職をしっかりサポートしてくれるエージェントを徹底解説

女性の転職

女性の場合は結婚、妊娠、出産などの人生のイベントが多いので、その都度転職について考える必要があるため、大変です。

しかし「やめたいけど辞めらない」、「待遇が良い会社を見つけられる気がしない」と、一人で悩んでいる女性が多いのも事実です。今回はそんな転職を希望する女性たちのために役立つ情報を紹介していきます。

女性におすすめの転職サイト厳選トップ5

いまでは女性に特化した転職サイトも増えている時代。そこで女性転職に強い、人気のサイトTOP5を一挙にご紹介しましょう。

1位 マイナビエージェントWomanWill

 

数ある転職エージェントの中でも知名度が高いのがマイナビ!人気女優が出演するCMを目にしたこともあるのではないでしょうか?

「マイナビエージェントWomanWill」は、女性に特化した女性のための転職エージェントです!多くの実績があるマイナビだから、豊富なネットワークと圧倒的な情報量が自慢です。

マイナビエージェントウーマンのおすすめポイントは?

  • 職種別のキャリアアドバイザーが転職後まで手厚くサポートしくれる
  • 「業種別平均年収ランキング」などマイナビならではの情報が満載!
  • 20代と30代の女性に向けた専門コンテンツがある
  • 「円満退社のコツ」など転職がうまくいくテクを細かく教えてくれる
  • 転職についての相談会や仕事に役立つセミナーを開催している

2位 とらばーゆ

就職支援サービスの大手といえばリクルート!「とらばーゆ」が就活情報紙だった頃から、たくさんの女性たちを転職成功へと導いてきました。

「とらばーゆ」は女性の転職情報サービスのパイオニアともいえますね。働きたい女性のニーズを知り尽くし、時代に合わせた支援をしてきました。

女性社員の採用を積極的に行う企業とのパイプもたくさんあるので、利用者が安心して応募することができます。

『とらばーゆ』のおすすめポイントは?

  • 求人情報の鮮度が高い!週に2回も新しい情報が届く
  • さまざまな転職経験者のインタビューがたくさんあり参考になる
  • 恋愛・結婚・出産など30歳前後の女性に特化したコンテンツがある
  • SNSでも利用できるので手軽で便利!
  • 今週の運勢などが掲載されていてサイトに遊びゴコロがある

3位 女の転職@type

株式会社キャリアデザインセンターが運営している「女の転職@type」は、求人を検索しやすいサイト!利用者のタイプに合った仕事が見つかりやすいようカテゴリーが細かく分かれています。

単に労働条件だけではなく、仕事への意識やキャリアビジョンなども含めた「タイプ」を分析した上でマッチング!企業からのスカウト制度もあり、転職のチャンスがたくさんあるのが「女の転職@type」なのです。

女の転職@typeのおすすめポイントは?

  • 正社員の求人が多い
  • 未経験者OKの求人が多い
  • ベンチャー企業から大手企業まで安心できる会社の求人がいっぱい!
  • カテゴリーが工夫され、自分に合った求人を探しやすい
  • 自己分析をするためのテストがある

4位 エン転職 ウーマン

エン・ジャパングループでは、就職や転職に関連したサイトをいくつも運営しています。

女性に特化したサイトは「エン転職ウーマン」を含め3つあり、働き方のスタイルによって内容がちがいます。

「エン転職ウーマン」は求人の紹介をメインとする転職エージェントで、首都圏だけではなく全国的に求人情報が充実しています。

女性を採用したいという企業も多く、自分の条件に合った求人が見つかりやすいのも「エン転職ウーマン」の特徴です。

エン転職ウーマンのおすすめポイントは?

  • 業界トップクラスの求人数!
  • 職種がさらに細かく分類されているので検索しやすい
  • サイト内はコンテンツがスッキリ整理されているので見やすい
  • 全国的に求人が多いので地方在住者も利用できる
  • 実力あるキャリアパートナーが多数!転職後まで支援してくれる

5位 Woman Career(DODA) 

転職エージェントの中でも登録者数が多いといわれている「DODA」には、女性の転職をサポートする専門サイト「Woman Career」があります。

女性が「自分らしい働き方」を見つけてキャリアを重ねていけるよう応援しています。

「Woman Career」では、女性ならではのライフステージに合った働き方を提案!今の自分に必要な求職条件をじっくりと検討し、よりマッチした企業に転職することをめざしています。

Woman Careerのおすすめポイントは?

  • カウンセリングを通して自分のキャリアを客観的に考えることができる
  • 女性が気になることに答えたアドバイス専用コンテンツが参考になる
  • 求職活動やキャリアアップに役立つセミナーを受講できる
  • 企業の話を直接聴ける業種別の転職イベントがある
  • 未経験でも転職可能の求人情報がたくさんある

女性が転職したい人気職種

女性が希望する人気の職種とは何でしょうか?ランキングの順位が高いほど競争率が高くなり、求職者の応募が殺到しますね。

採用担当者の目に留まるには、強くアピールできるものが必要になります。下記では、転職で有利になる資格を職種別に紹介しています。

事務職

女性に一番人気がある職種として、事務職があげられます。ハローワークや転職エージェントでも、希望の職業に「事務職」をあげる人が圧倒的に多いです。

一口に事務職といっても、その種類は多いです。

  • 一般事務
  • 経理事務
  • 医療事務
  • 介護事務

 
上記のように、専門知識が必要となる職種もあります。

基本的な仕事内容としては、主にデスクワークや電話応対などがメインです。そのため体力に自信がない女性や、妊娠中の女性に負担が少ない点も人気のひとつでしょう。

そして作業はひとりで行うことが多いので、自分のペースで仕事を進めることができます。

また同じ会社で長く働き続ける女性が多いのも、事務職の特徴でしょう。

転職で有利になる資格とは?

事務職の転職で有利になる資格は、以下の3つでしょう。

  • 日商簿記
  • 秘書技能検定
  • Microsoft Office Specialist(MOS)

 
それでは下記で詳しく、資格について説明していきます。

日商簿記

日商簿記を取得しておくと一般事務以外に、経理事務や営業事務など、多岐にわたすキャリアを積むことができます。

中には簿記を要件とする企業もあり、事務職を目指す人に人気の資格です。

秘書技能検定

秘書技能検定は「一般常識、最低限のビジネスマナー、などを示す資格となります。これらの内容から事務職でも直接役立つ内容のため、取得しておくといいでしょう。

試験の難易度はそれほど高くないので、比較的取得しやすい資格です。

Microsoft Office Specialist(MOS)

事務職を目指す場合、パソコンスキルは必須となります。この資格を取得しておくと、自分の能力をアピールできるので転職に役立つでしょう。

求人では必須要件になっている会社も多く、転職の前に取得する人も増えています。

未経験で事務職に転職する際の注意点

事務職は一見すると「誰でもできそう、できなくても教えてくれる」と、考える人がいます。しかし冒頭で説明の通り、人気の高い職業のため応募者も多いです。

すると企業側は、たくさんの応募者から優秀な人材を選り抜きます。

そのため転職を成功させるためには、「企業に必要とされる人材」になる努力が必要です。

未経験者の場合、経験者に比べてスキルが低いため、ライバルたちの中から省かれてしまうこともあります。

まずは努力を怠らず、前職の経験や上記の資格取得を活かして、企業に欲しいと思われる人物像を意識していくことが大切です。

↓職種を事務職に絞ったらこちらもチェック↓

事務職求人に強い転職エージェント/総務や経理などへの転職希望者必見!

営業職

営業職とは、自社のサービスや製品のセールスを行い、新しい顧客を掴んで、アフタフォローを行うのが主な仕事です。

こうした顧客との関わりで顧客の信頼を得ることにより、仕事のモチベーションにつながります。また業務の目標達成で、大きな喜びを感じることが多い仕事です。

事務職から営業職に転職後、仕事に「やりがい」を漢字て業績を出し、年収が増えた人もいます。

転職で有利になる資格とは?

未経験から営業職に挑戦する際、次の資格を取得しておくと転職活動もスムーズにいくでしょう。

  • 営業力強化検定
  • 営業士検定(初級・上級・マスター)

それでは上記の資格について、詳しくみていきましょう。

営業力強化検定

営業力強化検定とは、営業に関する基礎知識の「営業理論・営業技術・営業管理」を学び、売れる営業のテクニックを身に付けることができます。

そのため未経験からの営業職でも、この資格で基本のスキルが備わり、結果が良ければ面接でアピールすることもできるでしょう。

営業士検定(初級・上級・マスター)

日本営業士協会が行う「営業士検定」は、営業職に必要なマーケティング・セールスの知識やスキルを、レベル別に証明できる資格です。

初級から始まり、経験や実績に合わせてステップアップできるのが特徴です。

こうしたスキルを身に付けることで、未経験からの営業転職にも有利に働くでしょう。

未経験で営業職に転職する際の注意点

未経験から営業への転職をする際、中には厳しいノルマが非常日厳しい現場もあり、すぐに辞めていく社員も多いです。

そのため転職前には必ず「企業調査」を徹底することを心掛けましょう。

「給料がいい!」というだけで、決断してしまうのは要注意です。

まずはハローワークや転職エージェント、口コミなど、さまざまな角度から情報を集め、他の人に意見を聞くことも大切ですしょう。

↓営業職は求人も多いがライバルも多い?↓

営業職にめっぽう強い転職エージェント5選!待遇の良い会社への転職を成功させるために必要なこと

IT技術職

IT技術職には

  • システムコンサルタント
  • システム設計技術者
  • ソフトウェア開発技術者

などがあり、専門によって職種はさらに細分化されます。

ビジネスにおいてITは必須であり、これからもIT業界は発展を続けていくとされています。そのため「職業としての安定」といった意味で、転職市場でも人気があります。

また近年のIT業界では、女性の技術者も年々増加傾向にあり、男女の差別をうけることなく好待遇で働いている人はたくさんいます。

産休や育休についても、取得実績のある企業はどんどん増えています。

技術者の中には在宅で仕事をする人もいて、オフィス内だけではなくさまざまな場所で働けるのも、子育て中の女性にはとても助かりますね。

IT業界に転職したいと思い始めた時から勉強をスタートし、まずは資格取得をめざしてみましょう!

転職で有利になる資格とは?

それでは情報技術者の転職で人気の資格について、説明していきましょう。

  • 基本情報技術者
  • 情報処理技術者
  • プロジェクトマネージャ

独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」は、情報システムにかかわる人のための資格試験を行っています。

その中で「情報処理技術者」は、12種類に細分化された資格の総称として呼ばれています。

「情報処理技術者」のうち、転職者に人気の資格は下記のとおりです。

基本情報技術者

IT技術職に転職するなら、まず「基本情報技術者」の資格取得をおすすめします。

試験勉強を通して情報技術やシステムの基本的な知識を学び、資格を取れば上司や指導社員のもとで仕事ができるようになります。

プロジェクトマネージャ

情報システムのプロジェクトチーム責任者として、円滑な計画遂行ができるよう全体のマネジメントを行うのがプロジェクトマネージャです。

確かな専門性とマネジメント能力、リーダーとしての資質や対応能力など、IT技術職のキャリアを重ねた人が取得する資格です。

未経験で技術職に転職する際の注意点

技術職に応募を検討する時、最も注意したいのが「志望理由」です。なぜ技術職に転職したいのか、明確な「動機」や「意志」を企業に伝える必要があります。

漠然とした志望動機だと、面接でマイナスに受け取られる可能性もあります。

さらに技術職はキャリア形成に時間がかかり、企業は20代の人材を求める傾向があります。30~40代は採用率も低くなるので、できれば20代のうちに転職しましょう。

↓IT転職と未経験転職両方に強いエージェント↓

ワークポートはIT・ゲーム業界だけではなく、営業や販売などの求人情報も豊富な口コミ・評判の高い転職エージェントサービス

女性が転職するときに気になる職場の待遇面や注意点について

女性は家庭をもつと、転職条件の優先順位が変わります。

  • 安心して産休や育休が取れるのか
  • 子どもの病気や学校行事など休みをとりやすいか

 
など、ワーキングマザーが重要視するのは「融通が利く会社なのか」ということです。

女性が転職するときに気になる産休や育休について

これから結婚して子どもを産みたいと考える女性にとって、産休や育休が取りづらい会社に転職するのは避けたいもの。

求人選びではどんな会社に注意すればいいのでしょうか?

女性が非常に少ない会社

事務職の場合、職員が女性だけとういう会社もあります。すると他に代わりがいないので、産休や育休で長く休まれると現場も困ってしまいます。

いっそ新しい社員を採用した方が会社にとってはメリットがあるので、遠回しに退職を勧めれることもあります。

未婚の女性ばかりが働いている会社

未婚の女性が多い会社は、雇用主が「妊娠して休まれたら困る」という考えのケースも多いです。

女性社員が結婚することを喜ばないので「辞めるんでしょ?」という空気が流れることも。前例もないので「結婚=退職」という、暗黙のルールが成り立っています。

慢性的に人手不足の会社

常に人手が足りない会社は、普段から休みが取りづらい傾向があります。

また、いつも求人が出ているような会社は人の入れ替わりも激しいので要注意!女性社員に産休や育休を取らせる余裕がないと考えていいでしょう。

上記のような状況を避けるためにも。「育休休業取得実績」の確認を忘れないようにしましょう。

そこで女性専門の転職エージェントは「産休・育休が安心して取得できる会社」を紹介してくれるので、心配なく応募することができます。

女性が結婚後、出産後も働き続けるためには

残業や休日についても事前に確認!

女性の場合、家事や育児などに追われると、残業や休日出勤が難しくなることもあります。

さらに子どもが突然体調を崩したときには、臨時で休みを取らなくてはいけないこともあるでしょう。

こうした状況を考慮し、「拘束時間が長すぎる・自由がきかない」職場は非常に働きづらさを感じますね。

そのため、まずは事前に「残業・休日・拘束時間」などをしっかり確認しておきましょう!

求人は正社員と派遣の2種類に絞って探しましょう

正社員と派遣でも、その働き方のスタイルが全くちがいます。

どちらにも女性に嬉しいメリットがあるので、ステレオタイプの先入観や意見に惑わされず、視野を広げて仕事探しをしてみましょう。

正社員

正社員のメリットとしては、以下のようなものがあげられます。

  • 固定給なので経済的に安定している
  • 賞与など、各種手当の経済的な支給がある
  • 福利厚生が整っている

そのほかに産休・育休の取得はもちろん、子育て支援が充実している企業もあります。

結婚や出産など人生の転機があっても、無理なく仕事を続けられる制度が整っています。

派遣

派遣という働き方は、仕事を「自分の都合に合わせる」ことができます。

勤務日数や時間など、自分が可能な範囲で労働条件を設定できるのは、派遣社員の大きなメリットです。

また派遣社員は企業に直接雇用されているわけではないので、悩みや問題があれば派遣会社に伝えることができます。

今の仕事からステップアップしたい時も、気兼ねなく相談できるのは派遣だからこそのメリットです。

派遣と正社員はどっちを選ぶ?

正社員で働くか、派遣で働くか、迷っている人もいるのではないでしょうか?どちらに決めるかは、女性ひとりひとりのライフスタイルや価値観によるでしょう。

いま迷っている人は、急いでひとつに決める必要はありません。女性のライフステージには変化がつきものです。その時の「状況」に合わせて働き方を変えてもいいのです。

正社員と派遣、どちらの求人もフラットな視点で検討することが大切。

気に入った求人の中から、自分に合った働き方をチョイスしていきましょう。

女性の転職で重要な年齢について

転職では年齢によって、「企業から求められること」が全くちがいます。そこでポイントなのは、企業はどんな年齢層を求めているのか想像することです。

人事担当者は、会社のニーズに合った年齢層の人材を採用します。

必ずしも若い人が優先されるのではなく、会社に「不足している年代」や「増員したい年代」をふまえて募集をしています。

求職者に多い年代は、20代、30代、40代です。それぞれの年代ならではのセールスポイントや、職場ではどんなことが求められるのかをご紹介します。

女性の転職20代について

会社が20代の社員に求めるものは、仕事に対する意欲と真面目さ、挨拶や言葉遣いなどの対人マナーです。

また自分の将来や可能性について模索し、さまざまな挑戦ができるの年齢。キャリアップを意識ながら転職をする人も多いでしょう。

さらに未経験の業種へ転職するのも今がチャンスだといえます。

女性の転職30代について

30代の女性の社会人は、社会人としての常識は既に備わっていることが前提になります。

また前職と同業種の転職では、現場の「即戦力」として期待されるでしょう。

さらに新しい職場は上司や同僚が年下であることも多いので、経験の有無にかかわらず「謙虚さ」があるかどうかで、職場の空気も変わってきます。

まだまだ体力もあり、20代の時より判断力や実行力もあるので、30代女性は転職先で大きな戦力となるでしょう。

女性の転職40代について

40代の女性に求人はあるのだろうかと不安になるでしょう。しかし管理職としての人材で、企業が採用を検討するケースもあります。

40代ではある程度のキャリアや知識・技術も十分だと見なされるため、管理職に適した年齢とされるのです。

さらに業種によっては、40代女性でも未経験からの転職も可能でしょう。

このように40代では「向いている仕事・得意なこと・避けた方がいいこと」などを自覚しているので、選り分けがスムーズです。

自分に合った求人を確実に判断できるのが40代の強みです。

女性 転職まとめ

女性の人生が多様化するにつれて、働き方のパターンもどんどん増えています。そのため女性に対する固定観念も、少しずつですが軟化しています。

働き方を選ぶということは、自分の優先順位が分かり、ベストな選択を判断するということ。そのためには「仕事に何を求めているか・何が大事なのか」を整理することが大切です。

もし、その整理ができないときは、人の手を借りましょう。転職サイトに相談することで、今の自分にマッチした働き方導き出すことが出来ます。

転職エージェントをうまく使いながら、自分に合った働き方を見つけていきましょう。