1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫転職の前歴調査では円満な退社と嘘をつかないことが重要

転職の前歴調査では円満な退社と嘘をつかないことが重要

嘘をついて前歴調査であわてないように

history01

企業が転職の求人を行う際、前歴調査が行われる場合があります。特に将来の幹部候補生を募集したい場合や、お金を扱う経理関係の求人をしたい場合などに行われるようです。

どちらも会社にとっては機密に関係する事項を扱う人材ですので、できるだけその人の身元などをしっかり確認しておきたいと考えるのは自然なことなのかもしれません。

「面接をするのだから前歴調査などしなくてもいいのではないか」と考える人も多いかもしれませんが、企業の側からするとどうしても採用については慎重にすすめたいと考えがちなので、あまり難しく考えずに正直に対応することをおすすめします。

前歴調査ではこんなことを確認される

実際に前歴調査などが行われる場合には、

  • 本当にその会社に在籍していたのか
  • 仕事の内容とキャリアについて
  • 行っていた仕事のレベルや給与について
  • その会社を退職した理由について

などが調べられるようです。ですから前歴調査などが行われた場合には、面接で嘘をつくとすぐにバレてしまうと思っておいたほうが良いでしょう。

そんなに調べたりしないだろうと簡単に考えているとバレてしまったあとが大変ですから、応募や面接の際には嘘をつかず正直に答えましょうね。

前歴調査では円満に退社していることが重要

前歴調査では前の職場を円満に退社していることが重要です。あなたが応募や面接で正直に転職理由などを述べた場合でも、前の職場でトラブルなどがあって退社した場合には前歴調査が入った時にあなたのことを悪く言う元同僚などが出てくる可能性もあります。

そのようなことがあると、せっかくうまくいきかけた転職活動がダメになってしまう可能性もありますから、くれぐれも前職については円満な退社を目指すようにしましょうね。

前歴調査って自由にできるの?

history02

転職は新卒と違って、即戦力を募集するのが一般的です。ですから経験やスキルを重視しがちなのです。

しかし、それを確認する手段としては数回の面接と提出書類の履歴書と職務経歴書くらいしかありませんから、本当にその人物が即戦力になるかは働いてみないと分からないのが現状でしょう。

中には自分の経歴を良く見せようと、詐称する人がいるかもしれません。そのような詐称を暴くのに便利なのが前歴調査なわけです。ですが、これは勝手にすることが出来ない調査なのです。

どのような業界や業種であっても、必ず調査する対象者から経歴について調査することに承諾を得てから調査開始となるのです。

ですから、企業が勝手に調査しているなんてことは絶対にないのですが、これは働く人間同士の信用に関わることですので転職の時は書類でも面接でも嘘をつくのは絶対にやめましょう。

もし、経歴を詐称したらどうなるの?

history03

前歴調査をどのような業界や業種でも当たり前のように実施できれば良いですが、費用や手間の問題から実際に行うことはかなり少ないといわれています。

そうなると、悲しいですがこれまでの職歴や学歴を詐称する人が出てきてしまうのです。

採用されたい気持ちも分かりますし、より良い待遇を勝ち取りたいのも分かるのですが、詐称してしまうとすべてが水の泡になってしまう可能性もあります。

一般的な企業で詐称した場合は降格や異動、減給というように雇用条件が下がる場合があります。あまりに悪質な場合は懲戒免職になってしまうことだってあるのです。

もちろん、転職で内定が決まった時に発覚した場合は当然内定は取り消しになるでしょう。

苦労して採用試験を突破したのに、少しの詐称で内定を取り消されたら泣くに泣けないと思いますから、履歴書や職務経歴書を書くときは自分の経歴をしっかりと整理してから書くようにするのが大切です。

前歴調査で嘘をつかないまとめ

history04

仕事をしていくと、業界ごとに独特のルールや文化があることに気付いて、それについての知識も必要になってくることもあるでしょう。

深夜までの業務が当たり前の業界、20代の管理職がいることが多い業界、1円でも数字が間違っていたら帰れない業界など、本当に多種多様ですよね。

実は、ここまでにお話してきた前歴調査も当然のように実施する業界がありますから、覚えておくと役に立つかもしれません。

この前歴調査を実施する業界といえば、警察や警備業のような業界と、保険や銀行などの金融業界が実施する場合があるようです。

その中でも、特に外資系の企業は採用前の契約書に経歴について調査するという内容の書類にサインする会社が多いといわれています。日本では経歴を調査するのは珍しいですが、海外では採用前に前歴調査が当たり前となっているそうです。

業界問わず外資系企業への転職を考えているのであれば、認識しておく必要があるでしょう。とは言え、書類でも面接でも正直に話せば怖いことは何もありません。

経歴を正直に話し、しっかりと面接に臨みましょう。