1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫何でも自由に仕事を選べるわけではない外国人の転職では何をアピールするかが重要

何でも自由に仕事を選べるわけではない外国人の転職では何をアピールするかが重要

外国人の転職先選びについて

foreignerpeople01

外国の人が転職を希望する時には「外国人可」の求人を選ぶことが多いよね。日本の会社が求人を行う場合には日本人を希望することが多いし、外国の人だと応募しても断られる場合が多くなるカモしれないね。

最近は社会のグローバル化が進んでいるから英語などの語学力の高い人が求められているけど、それでも外国の人の場合には仕事や働き方などを自由に選べるとはいえないから転職活動は大変カモしれないよ。それでは外国の人が転職したい場合に気をつけたいことについて見てみようね。

外国の人でも基本的には日本人と同じカモ!

外国の人の転職の場合も基本的には日本人と同じで、実績やスキルが重視されるよ。特に転職の場合には企業は即戦力として役に立つことを期待しているから、すぐに企業の利益に貢献できるような実績やスキルがあれば有利になるカモしれないね。

だからあなたが今までにどんな仕事をしてそこでどんな実績をあげることができたのか、どんなスキルを持っていてどんな仕事ができるのかを積極的にアピールすれば、転職を成功させることができるカモしれないよ。

外国人であることが有利に働く業界もあるカモ!

外国の人が転職を考える場合には、自分が外国人であることを積極的にアピールする場合と、日本人と同じように働けるということを積極的にアピールする場合があるよね。一般的な職場の場合には日本人と同じように仕事に取り組めることをアピールすると有利カモ知れないね。

でも例えば英会話教室などを展開する語学学校などでは外国の人を積極的に採用することもあるし、特に日本語と英語の両方に堪能な人材は需要が多いから、そのような場合には外国人であることや語学力を積極的にアピールすると転職に有利に働くカモしれないよ。

外国人であってもスキルがあれば大丈夫

e936a06f0d2a425951e4daa15a3ff84d_s

グローバル社会を日本が謳っている事もあるから、今や外国人が大勢いる企業も珍しくなくなったよね。大手の家電メーカーでは、日本語に堪能な外国人を積極的に採用すると言って求人を出していたりするから、近い将来、5割以上が外国人の会社が出来るカモ知れないね。

様々な理由で日本に住んでる外国人の人は、そのまま日本で就職できるか心配だとは思うけど、ハッキリ言って日本語が堪能であれば、ほとんどの仕事に就けると思う。特に大手企業になると、海外との取引を活性化させたい動きが強いから、むしろ日本語に加えて、ビジネスレベルで英語を話す事が出来れば、日本人よりも採用されやすいと思うよ。

求人サイトを覗いてみると分かるけど、ほとんどの企業で外国人だから採用しないとは記載されてないからね。むしろ、日本語が担当な外国人が増えると、今度は日本人の働ける企業が減ってしまう、なんて事態になってしまうカモ。

外国人には向かない仕事もあるカモ?

四六時中、人と接する仕事もあれば、コンピューターとしか会話しない仕事もあるから、自分に合った仕事が大切だという事は良く分かるよね。それは、日本人だけじゃなくて、どんな国の人であっても同じはず。でも、外国人だから特別に向かない仕事っていうのもあると思うんだよね。

日本語が出来る、出来ないに関わらず、外国人に向かない仕事って何かと聞かれたら、それは、接客業じゃないかな。日本語が十分に出来ない場合は向かないのは当たり前だけど、出来るのに何で向かないかについて、例を出してみるね。

例えば、接客していて商品に対するクレームが入ったとする。日本語が堪能な外国人であれば、意味も理解できるし誠意を持った対応も出来ると思うけど、実際にクレームとなったら、怒り心頭のお客様から「日本人を出せ!」って言われる可能性が高いよね。そうなると、日本人には無いクレームを受ける可能性が高くなり、その分がストレスになって辞めてしまうカモ知れないね。

悲しいけど、未だに差別意識が強い人がいるから、そういうリスクがあるとレストランや量販店なんかの接客は向かないと言えるカモ。もちろん、全ての接客業が向かないという訳じゃないけど、起こり得るリスクを想像して就職先を決めるのが大切なんだよ。

文化の違いは大変カモ?

海外旅行に行くと、風景とか名所もそうだけど、その国ごとの文化の違いも旅の楽しみの一つになっていると思う。日本との大きな違いだと、ホテルに宿泊する時なんかに宿泊料金とは別にチップを渡すのは、日本では考えられないよね。こういう文化の違いは、中々受け入れるのが難しいと思うけど、それは日本人だけじゃないカモ知れないよね。

外国人が日本で仕事をしようと思ったら、外資系の企業にはない日本のサラリーマン文化には、戸惑うだろうし、場合によっては理解できないカモ知れない。でも、日本人が海外旅行でそれに適応しているように、外国人も日本の文化に適応してもらう必要があるよね。
もしかしたら、日本との文化の違いに対応する能力こそ、外国人が日本で働くために一番必要なスキルなのカモ知れないね。