1. ホーム
  2. 転職の基礎知識
  3. ≫異業種の転職を成功させるポイントとは?

異業種の転職を成功させるポイントとは?

異業種の転職で注意するべき事

異業種への転職を希望する場合には、今までの仕事の経験やスキルを活かせる業種にするか、または全く新しい業種に挑戦するか、どちらかを選ぶことになります。

経験やスキルを活かせる業種なら転職はスムーズに行きますが、全く新しい業種にチャレンジする場合には少し苦労します。

そんな異業種の転職を必ず成功させたいと思っている人に向けてポイントを押さえて考えてみたので、ぜひ参考にしてください。

異業種の転職で現れる年齢別の違い

転職のシーンでは一般的に年齢をみて、その年齢にあった立ち振る舞いができるか、仕事の経験値などを照らし合わせて見られることが多いと言えます。

そこで、年齢別にどのような点が違うのか見ていきましょう。

異業種からの転職20代について

20代は、社会人としてはまだまだこれからという印象ですね。企業側としても若い人材を育てていきたいという考えがあることから、これまでのスキルや実績はあまり重視せずにポテンシャルや、やる気を重視して採用する傾向にあります。

また、「他にやりたい仕事があるから異業種に挑戦したい」という思う人にやり直すチャンスを与えてくれるのが、第二新卒歓迎というポジションです。

20代のこの時期は、一般的にかなり転職がしやすい時期といえます。経験がなくても、熱意や志望理由を熱烈にアピールすることで勝負しましょう。

異業種からの転職30代について

30代に入ると、これまでの経験が重視されるため異業種の求人は減ってしまいますが、可能性は十分にあります。同一の職種であれば、前職の経験や実績を生かすことができますが、異業種では業界に対する知識や経験はほぼゼロからのスタートとなります。

しかし、20代と違い社会人としての基礎が出来上がってくるのが30代ですので、前職で培ってきたスキルが異業種でも発揮できないかを考えてみましょう。企業側も社会人経験がある分、新卒よりも育てやすい!と考えています。

また、特にスキルなどがなくても、リーダーシップ性やコミュニケーション能力が役に立つこともあります。

1.3 異業種からの転職40代について

異業種転職を遂げた人の年齢層の比率を見てみると、むしろ35~44歳までのミドル層の転職が、異業種転職全体の中でも割合として増えていることが分かります。

※参照:DODA

「転職は若いほうが有利」「転職は35歳が限界」などと言いますが、そんなことはありません。転職エージェントDODAの調べでも、むしろ35歳から44歳までのミドル層は増えてきています。

ミドル層には、業界での経験はなくとも、今まで培ってきた「社会人としての基盤」や「マネジメント能力」があります。

今までの経験があるからこそ、異業種でも違和感なく能力を発揮できることが多いのです。そのため、急成長をしている業界や、人手不足の業界、業務拡大のために支店などを増やしつつある業界は狙い目といえるでしょう。

異業種の転職におすすめの転職先とは

スキルや経験がなければ異業種転職は難しいと感じるかもしれませんが、そんなことはありません。未経験であっても、熱意をもって取り組むことができるやる気のある人材であれば、企業は欲しいと思うでしょう。

転職に必要なのは、スキルや経験だけではありません。もちろんあるに越したことはありませんが、企業によっては「人と関わるのが好き」というコミュニケーション能力や、「人の役立ちたい、喜んでもらいたい」というサービス精神があることも、重要なポイントとなってきます。たまに求人情報で「人物重視」という文言があるのを見たことはありませんか?

スキルや能力だけでなく、企業は「社風に合う人材が欲しい」と考えています。人間的な魅力で採用される可能性は十分にあります。

営業職や販売職

営業職や販売職は未経験でも転職しやすい業種です。なぜならば、営業や販売は「第一印象」がとても大切な職種だからです。

営業マンの雰囲気が暗かったり、思い雰囲気をもった人であった場合、そのような人からは正直、何かを購入したいとは思わないのではないでしょうか。販売職も同様で、やはり明るくハキハキとして店員さんのいるお店に行きたくなります。

営業や販売の仕事のノウハウは本などで入社後に学ぶことができますが、性格はすぐには変えることはできません。そのため、スキルよりもその人のもつ活気や行動力、コミュニケーション能力がとても大切なのです。

また、企業によっては実績に合わせたインセンティブを設けているところもあるため、自分の頑張りや努力が給料に反映されやすいのも魅力です。

エンジニアやプログラマー

営業職や販売職は未経験でも転職しやすい業種です。なぜならば、営業や販売は「第一印象」がとても大切な職種だからです。営業マンの雰囲気が暗かったり、思い雰囲気をもった人であった場合、そのような人からは正直、何かを購入したいとは思わないのではないでしょうか。販売職も同様で、やはり明るくハキハキとして店員さんのいるお店に行きたくなります。

営業や販売の仕事のノウハウは本などで入社後に学ぶことができますが、性格はすぐには変えることはできません。そのため、スキルよりもその人のもつ活気や行動力、コミュニケーション能力がとても大切なのです。

また、企業によっては実績に合わせたインセンティブを設けているところもあるため、自分の頑張りや努力が給料に反映されやすいのも魅力です。

介護・福祉業界

介護や福祉業界は、人手不足が続いているため、比較的転職しやすい業界であるといえます。高齢化社会が続く現代において、介護や福祉の分野は非常に重要な役目を担っています。介護関係の資格などを取得すれば、全国どこの施設でも歓迎されることは間違いないでしょう。どこへ行っても働けるというのが最大の魅力ですね。

また、高い介護の知識やスキルを有していることは大きな武器になります。そのため、他のスタッフを指導したり管理をしたりというポジションを任されるようになれば、相応の手当がつくことも考えられます。

現代の状況を考えると、介護、福祉業界はまさに成長産業とも言えます。そのため「役に立ちたい」「やってみたい」と前向きな気持ちで面接に挑めば、未経験者でも受け入れてくれやすいですし、スキルを磨いてよりよい環境を求めて転職するというステップアップの道も用意されています。

異業種の転職で職務経歴書を書くポイントとは

職務経歴書は自分のこれまでのスキルや経験、実績などを企業にアピールするために大切な書類です。

「異業種への転職だからアピールポイントが少ないのでは?」と感じるかもしれませんが、ポイントをきちんと抑えて作成すれば、これまでの経験をアピールしつつ、異業種への意気込みも伝わる職務経歴書が出来上がります。

表などを使い、分かりやすさを意識して作成する

職務経歴書は、自分の今までの実績を売り込むためのプレゼンの材料となります。職務経歴書はシンプルな箇条書きで読みやすく作ることがポイントですが、必要なスペックを備えた人間であることをより企業にアピールするためには、必要に応じて表などを作成し、より説得力のあるものを作りましょう。

営業職などの実績がアピールポイントとなってくる場合は、売り上げの数値が一目で分かるようにグラフや表などを入れると企業担当者も理解しやすくなります。

最近では書類をデータで送ることもありますが、表などを作った場合は、一度プリントアウトをしてみてわかりにくい点がないかどうもチェックしてみましょう。

5行以内に職務要約をまとめる

今まで経験してきた業務を具体的にまとめることが大切ですが、あまりに長い文章では企業担当者も読むのに疲れてしまいます。職務要約は5行以内にまとめるようにし、具体的な数字などを盛り込みつつ無駄のない文章を書きましょう。

例えば、

  • 「半年で○○万円の売り上げに貢献し、会社から表彰された」
  • 「○○という企画を成功させ売り上げを〇%伸ばした」
  • 「チームリーダーとして〇人のメンバーと一緒に○○という企画を行い、〇年間で〇億円の売り上げを達成した」

など、具体的に具体的に書くことによって担当者の目を引きましょう。人間が一読してい理解できるのは、200文字から300文字程度であるといわれています。たくさん書きたくてもシンプルにまとめるようにしましょう。

自己アピールは3点を組み立てて考える

自己アピールは3段階に組み立てて考えると、わかりやすく、伝わりやすいものになります。「文章を考えるのは苦手…」という人も、ちょっとしたコツで簡単に魅力的な自己アピールが作れるようになります。

業種につきたい熱意を伝える

また、未経験であるため、業種のことはわからないことが多いでしょう。そのため、自分が職種に興味をもった理由を中心に述べます。

例えば、介護職へのジョブチェンジであれば「祖母の介護をしたときのエピソード」を盛り込むなど、内容はなんでもかまいせん。

自分がその職に就きたいと考えるきっかけとなった出来事を丁寧に思い出しながら文章を考えていきましょう。

自ら学ぶ姿勢を伝える

未経験の人を雇うにあたって企業が気にしていることは「学ぶ気持ちがあるのか」ということです。能力やスキルがないことは相手もわかっていますので、やる気をアピールしましょう。

例えば、過去に「できなかったことを克服した方法」や「自分が仕事を覚えるためにやっている工夫」などでかまいません。前職でやってきたことを洗い出して、未経験だけど、こういう理由があるから、覚えたいと思っているということを企業に伝えましょう。

今後どのように成長していきたいか

企業も雇うからには成長してほしいと願っています。そのため、入社後の自分のビジョンを明確に伝えましょう。特別なことをいう必要はありません。「○○の資格を取りたい」、「こういうことをしたい」といった目標があればどんどんアピールしましょう。

ただし、「スキルを磨いて、次に行きます」というような将来辞めてしまうような印象を与える発言はしないよう注意してください。

異業種転職の志望動機の考え方

志望動機を書くにあたって大切なことは、「自分を雇ったあとのことを企業にイメージさせられるかどうか」がポイントです。企業の担当者が志望動機を読んで「この人と一緒に働きたい、働いてもらいたい」を感じてもらえるような文章を作りましょう。

そのためには、「なぜ異業種に挑戦しようと思ったのか」を自分なりに突き詰めてイメージしておく必要があります。ここが漠然としていると、転職をする意味すらあるのか?と思われてしまいます。

まずは、自分が今までやってきたことを思い出しつつ、業種が変わっても生かせるスキルを打ち出していきましょう。

自分が本当に何をしたいのか

転職を決意するまでには様々な葛藤があったと思います。ポジティブな理由であったり、ネガティブな理由であることもあるでしょう。しかし、「前職が自分には合わなかったので心機一転…」というようなマイナスに捉えられかねない発言はやめましょう。

大切なのは、新しい分野でしっかりとしたビジョンをもって働いていけるのかということです。異業種の中でもなぜこの業界を選んだのか、やりたいことを熱意をもって突き詰め、不足しているスキルを補いながらも成長していく自分をアピールしましょう。

例えば「前職では○○をしていました。職種は変わりますが、培ってきたコミュニケーション能力や行動力は御社で生かせると考えています。未経験の分野でも1から学びます」と経験がなくとも自分の使えそうなスキルを押し出すようにアピールしましょう。具体的なエピソードなどはあれば、より説得力が増しますね。

その職業につくためにした行動をストーリーで考える

自分が転職のために行ったエピソードなどがあれば大きな武器になります。例えば、「転職のために資格を取得した」「こんなふうに情報を集めた」という努力は、会社に入りたい、この業界でやっていきたいことを強くアピールできます。

そのため、自分が職業につくためにした行動をゆっくりと丁寧に思い出し、行きつくまでのストーリーを考えてみるとよいでしょう。採用担当者に異業種への転職理由を聞かれたときにも、ストーリーを考えておけば、スムーズに順を追って説明することができ、説得力も増します。

今までやってきたことを別の業種でどう生かすことができるか

「未経験ながらも自分にはこのような強みがある」と企業担当者にアピールできればなおよしです。そうすることによって、企業が働いている姿をイメージしやすくなります。

そのためには、志望動機と自己PRを結び付けるように作成するとよいでしょう。「なぜ異業種に行くのか」「自分が今まで培ってきたスキルで使えそうなものはないか」を考えれば、未経験の分野でも強みが見つかるはずです。

インターネットを見ていると例文がたくさん載っていますが、表面だけの言葉よりも熱意の盛り込まれたオリジナリティーのある文章の方が企業担当者にウケるはずです。

「文章は苦手…」と諦めずに、じっくり考えて、丁寧に作成していきましょう。

異業種転職の面接で採用担当者は何をみているのか?

採用担当者は面接でなにに注目しているのでしょうか。ポイントをいくつかまとめてみました。

担当者は、転職先に異業種を選んだ人に対して、疑問や興味、期待を持っています。そんな、担当者の疑問を解消し、期待に応えられるようスムーズな質疑応答を考えておきましょう。

なぜこの業界、業種、この会社に転職したいのか

採用担当者が一番気になるポイントです。今まで培ってきたスキルや経験を捨ててまで異業種で1からスタートしようとしているのかは何故なのか納得させる回答を用意しておきましょう。「興味があった」という回答だけでは、担当者にも伝わりません。業界の魅力ややりがいなどをリサーチしておき、目的を明確に伝えることがポイントです。

漠然と答えるのではなく、実際にあったエピソードなどを交えて話すことによって、話に立体感が増し、熱意も伝わります。業界に対する憧れや今後の目標を語るのもいいでしょう。

この会社でなにができるのか、どう貢献してもらえるのか

業界については全くの未経験でも、今まで培ってきた経験が何かあるはずです。「まったく何もない」では採用する意味がありません。異業種にいたからこそ得ることのできた自分の強みや、自信のある分野があれば積極的に結び付け、転職先でも生かせることをアピールしましょう。

「その経験はおもしろいな」「うちにも取り入れたい」と企業に思わせることができれば、評価はぐんとよくなります。

転職理由や志望理由と上手につなぎ合わせ、前向きな回答ができればさらによいでしょう。

この会社に合う人材か、問題にぶつかったときに自ら考えて対処できる人間かどうか

やはり採用担当者も人間ですから、「一緒に働きたい」と感じる人材を選びます。そのため、会社のカラーに合う人物であるかは重視されます。

「性格が関係あるの?」と不安に思うかもしれませんが、さわやかさを前にしっかりとした受け答えができれば印象面では問題ありません。

異業種への転職は入社後に勉強しなければならないことも多いため、「自ら動くことのできる人間か」「問題解決能力はあるのか」も非常に重視されます。自分が今までの仕事で問題にぶつかってきたときにどうしていたかを分析しておき、質問されたら答えられるようにしておくとスムーズです。

異業種の転職を成功させたみんなの口コミ)

情報収集が肝心です(25歳・男性)

製造業の営業→技術サービスコンサルタント
まず、実際どんな業界なのか、仕事は具体的にどのような内容なのか確認するため、情報収集を行いました。その後、自分のイメージ通りだったのでその分野の転職を希望することにしました。転職エージェントにも行き、さらに濃い会社の情報を頂戴することができ、希望する職場に合格することができました。

自分の体験を活かした職種に転職(26歳・男性)

製造業→障害福祉事業
前職は自動車部品製造業の会社にいましたが、仕事中の事故で腕に軽度の障害を負いました。仕事を継続することが不可能になったわけではないですが、以前のようなスムーズさを欠き精神的にも落ち込んでいた時期がありました。

会社自体が嫌になったわけではありませんでしたが、自分の苦しんだ経験を活かし同じような苦しみで悩んでいる人達の手助けになると同時に障害を負った人から学べるものがあればという想いから障害福祉関係の仕事に転職しました。

大手の経理課から人材派遣会社へ転職(28歳・女性)

事務(経理)→人材派遣(営業)
職場の人間関係の悪化で転職したいと思い、昔からやりたいと思っていた人材派遣の会社に転職しようと思いました。自分がやりたいことなのでやる気アピールし、どのように貢献できるかも伝えました。自分が必要とされる場所はどこなのか答えを出すことでいい結果に結びつくと思います。

自分が採用担当だったらどのような答えが欲しいか考えました(27歳・男性)

建設会社→商社
異業種への転職を考えるに至った経緯が自然で、客観的にみて納得しやすいよう説明をしました。また、前職で培ったスキルや知識で、新しい仕事に使い回しが効きそうなものは何と考えているかについて、具体的に詳細に話しました。

全く未経験となる部分については、それを補強するために取得した資格やした勉強について、アピールしました。面接官が知りたがっていることは、どれだけ新しい職種に対して正確なイメージを持っているか、だと思ったので、その点にポイントを置いて面接に臨みました。

異業種の転職で失敗するパターンとは?

せっかく異業種に挑戦したにもかかわらず、転職で失敗してしまう人がいます。やはり多いのは、「思っていたイメージと違う」ということではないでしょうか。

転職するにあたり、準備が曖昧な場合や、不十分な動機な場合は残念ながら失敗に終わってしまうこともあるようです。安易な気持ちで転職し、「前の職場の方がよかった」となってしまったら転職に費やした時間ももったいないですし、目も当てられません。失敗の原因についてみていきましょう。

  • 年収アップ重視の職場選び
  • 業務内容を把握しきれていなかった職場選び
  • 逃げだけの転職で決めた職場

仕事を選ぶにあたって、生活の基盤でもある給料はとても重要なポイントです。いくら給料が上がったとしても、その職場で働き続けることができなければ意味がありません。

そのため、「この業界は給料がいいらしい」と、業界の仕事内容を理解せずに転職を決めるとまたすぐに辞めることになるかもしれません。また、「期待していたイメージと違う」というイメージ違いの転職失敗例もあります。どんな仕事をするのかは前もって確認しておきましょう。

「この業界は辛いからやめよう、あっちの業界は楽そう…」といういわゆる「逃げ」だけで決めてしまうのも大変危険です。

合わない業界に無理をしている必要はありませんが、転職する前に「逃げ」か「挑戦」どちらなのかを自分に問いただしましょう。

異業種転職を失敗しないために注意するポイント

異業種への転職はわくわくとした期待もありますが、不安もつきまといます。経験がないということでいろいろな勘違いをして入社してしまうかもしれません。そうならないためにも下記の3点に注意しましょう。

  • 事前に転職したい業界、職種の悪い点、良い点を含め調査する
  • なぜその業種へ転職したいのかをはっきりさせる
  • その業界でなにをやりたいかを明確にする

せっかく転職先が見つかったのに、「こんなハズではなかった!」というミスマッチを起こさないためにも、事前に転職的の業界について情報を集めておくことが肝心です。

そして、自分が何故その業界に転職を考えたのか、なにがやりたいのかを理由を明確にしましょう。漠然と「楽しそう」「なんとなく興味があるから」というだけではなく、
具体的に「挑戦したいこと」や「将来的にどうなりたいか」までイメージしておきましょう。

数年先の自分が具体的にイメージできるようであれば、転職は成功する可能性が高いといえます。

異業種転職まとめ

異業種への転職だからこそ、入念な下調べや受かるための書類作りが重要となってきます。なぜならば、自分の体験したことのない道の分野では、今までの経験が役に立たないことも多く、1からのスタートとなってしまうからです。

そのため、根気よく勉強を続ける覚悟と興味をもって取り組める前向きな姿勢がなければ、またすぐに転職を繰り返してしまうという悪循環になりかねません。

せっかくの自分の挑戦を無駄にしないために、業界をくわしく理解、リサーチし、自己分析を綿密に行うことが、異業種への転職成功のコツです。

異業種転職にはDODAマイナビエージェントがおすすめです。