1. ホーム
  2. カモちゃんの転職なんでもコラム
  3. ≫社畜になりやすい人の特徴とそうならないために気をつけておくべきポイントとは?

社畜になりやすい人の特徴とそうならないために気をつけておくべきポイントとは?

知っていれば簡単に実践できる社畜にならずにすむ方法を紹介!

社畜

仕事に対する考え方は人それぞれです。好きなことを仕事にしたいという人もいれば、収入を得るための手段であると割り切っている人もいるでしょう。いずれにしても、嫌なことが一つも無いという人は少ないはずです。

嫌なことがあれば仕事を投げ出すというのは社会人としてどうかと思いますが、反対に自分を限界まですり減らして仕事を続けるのが正しいかというと疑問です。今回は、そんな自分をすり減らす働き方として挙げられる社畜について紹介します。

社畜とはどんな存在なのか?

従業員と会社とは、給与をもらう代わりに労働力を提供する関係なのですが、ときには力関係が大きく崩れてしまうこともあります。

本来は力関係が同じであるべきではありますが、雇う側と雇われる側ではどうしても雇う側が優位に立つことが多いです。これは、労働組合などの存在によって正社員の解雇がは簡単にできなくなった現在でも同じです。

解雇されないまでも、目を付けられることで悪い評価や出世の遅れに繋がってしまうのを気にしてしまうため、会社や上司の顔色を伺う人は少なくないからです。

しかし、会社の言うことを何でも聞いていればいいわけではありません。サービス残業を強要されたり、休みが全く取れなかったりと、明らかにおかしいところは改善するために指摘することも必要です。

それが出来ずに会社にいいように使われる従業員を総じて社畜と呼びます。家畜のように会社に飼い慣らされていることから生まれた造語のようですが、家畜というとかなり言葉が強いですよね。

ひどい扱いをされるということで、ブラック企業などで働き続ける人を指して使われることもあります。ただし、

  • サービス残業をさせられている
  • 年間の休日が何日以下

に当てはまれば社畜であるといった明確な定義があるわけではありません。

会社や同僚から見た社畜とは?

雇っている会社からすれば、社畜となっている従業員はメリットが大きい存在かもしれません。

上司から言われたことは反発することなくやってくれる存在ですので、時間的に無理があるようなことでも、サービス残業や家に持ち帰ってでも対応してくれます。

あるいは、面倒な雑用のような仕事でも嫌がることなく引き受けてくれるわけですから、会社や上司からしたら便利な存在と言えるでしょう。

しかし、社畜となっている人の多くは、上司からの指示がなければ動けません。つまり、自分で物事を判断して仕事をするということは出来ないため、そういう人材ばかりが増えてしまうことは会社の将来を考えるとデメリットにもなります。

同じ職場で働く同僚から見た社畜は、便利な存在でもありますが、迷惑な存在でもある

評価されないような雑用を引き受けてくれる存在であれば、その人に雑用を任せることで、自分たちは評価に繋がるような業務に集中することができます。それによって業務効率を上げることができ、自分の評価が上がるのであれば便利な存在と言えます。

しかし、自分たちと同じように評価される業務をサービス残業や家でおこなう存在だとしたらどうでしょうか。サービス残業の場合は残業を申請しないため、勤務時間だけを見れば定時間で業務を終えたことになります。

「なぜ⚪︎⚪︎は定時間で終わっているのに、君たちは終わらないのか」というように比較対象として利用されることがあるのです。

本来は、「残業代を支払って残業を指示するようにする」、「業務量が適切になるように増員するなどの調整をおこなう」といった対応を取ることで健全化をはかるべきですが、社畜となっている人物の働き方を基準にされてしまい、職場全体に不利益を与える場合もあるのです。

社畜として働くデメリットは?

社畜として働き続けるデメリットとして大きなものは2つ

  • 正当な評価が得られなくなる
  • 自分の価値が分からなくなる

社畜の例として、仕事の持ち帰りについて挙げましたが、「大事な会議の前に資料を持ち帰って発表の準備をおこなった」のように、一度くらいは誰でもあることだと思います。問題なのは、それが習慣化することです。

常にサービス残業や家に持ち帰って仕事をしていると、それが当然として仕事を振られることになってしまいます。

自分では、定時間内で終わらないほどの仕事を何とかして終わらせており、それだけ頑張っているつもりでも、正当に評価されずに、ますます仕事を振られる悪循環になりかねません。

「持ち帰って仕事をしていれば、そのうち正当に評価されるんじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、社畜だと認識されてしまうとそんなにうまくはいきません。

会社や上司からすれば、何を言っても不平不満を言わない便利な人物でしかないため、成果を認めてくれることは珍しいでしょう。そもそも、正当な評価を考えている上司であれば、サービス残業や業務の持ち帰りを是正するはずですよね。

仕事と評価に対する感覚が麻痺

そして、そのような働き方を続けていると、自身の持っているスキルや知識、実績に対する価値が分からなくなってしまいます。

やりたい仕事をやっているわけでもなく、目標を設定して取り組んでいるわけでもなく、評価に結びつくわけでもないため、仕事と評価に対する感覚が麻痺してしまうためです。

ずっと同じ職場で仕事ができて、上司からの指示通りに従うことで定年まで給与をもらえるのであればそういった働き方もあるのかもしれません。しかし、配置転換での異動や上司の交代といった環境の変化に対応することは難しいです。

そして、運悪く会社が倒産したり、リストラにあったりして転職活動をする場合には大変な苦労をするはずです。出来ることやアピールポイントを聞かれたときに「会社や上司の指示に従うこと」としか答えることができない人材を採用する企業は多くありませんよね。

社畜になりやすい人の特徴

会社のために頑張っていれば定年まで働けるという終身雇用が一般的だった日本は、社畜の割合が多いと言われています。では、どのような人が社畜になりやすいのでしょうか。

あなたは大丈夫ですか?社畜になりやすい人の特徴

  • 職場に仲のいい同僚がいない
  • 他人からの評価を気にしすぎる
  • 将来像を描いていない
  • 挫折に弱い

職場に仲のいい同僚がいない

社畜の中には、自分自身では全く気付かずに社畜となっている人と、今の状況がおかしいことには気付きながら受け入れてしまっている人がいます。

前者のなかで多いのが、職場に仲のいい同僚がいないケースです。社畜という明確な定義も無いため、自分の働き方が社畜かどうかを判断するのは意外と難しいのです。

自分では「上司に気に入ってもらうためにちょっと頑張っているだけで、正当に評価をされるはず」と思っていても、周りから見れば便利に扱われているだけということもあります。

反対に、自分では「自分にだけ無理な仕事を押し付けてくる」と思っていても、周りから見れば期待されて難しい仕事を任されているということもあるため、自分自身よりも周りの方が正しく判断できるものです。

仲のいいと言っても、「飲みに行ける」や「趣味の話ができる」ではなく、言い辛いことでもしっかりと指摘してくれる同僚が職場に1人でもいれば、社畜になりかけていないか気付くことができるはずです。

他人からの評価を気にしすぎる

評価と言っても、半期や年度ごとにおこなわれる人事評価ではありません。人事評価は、その結果によって昇給や昇進に繋がりますので、大いに気にするべきですし、結果が悪ければ反省もするべきです。

ここで言う評価とは、1つ1つの細かい言動や行動に対して相手がどう思うかということです。もちろん、全く気にしないというのは空気が読めない人と言われるかもしれませんが、必要以上に気にしすぎると正しい行動が取れなくなります。

キャパオーバーの仕事を引き受けてしまう

例えば、チームで仕事をしていれば、「ちょっとこの仕事手伝ってくれない?」と飛び込みの仕事を頼まれることもあるでしょう。このとき、口には出さなくても「もし、手が空いてるなら」という軽い気持ちで頼んでいることが多いですよね。

本当に手が空いてるなら手伝ってあげればいいのですが、自分が抱えている仕事の状況も考えなければいけません。

自分の仕事も納期が迫っているならば、「今日中に終わらせなければいけない仕事があるため、今は時間取れそうにないです」と断ることも大事です。

あるいは上司からの頼みであれば、「別の仕事に影響しそうですが、どちらを優先させましょうか」と指示を仰ぐこともできます。

なんでもかんでも断れというのではありません。持ちつ持たれつという言葉もあるように、たまには少し無理をして手伝ってあげることで、自分が困ったときには手伝ってもらうという関係性なら何の問題もありません。

仕事を頼まれたら嫌だろうなとも考えて

  • 自分が忙しくても頼まれると断れない
  • 手の空いてそうな人がいても頼めない
  • 飛び込みの仕事に対応したために、業務が遅れそうだと上司に相談することもできない

となっていしまい、全て自分で抱え込むような人は要注意です。

将来像を描いていない

数年後にどうなっていたいか、そのためには今何をしないといけないかという具体的なイメージが出来ていない人は社畜になりやすいと言えます。

将来像が描けているのであれば、社畜のような働き方をすることの全てが悪いとは言えません。ただし、将来像を描くとともに、期間も決めておく必要があります。

一番分かりやすいのが新入社員です。入ったばかりの新人に「上司や会社の言いなりになるな」、「雑用を進んでやるな」というのはなんか違いますよね。

  • 仕事のやり方を覚えるために指示されたことを必死にこなす
  • 名前を覚えてもらうために飲み会の幹事なども積極的にする

なんてことは良くある話ですし、これを社畜だという人は少ないでしょう。具体的な将来像を描けていれば、そのような下積みをいつまで続けて、次のステップに進むべきかも考えているはずですので、描いていたイメージからずれていれば気付くこともできます。

将来像が無く期限を設定できていないと、ずれているかどうかも判断できませんし、今の働き方に対して疑問に思うこともないでしょう。その結果、会社や上司の言うことに従うことが自分の仕事だと考えるようになる危険性があるのです。

挫折に弱い

今の働き方がおかしいと思いながらも受け入れている人に多いのが、挫折から立ち直ることが苦手という特徴です。挫折から立ち直れずに、自信を失くしてしまい、「自分はこんなことしかできない」という考えを持ってしまうことです。

仕事をしていれば失敗はいくらでもあります。

  • 業務で多額の損失を出してしまった
  • 取引先の気を損ねて大きな商談を逃してしまった

のように大きな失敗によって挫折をすることもあるでしょう。大切なのは、その失敗から何かを学び、挫折から立ち直れるかどうかです。

もちろん、本人の問題だけというわけではなく、失敗をカバーする体制や再び挑戦するチャンスを与える風土など、会社の環境によるものも影響します。一度の失敗を長々と咎め、チャンスを与えないような会社は社畜を生みやすい企業と言えるかもしれません。

いずれにしても、失敗をいつまでも引きずったままではいい仕事ができません。失敗しないように準備することは大切ですが、「失敗してもそこから学べばいい」、それで次からチャンスを与えないような企業なら「転職すればいい」くらいの余裕のある考えを持っておくのもいいでしょう。

社畜にならないために

望んで社畜になりたいという人はいません。知らず知らずのうちに社畜という働き方をしていたり、抜け出せずに諦めてしまったりしているわけです。

もし、社畜にならないためにで出来ることがあるなら知っておきたいですよね。

客観的に見てくれる人の存在

社畜かどうかを自分で気付くのは難しいため、自分のことを客観的に見てくれる存在を作っておくというのはかなり有効です。

社畜になりやすい人の特徴でも書いた””職場内の同僚””であればいつも近くで仕事ぶりを見ているため、自分の働き方がどうかを判断する存在としては一番適任なのは間違いありません。

それ以外にも

  • 違う職場に配属された同期
  • 同じ業界に就職した大学の同級生

とも定期的に仕事の話をするようにしておくと、気付いてくれる存在となってくれることがあります。同年代の働き方なども聞くことができるため、社畜になるのを防ぐという目的以外にも、切磋琢磨して高め合う刺激となってくれます。

そして、仕事ぶりを見ることは出来ませんが、もっとも身近な家族の存在も忘れてはいけません。実家暮らしであれば両親、結婚していれば配偶者になるわけですが、毎日一緒に生活をしていれば変化に気付くことも多いのです。

このように客観的に仕事ぶりや毎日の変化を見てくれる存在がいることで、社畜になっていないか、あるいはなりかけていないかを気付きやすくなります。ただし、「家族を養わなければいけない」と強く考えすぎると、社畜になっていると気付いても辞められずに働き続けてしまうということが無いわけではありません。

表情のチェック

一人暮らしで、仕事の話の出来る友人も少ないという場合でも簡単にできるのが表情のチェックです。

仕事を楽しめているかどうかは表情にも現れます。もちろん、仕事中に自分の表情をずっと見ているわけには行きませんが、昼休みやトイレに行ったときに鏡を見るくらいはできますよね。

社畜かどうかを家族が気付くことがあるのは、「家で仕事の話をしなくなった」といった変化を受けての場合もありますが、表情の変化によって感じる場合もあります。

朝会社に行く前や家に帰ってきたときに鏡で自分の顔を見るようにするだけでも、変化に気付きやすくなるはずです。

この方法は簡単におこなえるのですが、仕事を楽しんでいる場合は気付くことはできません。社畜であっても、その仕事が楽しいのであれば構わない気もしますが、転職などを含めた将来のキャリアを考えたときには不安もあります。

もし、仕事は楽しくて仕方ないのだけど社畜になっていないかを確認したいという場合には、次に紹介するキャリアの棚卸しを試してみてください。

キャリアの棚卸し

自分が社畜であると気付いていない場合にも、気付いたうえで諦めてしまっている場合にも、ぜひともやってほしいのがキャリアの棚卸しです。

自分がこれまでどんな実績をあげて、どのようなスキルを身に付けているかを棚卸しすることで、社畜になるのを防ぐことも、社畜から抜け出すことにも役立ちます。

まず、社畜になっていることに気付かずに仕事を楽しんでいる場合です。「社畜なのに楽しいことがあるの?」と思うかもしれませんが、こういう人は意外に少なくありません。

ブラック企業を想像してしまうと、肉体的にも精神的にも過酷な仕事をさせられるような気がしますが、普通の企業であれば「特別なスキルや知識は必要ないが面倒で評価されないような業務」、いわゆる雑用を押し付けられることのほうが一般的です。

雑用はつまらないと感じる人もいますが、頭を使わなくてもいいから楽だと感じる人もいます。なかには、「自分は上司や同僚から頼られている」からいろいろ頼まれると自信を持っている人もいるかもしれません。

毎日いろいろな仕事を頼まれて忙しくしていると仕事ができる気になってしまいがちですが、キャリアの棚卸しをしてみると意外に何の実績も残せていないことに気付くはずです。

もしも、実績を残せていて、スキルも身についているのであれば、社畜ではなくいい人材育成を受けていると考えることができますよね。

仕事の内容は大丈夫?雑用ばかりではスキルアップは難しい

また、気付いたうえで諦めてしまった場合にもキャリアの棚卸しをおこなうことで社畜から抜け出せる可能性があります。

「自分は仕事ができない」と自信を失うことは誰にでもあることですが、本当に仕事ができないかどうかを自分の頭の中だけで考えるのはそれほど意味がありません。

雑用ばかりしている人が「自分は仕事ができる」と勘違いをすることがあるように、自分ではダメだと思っていても評価されるべきスキルがある可能性も十分にあるからです。

上司から「お前は仕事ができない」と言われ続けることで思い込んでいるだけの場合も多いため、実績やスキルを棚卸しすることで、客観的に判断できるようにしましょう。

その結果、「やっぱり今の働き方しか無い」と再確認するだけになってしまうこともあるかもしれませんが、評価されるべき実績やスキルに気付ければ、異動や転職のように社畜から抜け出すチャンスも見えるはずです。

また、転職しないにしても、評価されるべきだという自信を持てれば仕事の取り組み方も変えていけるのではないでしょうか。

社畜から抜け出すのは大変でも予防はできる

今回は社畜として働くことのデメリットとともに、社畜になりやすい人の特徴や予防策を紹介しました。いい機会ですので、自分の働き方をチャックしてみるのもいいでしょう。

社畜から抜け出す方法も少し紹介しましたが、社畜として働いた期間が長ければ長いほど抜け出すことは難しくなってしまいます。

何年も雑用を引き受けていた人が、「これまでは引き受けていましたが、本来私の仕事ではないので受けられません」というのは勇気がいりますよね。

また、上司からの指示に従うことだけを続けていた人が、いきなり自分で考えて評価されるような仕事をおこなえるかと言うと難しいでしょう。

しかし、予防することは難しくありません。今すぐに自分を客観的に見てくれる仲のいい同僚を作れと言われれば困るかもしれませんが、普段から意識して人と接していれば、時間をかけてそういった同僚を作ることは出来るはずです。

また、鏡を見るだけでおこなえる表情のチェックは本当にいつでもできますよね。

そして、キャリアの棚卸しは、昇進を目指したり転職を考える場合にも必要です。社畜にならないため仕方なくではなく、自分のステップアップのためと考えて定期的におこなうようにしましょう。