1. ホーム
  2. 年齢別転職
  3. ≫28歳での転職活動は遅くない!!成功の確率を高めるための秘訣を伝授

28歳での転職活動は遅くない!!成功の確率を高めるための秘訣を伝授

人よりも早いタイミングで転職を意識するメリットを紹介!

28歳での転職

何かを始めるには準備が必要です。それは転職にも同じことが言えます。そして、しっかりと準備すれば上手くいく可能性を高めることができます。これは誰もが分かっていることですが、切羽詰まってからでないとなかなか行動に移せないという人も多いのではないでしょうか。

今回は、任される仕事の幅も広がり、周りを見る力が求められるようになってくる28歳という年齢において、転職を意識しておくことで得られるメリットについて紹介していきます。

転職活動は時間がかかることが多いので早めに準備スタート

まずは、28歳という年齢がどういう年齢なのか、年齢と転職の関係について見ていきましょう。

20代の前半や中盤で就職してしばらくは、業務に慣れたり、自分の所属するチームや部署以外の人間関係を構築したりと、なかなか余裕を持つことの難しい期間が続きます。

28歳というと、そんな状態もひと段落し、周りを見る余裕が出てくる頃ではないでしょうか。

  • 周りの人はどんな仕事をしているのか
  • 自分の会社(部署)はどんな分野に強いのか
  • 今後どういった技術、知識が必要になるのか

などが少しずつ見えてくるはずです。また、周りが見えるようになると、自分の将来についても具体的に考えることが出来るようになります。

将来を見据えた働き方が重要となる30歳が見えてくる年齢

今の部署でどのようにスキルアップしていくか、部署を移動して仕事の幅を広げるか、のように目指す将来像とともに、どのように実現していくを考えられるようになるのです。その実現方法の1つとして転職というの選択肢があるわけです。

「将来像が見えてくる28歳という年齢ですぐに転職を考えるというのは飛躍しすぎじゃないか」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。なぜなら、将来像について考えるこのタイミングでは、すでに30歳という節目が見えているからです。

29歳や31歳のときにはこうなっていたいというように全ての年齢ごとに目標を持っている人は多くありません。

しかし、30歳のような節目の年齢に対しては、明確な目標が無かったとしても「なんとなくこうなっているんだろう」というイメージを持っているものです。

昔にイメージしていた30歳、今の自分はどうでしょう?

18歳、19歳の頃を思い出して欲しいのですが、「もう1、2年したら20歳か、自分が思っていたほど成長していないな」と感じた経験は誰でもあるはずです。目標やイメージしていた自分との間にギャップがあれば、何かを変えようと考えるのも頷けるでしょう。

ギャップが小さいのであれば、少し努力したり、考え方を変えたりすることで解決します。しかし、自分の変化だけではどうにもならないときは、異動願いや転職のように環境を変えることも必要になるのです。

28歳から始める「30代を見据えた転職活動」

30歳が節目であることは理解できたとしても、「それなら29歳になってから転職活動すればいいんじゃないか」と思う人もいるでしょう。実際に29歳で転職をする人は多いです。しかし、転職活動には時間が必要です。

時間が必要と言っても、必ずしも数ヶ月以上かかるというわけではありません。なかには1ヶ月程度で転職先が見つかることもあります。

転職を思い立った日に転職エージェントに登録し、最初に紹介された企業から内定がもらえた場合などはそうなるでしょう。

しかし、短期間で転職活動を終わらせるには、

  • すぐに転職活動をおこなう行動力
  • 優秀なエージェントとの出会い
  • 希望する業種や職種の人材不足
  • 自分の実績や能力

などが必要になるため、そう簡単な話ではありません。

転職したほうがいいかなと思っても、すぐに行動に移せるでしょうか。もう少し準備してからと慎重になったり、仕事の忙しさなどを理由になかなか一歩を踏み出せない人もいるはずです。

足を踏み出したとしても、プラスになるような転職先を紹介されるかどうかは、エージェントの能力や転職先の状況といった外的要因も大きいと言えます。そして面接を受けることになれば、実績や能力といった自分の力も当然必要になります。

このように、すんなりと転職が成功するというケースは多くなく、時間がかかることのほうが多いのです。

もちろん、どうしても今の勤め先が嫌で、どこでもいいから転職したいというのであれば時間はかからないかもしれませんが、そういうわけにはいきませんよね。

28歳の転職におすすめの転職サイト&エージェント

30代の事を考え転職活動をするのにおすすめの転職サイト&エージェントを紹介。いろいろな条件によって使い分けてください。

転職エージェントを選ぶ基準

  • 求人情報の豊富さ
  • 希望の条件を叶えるためのサポート力
  • 未経験職業・職種への転職アドバイス
  • これまでの転職実績

じっくり転職活動を行えるマイナビエージェント

マイナビエージェント

総合評価 4.7
求人件数・質 4.6
提案力 4.7
サポート体制 4.8
利用者満足度 4.7
年代 20~30代
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

↓マイナビエージェントに興味のある方はこちら↓

 

20代のキャリアアップを強力サポートJAC Recruitment(ジェイエイシー・リクルートメント)

JAC Recruitment

総合評価 4.2
求人件数・質 4.5
提案力 4.1
サポート体制 4.3
利用者満足度 4.4
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/

↓JAC Recruitmentに興味のある方はこちら↓

 

スカウト転職も可能なDODA(デューダ)

DODA(デューダ)

総合評価 4.4
求人件数・質 4.7
提案力 4.3
サポート体制 4.1
利用者満足度 4.3
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

↓DODAに興味のある方はこちら↓

 

早く転職活動を始めるメリットとデメリット

転職活動の成功確率を高めるためには、しっかりとした準備が必要と書きましたが、早く始めることでどんなメリットがあるのかが重要ですよね。また、デメリットとなることが無いのかも紹介していきます。

最大のメリットは気持ちに余裕が持てること

なんといっても最大のメリットは、時間が十分にあることで気持ちに余裕のある状態で転職活動に臨めるということでしょう。転職は、これまで数年間働いた職場を辞めて新たな環境に飛び込むわけですから、今後の人生に大きな影響を与えることになります。

そのため、闇雲に転職先を決めるのではなく、今の仕事内容や職場環境で抱いている不満が解決されるのか、転職という選択肢が一番なのかをしっかりと考える必要があります。

その一方で、実際に転職してみないことには分からない点も多いため、どこかでは思い切って決断をしなくてはいけないこともあります。

このように慎重さや大胆さを合わせた考えや判断が出来るのは、冷静でいられる場合に限りますよね。

「30歳になったら転職環境も変わるから、それまでには何としても決めないと」のような焦った状態では、正しい判断は難しいはずです。

冷静に判断して決めたとしても後悔する可能性を0にすることはできないわけですから、焦った状態で転職の判断をするのは避けるべきだというのは想像しやすいのではないでしょうか。

30歳という節目の年齢を意識して転職をおこなう場合、29歳で転職活動を始める人が多いのは事実です。しかし、他の人と同じタイミングで行動を始めるということは、転職活動にかけることができる時間も同じ程度しかないということです。

  • 担当になったエージェントとの意思の疎通が上手くいかず、興味を持つような転職先を紹介してもらえなかった
  • 仕事が休めない繁忙期を迎えてしまい、面接の日程調整ができなかった

などの理由で足踏みしてしまうと、それだけで他の人から遅れを取ることになります。もし人よりも早く始めることが出来ていれば、別の転職サイトに登録しなおしてみる、少し先になっても面接日の調整してもらうなどの対応を取ることができます。

また、同じように面接まで臨んだとしても、焦った状態と気持ちに余裕のある状態では、合否の結果が変わってくることもあるでしょう。

早く転職活動が終わっても問題はない

転職活動を始めるタイミングを気にする理由として、「内定をもらったらすぐに転職しなければいけないのではないか」と思う人がいるかもしれません。

たしかに、受け入れてくれる転職先としても、人材が不足しているから採用したわけですから、好きなタイミングで来てくれればいいという話にはならず、いついつから来てくださいと言われます。

「30歳を目処に転職しようと思っているのに28歳のうちに内定をもらってしまうと計画通りにいかない」と言えなくはありませんが、気にするほどのことではありません。

もともとイメージしていたタイミングよりも早かったとしても、30歳を過ぎても今の会社で働くことに不満や不安があったために転職を考えたわけです。

自分の臨んだ条件での転職先が見つかったのであれば、それだけ早く新しいスタートが切れたと前向きに考えることができるはずです。

不足しているスキルを習得する時間がある

企業へのアプローチがけだ転職活動ではありません。自分が就きたい職業に必要な資格やスキルを身につけることも転職活動の一部です。

30歳直前で転職活動を始めたのであれば、そこからスキルの習得をおこなうために転職活動を中断するという選択は取りづらいです。

28歳からの転職活動であれば、転職先の情報を調べたり面接の準備をするのに使っていた時間を、スキルや資格の取得に使うこともできます。

意識を変えることで転職の必要が無くなることもある

エージェントと話をしたり、面接を受けることで気づくことは、自分に不足しているスキルだけではありません。その他にも

  • その職種の転職状況(売り手市場なのかどうか)
  • 他社では大きく評価されるようなスキルや経験
  • 業務の範囲の違い(ひとくくりにSEと言っても、企業によって受け持つ範囲は異なるため)

などもあるはずです。

それらの気づきのなかには、自分自身の考え方や、仕事への取り組み方に影響を与えるものもあるはずです。今の仕事の不満のなかには、自分自身が変わることで解決することも少なくありません。

転職を成功するためにスキルの習得や仕事への取り組み方を変えた結果、上司に評価されるようになったり、不満に感じていたことが解消されたりと、今の職場のままで収入の向上や環境の改善がおこなえることもあります。

転職としては失敗になるのかもしれませんが、もともと抱いていた「30歳になっても今の職場でいいのか」といった不安を解決することが出来ていれば、転職活動をしたこと自体には大きな意味があったと言えるのではないでしょうか。

28歳から始める転職は時間の余裕があるので得られるものは多い

今回は28歳で転職活動をおこなうメリットについて紹介しました。30歳という節目に向けた転職をするうえで、人よりも早く活動を始めたほうがいいというのは漠然と分かっていても、具体的にどのようなメリットがあるか分からないことには行動に移しづらいですよね。

転職を成功するためには、30歳直前になって慌てて転職活動をおこなうのではなく、時間的に余裕を持っておこなうようにしましょう。

一番の目的は、収入や環境のよい転職先を見つけることであると思われがちですがそうではありません。

転職を考えるに至った理由があり、それを解消することが目的であって、転職はそれを実現するための方法の1つであることを忘れてはいけません。

しっかりと目的意識を持って転職活動をおこなうことで、実際に転職をするしないに関わらず、得られるものは多いはずです。