1. ホーム
  2. 年齢別転職
  3. ≫26歳の転職は第二新卒を逃して不利?諦めるのはまだ早い!

26歳の転職は第二新卒を逃して不利?諦めるのはまだ早い!

26歳の転職を成功させる秘訣を徹底調査!

26歳は大卒入社で考えると、社会人4年目。仕事にも慣れ、一人前とみなされるようになり仕事へのやりがいを感じる時期です。

それと同時に多くの人が「転職」という言葉が頭をよぎる年齢でもあるのです。

  • 今後のキャリアビジョン
  • 結婚などの将来を視野に入れ始める
  • 新しいことの挑戦へ興味を抱く

 
など、さまざまな環境変化よって、転職を意識しはじめます。

そこで今回は転職を検討する26歳に向けて、転職活動で意識する点や26歳の転職におすすめのエージェントの紹介など、詳しく見ていきましょう。

3年間って高校生だと入学から卒業までの期間だよね。
一つの区切りとして将来のことをしっかり考えて見るいい機会だと思うよ!

転職意識が芽生える26歳?決断前に整理しておきたいこと!

冒頭で紹介したように、26歳はさまざまな人生の変化と共に、転職意識が芽生える年齢。

実際に大手転職サイトDODAが「はじめて転職を意識する年齢の割合」を調査したとろ、以下のような結果が出ています。

24〜26歳 35%
27〜29歳 28%
30〜32歳 15%

※参照:DODA

多くの人が24歳~26歳で転職意識をはじめます。

そこで26歳が転職を踏み切る前に、整理するべき3つ項目をチェックを見ていきましょう。

  1. 会社の将来性を考える
  2. キャリアアッププランの明確化
  3. ライフプランを立てる

このように30代までの4年間で、以上のことを意識しながら転職意思を明確にすることが大切です。

転職を考えた結果、「今の会社で働き続けたい!」という答えが出ても問題なし。しっかりと考えた上での答えであれば、今後の社会人経験のプラスになるでしょう。

転職する・しないは関係なく、まずは動きだしてみることで、今の状況が明確化するきっかけにもなるでしょう。

実は中途採用の需要が高い!?転職市場が見る26歳の評価

実際に26歳が転職を踏み込もうと思った際、転職市場ではどのような評価をされているのでしょうか。

実は、企業側の評価として26歳は転職するメリットが多い年齢とされています。

その理由として

  • 社会人3年以上の経験が即戦力に
  • 「経験・若さ」を持ち合わせた成長性
  • 年齢の若さから給与面のコスト削減

など、これらの要素から非常に扱いやすい人材として需要が高まっているのです。

若さ特有の成長性を期待される年齢だけど、そのポテンシャルだけをアピールしてはダメ。前職の経験で培った能力も、的確にアピールすることが重要カモ!

社会人歴4年目の26歳は「とりあえず3年働いてから」をクリアしてる

世間一般的に転職をするタイミングとして、「とりあえず3年働いてから」というものがあります。

26歳は社会人4年目にカウントするため、この条件をクリアしてると言えます。

必ずしも3年以内の転職が不利になるわけではありませんが、一つの職場で4年間働いた実績は、転職活動の大きな武器になるでしょう。

26歳はこの3年をクリアしながら、若手の部類にも入るので、まさに転職を考える適正年齢といえるでしょう。

第二新卒を逃してるけど、転職は不利にらない?

転職市場で需要のある26歳ですが、一つだけ考えられる懸念材料も。

26歳は第二新卒から外れている

一般的に第二新卒の定義は、「入社して3年以内の25歳程度まで」とされています。そして第二新卒には、下記のような需要があります。

  • 新人研修が必要ない
  • 新しい仕事や業界へ馴染やすい

こういった強みを持っているため、昨今では第二新卒の需要も非常に高いです。

諦めるのは早い!第二新卒と比較した強みを活かす方法

しかし第二新卒枠を抜けることは、必ずしも不利な状況だけではありません。

  • 第二新卒者より経験が豊富
  • 若さも武器にできる
  • 勤続3年クリアの実績

このように26歳は第二新卒に比べると、経験・若さを評価されます。世間的には「若手の転職」と、みなされるので第二新卒枠を抜けていても問題ないでしょう。

26歳は未経験職・経験職の両方にチャレンジできる!

勤務年数4年以上となるので、経験者採用にも応募可能。さらに年齢が若いため、異業種・未経験も転職可能です。

「未経験・経験職」二つの選択肢

基本的に未経験募集する企業の多くは、若手を求めています。そのため26歳での挑戦は、チャンスと捉える企業が多いです。

20代後半にさしかかると、未経験より即戦力に比重が傾きます。そのため経験者のほうが、好まれるようなるでしょう。

「未経験職・経験職」どっちを選ぶ?

この貴重なチャンスを逃さないためにも、「経験職・未経験職」のどちらを選択するか慎重に考えることが大切です。

ここでは各転職の傾向をもとに、自分はどちらが向いているのか確認してみしょう。

未経験職 経験職
新しいことに興味がある
幅広い知識への意欲
自分に合う仕事を見つけたい
専門的な知識欲
経験を活かしたい
さらなるキャリアアップ

未経験職に向いているひとは、新しい世界で一から作り上げることが苦手ではない人言えるね。

さらなる高みを目指すことに興味がある人は、同業の転職がおすすめでしょう。

未経験職・経験職の転職で必ず知っておきたい注意点!

未経験・経験職ともに大きなチャンスのある26歳。このよう有利な状況に恵まれた26歳の転職では、それぞれの特徴から考えられる注意点があります。

ここでは両方の注意点について、詳しく確認していきましょう。

未経験職の転職で注意したい3つのポイント

未経験職に挑戦できる強みを持った26歳。そのチャンスを逃さないためにも、注意点をしっかりと抑えていきましょう。

  1. 転職キャリアに一貫性を持つ
  2. 未経験職も前職の経験・実績は重要
  3. 年収が下がることも覚悟しておく

まずは、これらをしっかり意識して、転職に挑むことが大切。詳しい内容を、以下で説明していきましょう。

転職キャリアに一貫性を持つ

未経験転職は動機を曖昧にしてしまうと、キャリアに一貫性がないと判断されることもあります。そのため自分の志望動機を明確にするために、「企業研究・自己分析」を徹底しましょう。

これは転職後のミスマッチを防ぐためにも、未経験業界では徹底することが大切です。

「職種を変えるのは一度きり」という意識を持つことも大切。今後も再び職種を変えるとなれば「すぐやめる癖がある、飽きっぽい」と思われてしまいます。

未経験職も前職の経験・実績は重要

たとえ未経験の業界・業種であっても、これまでの経験や実績は重要です。前職とまったく関係のない仕事でも、共通点を見つけることで十分なアピールポイントになります。

職種は違えど今までの経験を活かせることはかならずあるはずだよ、「前職と関係ないから、ポテンシャルだけで乗り切ろう!」という考えだけでは弱いカモ。

年収が下がることも覚悟しておく

新しい業界にチャレンジは、一からのスタート。入社4年目の26歳は、前職よりも転職先で給与が低くなる可能性が考えられます。

年収と新しいチャレンジ意欲を照らし合わせ、何を最優先にするかじっくりと考えてみることが大切です。

転職エージェントを利用する場合は、このラインまでの収入減はOKなど具体的な数字をエージェントに伝えておくと転職活動がスムーズに進みます。

経験者採用の転職で注意したい2つのポイント

続いては、26歳で経験者採用を狙う転職時の注意点をみていきましょう。

一見、経験者採用というとハードルは低く感じるでしょう。しかし経験者採用だからこそ、心掛けておきたい点がいくつかあります。

  • キャリアの棚卸を入念に
  • 若さと熱意を武器に

これら上記2つについて、以下で詳しく説明していきましょう。

経験と実績の両方をアピールする

経験者採用の企業が求めているのは、「即戦力」となる人材です。したがって「経験・実績」をしっかりとらえたアピールが大事になります。

そこで「経験・実績」をアピールするためにも、まずはキャリアの棚卸を入念に行いましょう。

若さと熱意を武器にする

26歳は経験年数の多い30代~40代に比べると、そのスキルは劣ってしまいます。そのため経験者採用の転職に挑むときは、26歳という年齢を武器にすることも必要です。

スキル・実績が少し劣っている場合も、成長性やモチベーション面をアピールすることで、採用に繋がるチャンスを掴めるでしょう。

26歳の転職で利用したい転職エージェント4選!

実際、転職活動をするときに必須となるのが転職エージェント。

転職エージェントの特徴!

  1. 未経験歓迎の求人が豊富!
  2. 質の高い非公開求人が充実している
  3. 徹底された安心の転職サポート力
  4. 業界トップクラスの求人数

ここでは26歳という年齢を考慮して、おすすめしたい転職エージェント4選を一挙に紹介します!

DODAは未経験歓迎の求人が豊富!

DODA(デューダ)

総合評価 4.4
求人件数・質 4.7
提案力 4.3
サポート体制 4.1
利用者満足度 4.3
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

「条件は、今よりいい会社。以上」のTVCMでもおなじみの転職エージェント大手のDODA。求人内容の80~90%が非公開求人という大きな魅力を持っています。

DODAの強み

  1. 求人数が業界最大級
  2. 未経験の求人が豊富
  3. 細かいサポート力の徹底

その他にもDODAでは、企業を深く理解した採用プロジェクト担当も用意しています。DODAの転職フェアでは、企業の採用担当者と直接話ができるのでおすすめです。

キャリアアドバイザーと共に2人で転職サポートを徹底するため、経験の浅い26歳でも安心して転職活動を進められますね。

 

type転職エージェントは営業・ITの転職に強い!

type転職エージェント

総合評価 4.3
求人件数・質 4.1
提案力 3.9
サポート体制 4.5
利用者満足度 4.1
年代 20~40代
対応エリア 全国(首都圏中心)
公式サイト https://shoukai.type.jp/

大手から中小企業のベンチャーまで、幅広く扱うtype転職エージェント。

type転職エージェントの強み

  1. 非公開求人が80%
  2. 各業種・業界専門のアドバイザー準備
  3. 丁寧なサポート力に定評がある

このようにtype転職エージェントでは、転職経験の少ない26歳も丁寧にサポート。

さらに大手から中小まで幅広く扱っているため、自分に合った転職先が見つかりやすいのも特徴の一つです。

 

ワークポートは安心の転職サポートが充実

ワークポート

総合評価 4.5
求人件数・質 4.5
提案力 4.6
サポート体制 4.3
利用者満足度 4.7
年代 20~30代
対応エリア 全国
公式サイト https://www.workport.co.jp/

ワークポートは多数エージェントの中から、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」として選ばれた転職エージェント。

ワークポートの強み

  1. IT業界やゲーム業界に強い
  2. 未経験対象の転職サポートが充実
  3. 対応が早く、急ぎの転職に有利

このようにワークポートでは、未経験者対象の「未経験からの転職ナビ」という特化型サイトを設立しています。

まだ転職の経験が浅い26歳も、こうしたサービスで自分が納得のいく転職へ導くことができますね。

 

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人数

リクルートエージェント

総合評価 4.5
求人件数・質 4.8
提案力 4.4
サポート体制 4.2
利用者満足度 4.7
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

非公開求人が90%で、その件数が10万件と謳っているリクルートエージェント。

リクルートエージェントの強み

  1. 質の高い求人で幅広い求職者に対応
  2. 徹底した面接対策が充実
  3. 企業への交渉力が強く内定率が高い

老舗のエージェントということもあり、実績豊富なアドバイザーが丁寧にサポートをしてくれるという安心感が最大の特徴。

その実績から幅広い求職者に対応しおり、26歳で転職を考える方にもおすすめ!

 

26歳の転職に関する疑問を解決!

いざ、転職を考えたところ、次のような不安を持つ人が多いようです。

  • 転職回数
  • 資格がない
  • 正社員歴なし
  • 転職の失敗からの再転職

など、26歳が転職に対する悩みをしっかり解説して、その不安を解決していきましょう。

転職回数が多い

26歳で転職活動が多くても、必ず不利に働くわけではありません。そこで転職回数をマイナスにしないために、

  • 転職回数が多い分、キャリアを積んでいる
  • 転職歴にキャリアの一貫性を持たせる

これら2点を上記を意識しながら「この転職で最後にしたい」という気持ちを伝えることが重要です。

資格がないと転職は不利?

もし資格必須の仕事であれば、取得が必要です。しかしこのような規定がなければ、十分に転職可能です。

そもそも資格の評価とは、「経験の浅い部分を補うための材料」です。したがって資格がない場合は、前述でも紹介した経験・実績をしっかりアピールすることで、補うことができます。

非正規雇用の職歴しかない

非正規雇用の場合も、これまでの勤務実績は確実に培われています。

「いままでの仕事で経験したことを転職先でどう活かせるか?」これをうまく伝えることで、正社員転職のチャンスは十分にあります。

26歳は「若手」の部類に入る年齢なので正社員への転職の可能性は高いよ!

26歳で転職後、再び転職できる?

近年は30代~40代も、転職市場で十分な需要があります。そのため26歳で転職後、再び転職することは可能です。

ただし年齢を重ねると「求められる能力・人材の質」も変わるので、この点には注意が必要です。

前述で説明のように、その転職が安易な判断ではなく「キャリアに一貫性がある転職」であれば、26歳以降の転職も問題はないでしょう。

26歳の転職は遅くない!まずはキャリアの棚卸しをしっかりと

26歳の転職は第二新卒を逃した年齢でもあり、さまざまな不安もあるでしょう。

今回はそんな26歳の転職について紹介してきました。最後に26歳の転職活動に関するおさらいをしていきましょう。

  1. 第二新卒よりも経験・実績が強みになる
  2. 転職適正年齢である
  3. 26歳は未経験職種にチャレンジできる

このように26歳は若さとポテンシャルはもちろん、社会人経験や実績も評価されます。遅すぎず、早すぎず、転職を検討するには適正時期だと言えるでしょう。

プライベートの変化と共に、今後のキャリアアップを意識して、転職活動に踏み込んでみるのもおすすめですね。