1. ホーム
  2. 年齢別転職
  3. ≫26歳の転職は第二新卒を逃して不利?諦めるのはまだ早い!

26歳の転職は第二新卒を逃して不利?諦めるのはまだ早い!

26歳の転職を成功させる秘訣を徹底調査!

26歳は新卒入社で考えると3年目。仕事に慣れ、後輩もできて、1人前とみなされる時期です。

こうした中で、少しずつ「転職」という言葉が頭をよぎる年齢にもなります。

  • 今後のキャリアビジョン
  • 結婚などの将来を視野に入れ始める
  • 新しいことの挑戦へ興味を抱く

 
など、さまざまな環境に変化で転職を意識しはじめます。

そこで今回は、26歳の転職活動を徹底調査!転職活動で意識する点や、26歳の転職におすすめのエージェントの紹介など、詳しく見ていきましょう。

26歳は社会人の分岐点?転職意識が芽生える歳

26歳というと社内の人間関係が構築されて、仕事がしやすいと感じるタイミングでしょう。だからこそ

  • 「今の会社に満足していいのか?」
  • 「新しい正解に飛び込むべきか?」

 
と選択肢に、頭を悩ませる時期でもあります。

仕事観と恋愛観も密接に関係してくる!

また20代後半にさしかかると、周りの人間も結婚を意識しはじめる年齢です。

おのずと男女ともに、結婚を視野にいれた交際関係や今後のキャリアについて考える時間が増えるでしょう。

男女間での結婚を視野にいれた意識

パートナーの女性が専業主婦を希望する場合、今の収入で家族を養えるかどうか、考えますね。

そして女性は、子どもが出来ても働き続けられる環境かどうか、といった面も重要視されます。

このように26歳は、男女ともに「ライフプランとキャリアプラン」を考えはじめるタイミングでもあるのです。

26歳が転職を考える理由で多いものは?

それでは具体的に、26歳で転職を考える動機とはどういったものでしょうか。

  • 年収
  • 仕事への興味
  • 会社の将来性

 
以上のように、26歳はさまざまな人生の岐路に立たせる年齢です。

さらに、ある程度の社会人経験を積んでいるからこそ、金銭面や新しいことへの挑戦にも興味を抱きます。

こうした年齢による変化から、26歳は転職を考えることが多いのです。

第二新卒を逃した26歳の転職は不利?

まず一般的に第二新卒とは、入社して3年以内の25歳程度までとされています。

  • 新人研修が必要ない
  • 新しい仕事や業界へ馴染やすい

 
といった点で、転職市場でも需要のある人材です。

そのため26歳は、「第二新卒」という枠組みには、ほとんどの場合入ることができません。

諦めるのは早い!26歳の強みを活かす方法

第二新卒枠を抜けることは、必ずしも不利な状況だけではありません。その理由として、下記のようなものがあげられます。

  • 第二新卒者より経験が豊富
  • 若さも武器にできる
  • 第二新卒に比べ社会人経験が評価される

 
このように26歳は第二新卒に比べると、その経験や若さを評価されます。世間的には「若手の転職」みなされるため、市場でも需要があるのです。

転職は入社3年を経過してから!という風潮

そして世の中では、「転職のタイミングは入社3年後」という風潮もあります。

もちろん第二新卒のように、早い段階で転職して成功する人もいます。しかし一つの職場で3年間仕事を頑張ったという実績は、転職活動の大きな武器になるでしょう。

26歳はこの3年をクリアし、また若手という枠にも入るので、まさに転職を考える適正年齢ともいえます。

26歳の選択肢?異業種転職or同業種転職どちらを選ぶ?

いざ転職活動をはじめる際、

  • 未経験の異業種に挑戦するか
  • これまでの経験を活かした同業種にするか

 
どちらかで悩むこともあるでしょう。

まずは未経験職と経験職、それぞれにはどんな人が向いているのか見ていきましょう。

未経験職 経験職
新しいことに興味がある
幅広い知識への意欲
もっと自分に合う仕事を見つけたい
専門的な知識欲
経験を活かしたい
さらなるキャリアアップ

 
このように未経験職に向いているひとは、新しい世界で一から作り上げることが苦手ではない人といえます。

一方で、さらなる高みを目指すことに興味がある人は、同業の転職がおすすめでしょう。

26歳で未経験業界に飛び込むのはギリギリのチャンス?

基本的に未経験者を募集する企業の多くは、若手を求めています。そのため26歳で未経験業界に挑戦するのは、最後のチャンスと捉える企業が多いです。

まず20代後半にさしかかると、未経験より即戦力に比重がかたむきます。そのため経験者のほうが、好まれるようなるのです。

このチャンスを逃さないために、26歳が未経験者採用を狙うためのポイント2つを抑えておきましょう。

  • 未経験に挑戦する動機を明確にする
  • 自分の仕事経験を未経験職でどう活かすか

 
異業種へのチャレンジは、動悸を曖昧にしてしまうとキャリアに一貫性がないと判断されることも。

まず “なぜその業界で働きたいのか”理由を明確にしましょう。

そして異業種の転職を成功させるカギは「これまで経験したことを新しい業界でどう絡めるのか」という点です。

そのためにも、自分のキャリアを整理し、新しい場所と比較しておくことが大切でしょう。

異業種への挑戦は年収に響くことも!

新しい業界にチャレンジは、一からのスタートになります。入社3年目の26歳は、前職よりも異業種の転職先で給与が低くなる可能性もあるでしょう。

こうした面を考慮して、年収と新しいチャレンジの意欲を照らし合わせ、何を最優先にするかじっくりと考えてみることが大切ですね。

まずは面接などで、しっかりと事前確認しましょう。

26歳で経験者採用(同業種)の転職をするときの注意点とは?

続いては、26歳で経験者採用を狙う際の注意点をみていきましょう。

一件、経験者採用というとハードルは低く感じます。しかし同業者だからこそ、心掛けておきたい点がります。

  • 必ずキャリアの棚卸をする
  • 転職理由の整理

まずはこの二つを必ず意識して、行うことが重要です。

キャリアの棚卸について

同業種の場合、転職先の企業からは必ずこれまでの経験を深堀されます。

その際、

  • どんな実績をだしたか
  • 今後のキャリアビジョンについて
  • なんのために転職したのか

 
など、聞かれるでしょう。これらの質問に「答えられない・答えた内容が薄い」場合、企業からあまり深く考えていないとみなされる可能性があります。

そのため事前に棚卸を心掛けることが大切です。

転職理由を整理する

安易な考えで、同業職の転職を決めるのは注意が必要です。そのリスクは、以下のようなことが考えられます。

  • キャリアアップに繋がらない転職
  • ブラック企業への転職
  • など

上記のように無意味な転職や、「前の職場がよかった」という後悔に繋がることも。

すると再び転職を繰り返して、自分のキャリアに傷つける可能性があるので、十分に注意が必要です。

自分の棚卸と共に、事前準備は慎重に行ってくださいね。

26歳の人々に企業側が求めていることは?

26歳が転職をする際、企業側にどういった点で評価をされるのでしょうか。ここでは企業が26歳に求めることについて、下記3つを簡単に見ていきましょう。

  • 柔軟性
  • 記憶力・吸収力
  • 体力

 
26歳が持つ転職市場の需要を把握して、スムーズな転職活動に繋げていきましょう。

柔軟性

中途採用は、新しい現場・新しい職場の仕事や人間関係に適応する力が求められます。

そこで、ある程度経験を積んだ人の中には、自分の仕事についてプライドも出きます。すると柔軟性が失われる原因となることも。

転職をして新しい環境になる際、あまりに頑固な場合、正直扱いづらいと思われてしまうものです。

しかし26歳は年齢も若く、経験もほどほどなので、「扱いやすく・柔軟性がある」と期待される年齢なのです。

記憶力、吸収力

新しい職場になると、新に覚えることが増えてきます。そこで26歳は若さを武器に、記憶力も評価されるでしょう。

同様に、年齢の若さで吸収力や成長性を期待されることもあります。いち早く仕事を吸収し、「即戦力になってほしい」という企業側の期待が込められているのです。

体力

体を壊してしまうほどのハードワークはよくありませんが、仕事では「ここぞ!」という時に頑張るべきタイミングもあります。

特に知識や経験の浅い若手には、そういったタイミングで重宝する人材になるのです。

企業側としても、踏ん張り時に体力がある人が欲しいと考えているようです。

26歳の転職で活用すべき転職エージェント!

実際、転職活動をするときに必須となるのが転職エージェント。

    転職エージェントの特徴!

  1. 未経験歓迎の求人が豊富!
  2. 質の高い非公開求人が充実している
  3. 徹底された安心の転職サポート力
  4. 業界トップクラスの求人数

 
ここでは26歳という年齢を考慮して、おすすめしたい転職エージェント4選を一挙に紹介します!

DODAは未経験歓迎の求人が豊富!

DODA(デューダ)

総合評価 4.4
求人件数・質 4.7
提案力 4.3
サポート体制 4.1
利用者満足度 4.3
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

「条件は、今よりいい会社。以上」で有名な、転職サイト大手のDODA。求人内容の80~90%が非公開求人という大きな魅力を持っています。

そのDODAの強みについて、下記で見ていきましょう。

  1. 求人数が業界最大級
  2. 未経験の求人が豊富
  3. 細かいサポート力の徹底

 
その他にもDODAでは、企業を深く理解した採用プロジェクト担当も用意しています。

キャリアアドバイザーと共に2人で転職サポートを徹底するため、経験の浅い26歳でも安心して転職活動を進められますね。

 

type転職エージェントは営業・ITの転職に強い!

type転職エージェント

総合評価 4.3
求人件数・質 4.1
提案力 3.9
サポート体制 4.5
利用者満足度 4.1
年代 20~40代
対応エリア 全国(首都圏中心)
公式サイト https://shoukai.type.jp/

大手から中小企業のベンチャーまで、幅広く扱うtype転職エージェント。

まずはtype転職エージェントの強みについて、下記で見ていきましょう。

  1. 非公開求人が80%
  2. 各業種・業界専門のアドバイザー準備
  3. 丁寧なサポート力に定評がある

 
このようにtype転職エージェントでは、転職経験の少ない26歳も丁寧にサポート。

さらに大手から中小まで幅広く扱っているため、自分に合った転職先が見つかりやすいのも特徴の一つですね。

 

ワークポートは安心の転職サポートが充実

ワークポート

総合評価 4.5
求人件数・質 4.5
提案力 4.6
サポート体制 4.3
利用者満足度 4.7
年代 20~30代
対応エリア 全国
公式サイト https://www.workport.co.jp/

ワークポートは多数エージェントの中から、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」として選ばれた転職エージェント。

まずはワークポートの強みについて、下記で見ていきましょう。

  • IT業界やゲーム業界に強い
  • 未経験対象の転職サポートが充実
  • 対応が早く、急ぎの転職に有利

 
このようにワークポートでは、未経験者対象の「未経験からの転職ナビ」という特化型サイトを設立しています。

まだ転職の経験が浅い26歳も、こうしたサービスで自分が納得のいく転職へ導くことができますね。

 

リクルートエージェントは業界トップクラスの求人数

リクルートエージェント

総合評価 4.5
求人件数・質 4.8
提案力 4.4
サポート体制 4.2
利用者満足度 4.7
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

非公開求人が90%で、その件数が10万件と謳っているリクルートエージェント。

まずはリクルートエージェントの強みについて、下記で見ていきましょう。

  • 質の高い求人で幅広い求職者に対応
  • 徹底した面接対策が充実
  • 企業への交渉力が強く内定率が高い

 
老舗のエージェントということもあり、実績豊富なアドバイザーが丁寧にサポートをしてくれるという安心感が最大の特徴。

その実績から幅広い求職者に対応しおり、26歳で転職を考える方にもおすすめ!

 

26歳の転職に関する疑問を解決!

いざ転職活動をはじめようかな…と考えても、次のような疑問が浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

  • 転職回数が多いけど大丈夫?
  • 資格がないと転職に不利?
  • 非正規雇用での職歴しかない…
  • 26歳で転職後、再び転職は可能?

 
など

こうした26歳が転職に対して抱える悩みや不安をしっかり解説して、その不安を解決していきましょう。

26歳で転職回数が多いと不利になる?

さまざまな事情で26歳でも、転職回数が多くなってしまった人もいます。

まず20代の転職で「転職回数が多い」となるのは、一般的に2回以上。またリクナビNEXTの調査では、20代の転職回数は70%以上が「0回」と回答しています。

そのため心配に感じる人も多いでしょう。

しかし26歳で転職活動が多いことは、必ず不利に働くわけではありません。転職活動で企業側に説明できるよう、次の2点をしっかり整理することが重要です。

  • 転職回数が多い分キャリアを積んでいる
  • 転職歴にキャリアの一貫性がある

 
これら2点を意識し、面接では「この転職で最後にしたい」という気持ちを伝えることが大切です。

26歳で資格なしでも転職できる?

履歴書の資格蘭に記入項目がない場合、転職活動が不利になるのでは?と不安になることもありますね。急いで資格を取るにも、その成功率は低いでしょう。

もし資格必須の仕事であれば取得するべきですが、資格なしでも十分に転職できる可能性は残されています。

そこでまず大切なのは、

  1. 自己分析の徹底
  2. 実績・スキルを明確に記載
  3. 企業調査を入念に行う

 
といった行動をしっかりと心がけましょう。

経験・実績部分をできる限り詳しく、企業側に自分の持っているスキルが伝わるように記載してください。

非正規雇用の職務経験しかない26歳も転職できる?

26歳の中には、アルバイトや派遣・派遣の経験しかない人もいるでしょう。この年齢で考えると、正社員の転職は難しいと懸念する人も多いですね。

しかし非正規雇用でも、これまでの勤務実績と経験は確実に培われています。

これまでの仕事で得たことを転職先企業でどう活かせるか、伝えられることが大切です。

また26歳であれば、まだ若手の部類に入る年齢。その成長性を見込まれ、転職成功の可能性は高いと言えます。

26歳で転職後、再び転職をすることは可能?

26歳で転職後、その職場が合わず再び転職をすることは、年齢的に可能なのか?

いまは30代~40代でも、転職市場で需要がある時代です。そのため26歳で転職後に、再度転職をするのは可能です。

ただし年齢を重ねると、求められる能力や人材の質も変わるので、その点は注意が必要です。

26歳以降に転職を繰り返しても、それが安易な判断ではなく「キャリアの一貫性」がある転職であれば、問題ないと言えます。

【まとめ】26歳の転職は遅くない!

26歳の転職は第二新卒を逃した年齢でもあり、さまざまな不安もあるでしょう。

今回はそんな26歳の転職について紹介してきました。最後に26歳の転職活動に関するおさらいをしていきましょう。

  1. 第二新卒よりも経験・実績が強みになる
  2. 転職適正年齢である
  3. 26歳は未経験職種にチャレンジできる

 
このように26歳は若さとポテンシャルはもちろん、社会人経験や実績も評価されます。

遅すぎず、早すぎず、転職を検討するには適正時期だと言えるでしょう。

プライベートの変化と共に、今後のキャリアアップを意識して、転職活動に踏み込んでみるのもおすすめですね。