1. ホーム
  2. 看護師のお仕事
  3. ≫企業で働く看護師について

企業で働く看護師について

病院や介護関係の看護職に比べると、雇用枠が少なく、やや認知度も低いであろう企業看護師。今回はその業務内容や働く上でのメリット・デメリットをまとめていきます。

企業で働く

病院関係でも、介護関係でも、保健所や健診センターの仕事でもない看護職のひとつに、”企業で働く看護師(企業看護師・産業看護師)”があります。病院や介護関係の看護師が辛くなり、企業の看護師へ転職したいと考えている方も少なくないようです。

企業で働く看護師の業務内容

社員の健康管理

健康診断に関わる業務や、健診後の保健指導などを行います。健診結果のデータ入力も業務に含まれるため、ある程度はパソコンを使う能力が必要とされます。

近年、特に注目されている”過労死”や”うつ病”への対策も、企業の看護職の重要な役割になっています。今後もその役割が期待されます。

社員とコミュニケーションをとったり、健康相談をしたりもします。その企業の業種や特性を踏まえたうえで、対応ができるように準備しなくてはいけません。

応急処置

医務室に常駐し、就業中に気分が悪くなったり、怪我をしたりした社員への応急処置を行います。

企業によっては、危険な作業があったり、化学物質や薬品を取り扱ったりしますので、緊急時の対応を覚えておかないといけません。重症度によっては、病院への搬送を考慮します。

企業で看護師として働くメリット・デメリット

日勤のみ・土日休みの職場が多い

企業ですから、基本的に日中・平日の勤務が多いです。夜間も動いている企業や工場などは、夜勤もあるかもしれません。

体力面の心配が少ない

デスクワークや保健指導・相談に割く時間が多く、病棟などの看護師と比べれば体力面の心配が少ないです。持病があったり、腰痛などを抱えていて病棟勤務が辛い看護師さんにとっても、負担が少なく働きやすい職場かもしれません。

社員として雇用してもらえる

その企業の社員として雇用されるため、福利厚生がしっかりしていたり、スキルに応じて昇給・昇格することがあります。

病院や施設での昇給・昇格はなかなか難しいですが、企業では目に見える形で評価してもらえるので、それがやりがいに繋がります。お給料も良いとのことです。

スキルアップもできる

産業カウンセラーや認定産業看護師(日本産業衛生学会による認定資格)などを目指し、より専門性を深めることも可能です。

デメリット

雇用枠が非常に少ない

すべての企業が看護師を雇用しているわけではないですし、たとえ大企業であっても、複数人の看護師を雇うということはあまりないです。求人にもなかなか上がってきませんし、募集人員が1人のみということも多いです。

さらに待遇が良いため人気で、長く働かれる方も少なくありません。ということは枠が空きません。

加えて、似たような職種として”産業保健師”が挙げられます。産業保健師は看護師資格も持っていますので、就職活動中は強力なライバルになるかもしれません。

同僚がいない

先も述べましたように、企業看護師は同じ企業に複数人いません。自分一人だけかもしれません。

好きなように業務ができるという点では、やりがいにも繋がりますしメリットだと言えますが、誰にも相談できない、自分で全てやらなくてはいけない、判断力が求められるのが辛いところです。

健康診断後のフォローや受診勧奨が大変

社員さんと向き合い、健康指導や精密検査を勧めたりしなくてはいけません。上手くコミュニケーションが取れなかったり、耳を傾けてくれなかったり、仕事の邪魔だと言われたり…きついこともあるでしょう。

看護技術が衰える

看護職の中でも特殊な仕事で、看護技術をあまり使いません。採血も注射も、清拭も食事介助も、排泄介助もすることがありませんから、忘れてしまう技術も多いでしょう。

まとめ

企業で働く看護師は病院などの看護師とは全く異なる業務内容ですが、メリットもやりがいも大きく、人気のある職種だということがわかりました。もしご縁があったら、企業看護師・産業看護師を目指してみるもの良さそうですね。

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。