1. ホーム
  2. 看護師のお仕事
  3. ≫気になる看護師のボーナスについて

気になる看護師のボーナスについて

「ボーナス」や「賞与」。嬉しくなる響きですよね!今回は看護業界のボーナスについて、支給される時期や支給額の査定基準などをまとめていきます。

ボーナス

※給与やボーナスに関することは、各職場や上司の裁量によって大きく違いが出る部分です。あくまで本記事は参考程度になさってくださいね。

ボーナスの支給時期は?

一般企業や官公庁を含め、ボーナスは一年に二回、夏と冬に支給されるところが多いようです。年一回支給のところもあれば、年三回のところもあります。

ちなみに国家公務員の場合、法律により夏は6月30日、冬は12月10日の年二回の支給と定められています。これを基準に一般企業は7月初旬、12月初旬の支給としているところが多いようです。職場によっては、春(年度末)のボーナスを合わせて三回になるところもあります。

いつのボーナスが最も高額?

ボーナス支給額は時期によって異なります。夏・春に比べ、冬のボーナスの方が高額だというところが多いです。

「年三回のボーナス支給」と聞くとたくさんもらえるような気がしてしまいますが、年間の支給総額は年二回の職場と変わらないということも十分あり得ます。注意しましょう。一年間の支給回数よりも、総額が重要だと言えますね。

新人看護師はボーナスをもらえるのか?

結論を言えば、もらえます。

しかし夏のボーナスはなしで、冬から本格的に支給されるところが多いようです。理由は各職場で、「勤続○か月から賞与支給」と定められているからです。4月に就職して、7月頃にボーナスを出すのは早すぎるということでしょう。

一年目の夏のボーナスは期待せず、ないものと考え、「少しでも出ればラッキー!」くらいに思っておくと良いでしょう。そうでないと、ガッカリしたり、ボーナス払いで買ったものの支払いが出来なくなったり、生活が苦しくなったりする危険がありますから…。

看護師にも、ボーナス査定基準はあるのか?

一般企業では、各社員の能力に応じて、ボーナス支給額を査定しているようですが、これは看護師の業界でもあります。

師長などの管理職が、個々の働きぶりを見て判断するところが多いようです。具体的な基準は明らかにはされませんが、日々の業務遂行状況、職場への貢献度(例えば○○のことに精通しており、他のスタッフにも教育している。

認定看護師などの資格を持ち、その能力を活かしている。など)、勤務態度などを参考にしているのでしょう。これは筆者の経験則ですが、いわゆる「仕事ができる人」「○○のことと言えば、□□さん」という印象がある人は、プラス査定がついていることが多いです。

査定でボーナスが上がる人がいる一方、下げられてしまう人もいるのが現実です。社会とは厳しいものですね。

けれどもこの査定は、毎回のボーナスで更新されます。一度プラス査定がついたからといって、次回もプラスとは限りません。逆にマイナス査定がついてしまっても、次のボーナス時期まで頑張ったら、プラスになるかもしれません。

プラス査定してもらえたら、たくさんお金がもらえるだけでなく、「自分の仕事が認められている」と自信に繋がります。

<実例コラム>毎月のお給料をボーナスでカバー?!

これは筆者がある総合病院で、病棟の看護師として働いていたときの話です。

あれは私が看護師2年目くらいのことでしょうか。同じ学校を卒業し、同じ都道府県の大学病院で、私と同じように病棟で看護師をしている友人とお給料の話になりました。お互いに給与明細までじっくり見せあった訳ではありませんが、大体の月収やボーナスについて情報交換をしたのです。

結論を言いますと、私と友人の月収には大きく差が出ましたが、年収は同じくらいでした。月収に大きな差があるのに、年収は同じ。なぜでしょうか?

原因は残業手当とボーナスでした。私の職場は緊急時以外はサービス残業で、滅多に残業手当がもらえませんが、ボーナスは年三回の支給で総額も高めでした。一方、友人のところは、残業手当は毎月きっちり支給されるけれど、ボーナスが私よりだいぶ少なかったのです。私目線で言えば、もらえない残業手当をボーナスがカバーしているような状態でしょうか(これでちゃんと残業代も出れば最高なのに)。

ボーナスが良い・悪いだけでなく、年収の面から自分のお給料を考えなくてはいけないなと思ったのでした。

まとめ

ボーナスに関することは、職場によって大きく違ってくる部分も多いですが、基本的なところは同じです。ぜひご自分のボーナスを見つめ直してみてください!

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。