1. ホーム
  2. 看護師のスキルアップ
  3. ≫専門看護師資格取得方法のまとめ!道のりは長いけれど確実なキャリアアップに

専門看護師資格取得方法のまとめ!道のりは長いけれど確実なキャリアアップに

専門看護師の資格を取るまでの流れとアドバイス

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_skangoshi

「専門看護師資格を取りたいけれど、具体的な取得方法が分からない…」という声を耳にします。そこでここでは専門看護師資格取得方法についてまとめました。

専門看護師資格取得までの流れ

看護師免許が必須

専門看護師は日本の看護師免許が必須です。

教育課程基準の単位を取得

看護系大学院修士課程修了かつ、日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していることが条件になります。

実務研修通算5年以上

実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であることが必須です。

認定審査

上記の条件をクリアして初めて認定審査を受ける資格が得られます。書類審査・筆記試験に合格すれば晴れて専門看護師資格取得に。

認定証の交付・登録

専門看護師認定証が交付・登録されます。

更新

専門看護師資格は5年ごとに更新しなくてはなりません。その際に看護実践の実績、研修実績、研究業績等書類審査があります。

状況別取得方法

次に今置かれている状況別の専門看護師資格取得方法を紹介します。

実務経験5年以下や分野外勤務の場合

上記した通り5年以上の実務経験、うち3年は専門看護分野での実務が必須になります。

もしも現在勤務している病院に希望する専門看護分野があるなら、そちらで実務経験を積みましょう。もしも無いなら、転職が必須です。

実務経験の条件を満たしている場合

この場合、あとは専門看護師教育課程を取り扱っている大学院に入学、所定の単位取得でOKとなります。

サポート体制のある職場が理想的

現在看護師として活躍していて、専門看護師取得を考えている場合、やはりネックになるのが「入学金や学費などの金銭的な問題」と「就学のための離職」になります。正直、働きながら大学院に通うのは難しいです。

こういった背景があるからこそ「わざわざ専門看護師の資格を取らなくても…」と思う人がいても当然だと思います。

しかし資格取得支援サポートの存在を利用できるのなら、これはとても頼りになる存在に。病院や組合、地域によって支援内容は異なりますが…例えば給与保障、入学金・授業料・実習費用などの学費を全額負担、といった手厚いサポートを準備しているところはあります。

できるだけ早くこういったサポートを提供している病院を調べておきたいところですね。

どうやって探す?

資格支援サポートを提供している病院の探し方ですが、こちらは直接問い合わせるか、ホームページなどでチェックするのが確実です。手軽さを考えれば後者でしょうか。

ただ各病院をひとつずつ調べるのは現実的ではありません。なので看護師転職支援サイトを有効活用するのがオススメです。

キャリアコンサルタントに相談すれば、自分で調べなくても教えてもらえますし、各病院への転職状況なども詳しく知ることができます。

終わりに

専門看護師になるのは決して簡単なことではありません。特に大学院に通わなくてはならないのが大きなハードルに。しかしこれさえクリアできれば、認定審査自体は合格率80~90%代と良好なんです。

まずは実務経験が足りているのか、そしてサポートを受けられる病院があるのかをチェックしてみましょう。