1. ホーム
  2. 看護師のスキルアップ
  3. ≫専門看護師・認定看護師の資格の選び方は?どれを選ぶべき?

専門看護師・認定看護師の資格の選び方は?どれを選ぶべき?

資格の選び方は結局のところ本人次第。関心のあるものを選ぼう

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_skangoshi

専門看護師は11領域、認定看護師は21分野の資格が設けられています。なので「自分がどの資格を選ぶべきか」を考えなくてはなりません。

そこでここでは専門・認定看護師の資格の中から自分にあうものを選ぶ方法について紹介していきます。

資格の選び方

興味・関心のあるものを選ぶ

結局どの資格を選ぶか、は本人の興味と関心で決まります。

そもそもなぜ専門看護師、認定看護師の資格が必要だと感じたのか…を突き詰めて考えることが大切。おそらく大半は「知識や技術を身につけて、より良い看護を実践したいから」と考えていると思います。当然キャリアアップを目指した上で…ということもあるでしょう。

「これからこの分野で活躍したい!」と希望する分野があるなら、それを選ぶのがベスト。もしも特にないのなら、今まで勤務してきた分野のプロフェッショナルを目指した資格選びが一般的です。

というのも、専門・認定看護師資格は受験条件に実務研修が通算5年以上あること(うち3年以上は認定看護分野の実務研修であること)と決められているからです。最低でも3年は特定の分野における実務経験が必須、というわけですね。

給料アップのため!はやめておくのが無難?

専門・認定看護師資格を取る理由が「給料アップのため」ならやめておいた方が良いかもしれません。

現状、これらの資格はおよそ半数の病院しか手当をつけておらず、しかも金額はおよそ1万円前後。低いところはほぼつかないような状況です。

これから専門・認定看護師の有用性や使い道がハッキリとしてくるようになるので、将来性は間違いありませんが、直接的な給与・待遇の改善を希望しての資格取得はあまり現実的とは言えません。

配属替えや転職が必要なことも

もしも希望する分野に勤務していない、あるいは病院に特定の分野が存在していないなら、配属替えや転職が必要になることもあると思います。

転職となると、なかなかハードルが高いところですが、転職サイトを上手に活用すれば案外スムーズに進むものです。

終わりに

やはり資格選びについては自分が一番関わっている分野を優先して検討するのが良さそうです。

また受験資格要項に「その分野で勤務中であることが望ましい」と記載されています。

希望する分野、興味のある分野がある人はそちらを優先して、特にないなら今働いている分野から選ぶのがベストだと言えそうですね。