1. ホーム
  2. 看護師コラム
  3. ≫看護師の結婚にまつわるお悩みにお答えします!

看護師の結婚にまつわるお悩みにお答えします!

看護師カモ

仕事を続ける?退職して家庭に入る?

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

人は結婚を機に、自分一人のことだけではなく、パートナーや家族のことも考えて生活していくようになります。ゆくゆく子供に恵まれたら、母としての役割も増えていきます。

結婚が決まったら、仕事はどうしますか?
看護師を続けていけるのでしょうか?

今回は看護師の”結婚と退職に関わるお悩み”についてお答えしていきます。

不規則な看護師という仕事を続けながら、家庭との両立ができるのでしょうか?

このお悩みが一番多いようです。特に夜勤がある方は、パートナーとすれ違いの生活になってしまうかもしれません。

この悩みを解決するためには、自分とパートナーにとって何を優先すべきことかを考えること、自分がどうしたいか本当の気持ちを見つけることです。

例えばパートナーの収入だけで生活していける状況で、仕事よりも家庭を大切にしたいのであれば、専業主婦になっても大丈夫でしょう。一方、家族との時間を大切にしたいと思っていても経済的に不安があるのであれば、仕事を続けて共働き夫婦になることを選ばなくてはいけません。収入と家庭のバランスをとって、夜勤のない職場やパート看護師に転職するという手段もあります。

結婚後に
「仕事を続けたかったのに、パートナーのために辞めた」
「自分ばかり仕事と家事が大変で休む暇もない」
「家庭を優先して退職したら経済的に苦しくなった」

などネガティブな感情が残ってしまうと、口論の原因になったり、パートナーを攻めてしまったりと、結婚生活が円満にいかなくなる可能性があります。自分一人の問題ではないので、くれぐれも結婚前にパートナーや家族とよく話し合った上で決めましょう。

99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_s


職場への結婚報告はいつするべきでしょうか?

結婚が確定したら、まず直属の部署長に報告しましょう。特に結婚式で上司のスピーチをお願いする場合は、勤務の調整もありますから早めが良いですね。

報告が遅れ、結婚するという噂が上司の耳に入った後では「自分はまだ聞いていない」と気を悪くされるかもしれないので要注意です。

結婚後に苗字が変わる場合は、ネームプレートや名簿などを修正してもらわなくてはいけません。職場によっては、労働組合から結婚祝いをもらえるところもあります。所属先への報告が済んだら、事務方への連絡も忘れないようにしましょう。

結婚と同時に退職を考えている場合も同じように、早めの報告を推奨します。


d31cf8165c03f2e20eb33f5243b2993e_s

結婚退職の後、看護師に復帰することはできますか?

慢性的な看護師不足のご時世ですから、復帰先は比較的楽に見つかると思います。

しかし、ブランクが長ければ長いほど、新しい職場に適応するのが大変になることが予想されます。退職前の経験を復習したり、新たな医療・看護情報の勉強は必須となります。

また、お子さんがいる場合は、仕事中に預かってくれる場所を考えなくてはいけません。

復職者への支援(研修など)や託児施設が整っている職場に再就職できれば、だいぶ負担は軽くなりそうですね。周りに退職と再就職の経験がある看護師さんがいたら、ぜひお話を聞いて情報収集しましょう。


結婚退職を選択して専業主婦になろうと考えているのですが、親に「看護師免許がもったいない」と言われてしまいました…。

看護師になるための学費を捻出し、ここまでサポートしてくれたご両親がそう考えるのはやむを得ないと思います。

けれど、自分の人生は自分のもの。自分の好きな道を選びましょう。退職してもいざとなれば、復職だってできるわけですから。

なんだかんだ言っても、ご両親にとっては(看護師を続けようが辞めようが)子供が幸せであることが一番だと思いますよ。


どのお悩みでもそうですが、パートナーや家族とよく相談し、自分の気持ちを冷静に分析して、後悔のない選択をしましょうね!

8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_s

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。