1. ホーム
  2. 看護師コラム
  3. ≫看護師の通勤時間について

看護師の通勤時間について

理想の通勤時間はどれくらい?

通勤

不規則なシフトで働く看護師。2交替や3交替、当直などがある職場だと、深夜も当たり前に勤務の時間になります。そうなると、通勤時間がとても重要になってきますよね。

今回は看護師の通勤時間についてまとめていきたいと思います。

看護師の理想の通勤時間は○○分前後?

まずは通勤時間について、現役看護師さんからの意見を聞いてみましょう。

通勤時間が長すぎるのは、言うまでもなく辛い

どんなお仕事でもそうですが、あまりに通勤に時間がかかってしまうと、体力的にも精神的にも負担になってしまいます。誰にとっても1日=24時間ですからね。

特に看護師は、不規則なシフトの中でハードな業務をこなさなくてはいけません。疲れが溜まっていたり、睡眠不足だったりすると、頭が働かず調子よく仕事をこなせなかったり、重大なミスをしてしまうかもしれません。

また3交替制の場合、日勤帯に働き、準夜帯は休みで、深夜帯にまた働くということもあります。数時間しかない貴重な休暇時間を、通勤時間に取られてしまってはしんどいですね。家に帰るのがもったいないなんて事態にもなりかねません。夜間の長時間通勤も、安全面から心配されます。

職場の近くに住んでいて、通勤は楽だがストレスもある

通勤時間を短くするため職場から近い場所に住むと、それはそれでストレスになります。近所を歩いたり、最寄りのコンビニに行ったりしたら、同僚や患者さんの家族(時には患者さん本人)に遭遇したり。

救急車が入っていくのがわかると、「あ~自分の部署に新しい患者さんが入ったかもな…」なんて考えてしまったり(これが気になる方は、救急車のよく通る道も避けた方が良いですね)。

仕事とプライベートを切り替えることは、長く働いていくために非常に重要ですから、仕事のことを頻繁に思い出してしまうのは良いこととは言えません。

2交替の夜勤明けの運転が辛い

自家用車で通勤していると、眠気が大敵です。徹夜に近い状態での長距離運転は、言うまでもなく危険です。通勤中にヒヤッとした経験をお持ちの看護師さんもいるそうです。

以上の意見を踏まえて・・・

看護師の理想の通勤時間を考えると、近すぎず遠すぎない”30分前後”になるようです。
 地域の特性や通勤手段によっては、もう少し短くなったり長くなったりするかもしれません。

 また、「希望の職場がどうしても遠く、通勤時間が長くなっても仕方ない」という声もあります。近くの病院・施設に希望する診療科や勤務形態がない場合、離れたところであっても通勤せざるを得ないですね。通勤時間やプライベートをとるか、やりたい仕事をとるか、悩みどころです。 

通勤時間の有効な使い方

勤務前、スケジュールを考える

職場に着いてからはバタバタしますから、通勤中にその日の仕事のスケジュールや、患者さんのアセスメントなどをしておくと、時間の有効利用もでき、仕事に向かう気持ちに切り替えられるので良いでしょう。 

勤務後、その日の振り返り

その日の仕事をなるべくプライベートに持ち込まないよう、帰宅までの間に自分を省みて、気持ちを切り替えておきましょう。 

勉強の時間にあてる

電車やバス通勤で可能な場合は、看護の勉強をする時間にしてしまうのも手です。乗り物酔いをする方は無理ですが。家で勉強するより、かえって集中できる方もいますし、仕事とプライベートを分けるという意味でも有効です。  

仮眠をとる

電車やバスで座ることができたら、仮眠に費やすのも良いですね。乗り過ごしにはご注意ください。 

まとめ

職場を選ぶときは、業務内容やお給料などの待遇面を重視しがちです。看護師として働く、特に交替勤務である場合は、通勤時間が予想以上にネックになるということを忘れず、新しい職場を探してみてくださいね。

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。