1. ホーム
  2. 認定看護師の資格
  3. ≫がん放射線療法看護認定看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

がん放射線療法看護認定看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

がん放射線療法看護認定看護師は主要がん治療のひとつ「放射線療法」のスペシャリスト

現在主に用いられているがん治療方法は「手術療法」「化学療法」そして「放射線療法」になります。これらの中でもニーズが高く、注目度も高いのが放射線療法になります。 従来だと手術療法がメインだったのですが、放射線療法なら機能温存が可能で、患者さんのQOL向上につながりやすいということで選択されやすい背景があります。 今回は放射線療法のスペシャリストとなるがん放射線療法看護認定看護師を紹介します。

がん放射線療法看護認定看護師資格の概要

放射線療法を受ける患者さんやその家族の身体的、精神的ケアを専門に行う認定看護師になります。放射線治療の計画から副作用のリスクを分かりやすくマネジメントするのが主な役割。 がんの治療方法は様々な物がありますし、常に新しいものが登場し続けています。それだけに学習する機会が多く、深い専門知識と技術が必要不可欠。これらを全てカバーした上で、患者さんに合う方法を見つけるサポートを行わなくてはなりません。またメンタルケアも重要な役割です。

がん放射線療法看護認定看護師の役割と仕事

がん放射線療法看護認定看護師の主な役割や仕事は以下のようになっています。

  • がん放射線療法における適切なマネジメント
  • 患者さんとその家族へのケア
  • QOL向上のための看護
  • 医療チームが円滑に機能するように調整する

がん放射線療法看護認定看護師になるには

大前提として日本の看護師免許を所有している必要があります。その上で以下の条件を満たして初めて認定審査資格が与えられます。

  • 看護系大学院修士課程の修了
  • 日本看護協会が認定している認定看護師教育機関(課程)を修了(6か月615時間以上)
  • 看護師免許取得後、実務経験が通年5年以上
  • 実務経験5年以上のうち、3年間は認定看護分野で実務経験
  • なお勤務年数は常勤、非常勤は関係せず、通算時間を満たしていれば問題無し

上記した全ての条件を満たしていればがん放射線療法看護認定看護師資格の認定審査が受けられるようになります。 なお、5年ごとに更新(看護実践と自己研鑽の実績について書類審査)が必要となります。

がん放射線療法看護認定看護師が活躍できる場所

主にがん放射線治療を実施している病院やがんセンターで活躍することが多いです。 特定の療法に長けた分野なので、職場自体の選択肢はそう多くはありません。しかし、大規模な施設をはじめ、ニーズが非常に高いのでこの資格を持っていれば活躍できる機会はこれまで以上のものとなるでしょう。

がん放射線療法看護認定看護師資格のまとめ

現在の日本人にとって「がん」は避けられない病気です。昔と比べてかなり治療しやすい環境にはなっているものの、まだまだ深刻な脅威となっていますし、患者さんの身体的・精神的な負担は大きなものです。 がん放射線療法看護認定看護師は必要に応じて治療方法を医師に提案したり、より効果的な治療ができるようにチーム内でのやりとりも行わなくてはなりません。現場でのリーダーシップを担うシーンも多いです。 それだけに責任の大きなポジションに就くことも多く、それ相応の働きが期待されています。もちろんキャリアアップやスキルアップに直結する資格ですし、何よりも強いやりがいを感じられる資格です。