1. ホーム
  2. 認定看護師の資格
  3. ≫手術看護認定看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

手術看護認定看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

手術看護認定看護師は手術看護の分野における熟練したスキルと知識を活かした質の高い看護を提供するための専門家

手術看護認定看護師は主に手術看護の分野における質の高い看護を提供できる看護師の証明となる資格です。 手術中の医師の介助はもちろん、手術前の患者さんや家族のメンタルケア、また手術後もケアまで幅広く行う、手術看護のスペシャリストとして高く評価されています。

手術看護認定看護師資格の概要

上記した通り、手術看護のプロフェッショナルとして活躍するのはもちろん、指導や相談といった業務も担当しなくてはなりません。 同僚や後輩の看護師への指導はもちろん、他の部署の医療スタッフとスムーズな連携が取れるように調整することも求められます。

手術看護認定看護師の役割と仕事

手術看護認定看護師の主な役割や仕事は以下のようになっています。

  • 手術する医師への介助
  • 手術前、手術後の高い水準の看護
  • 患者だけでなく家族へのアプローチ
  • QOLを高めるメンタルケア
  • 他看護師への指導
  • 他部署との連携の調整

手術看護認定看護師になるには

大前提として日本の看護師免許を所有している必要があります。その上で以下の条件を満たして初めて認定審査資格が与えられます。

  • 看護系大学院修士課程の修了
  • 日本看護協会が認定している認定看護師教育機関(課程)を修了(6か月615時間以上)
  • 看護師免許取得後、実務経験が通年5年以上
  • 実務経験5年以上のうち、3年間は認定看護分野で実務経験
  • なお勤務年数は常勤、非常勤は関係せず、通算時間を満たしていれば問題無し

上記した全ての条件を満たしていれば手術看護認定看護師資格の認定審査が受けられるようになります。 なお、5年ごとに更新(看護実践と自己研鑽の実績について書類審査)が必要となります。

手術看護認定看護師が活躍できる場所

手術看護認定看護師が活躍できる主な場所は総合病院の手術室になります。基本的に手術を行う病院で勤務することになり、同時に現場で実践をこなしつつ看護師全体の教育が任されることが多いようです。 とても責任のあるポジションに就くことも多く、同時に強いやりがいも感じられる資格です。

手術看護認定看護師資格のまとめ

非常に高度な知識と技術が必要不可欠で「やりがい」という面で見れば看護師全体でもトップクラスに上がる資格となります。 手術室看護師は他の看護師と比較してみても、常に人手が不足していると言われており、特に近年はそれが深刻化しています。それだけに、手術看護認定看護師を持つ看護師のニーズは非常に高く、この資格を持っているだけでキャリアアップが目指せるのは大きなポイントだと言えます。