1. ホーム
  2. 認定看護師の資格
  3. ≫救急看護認定看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

救急看護認定看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

救急看護認定看護師は命に直接的に関わる救急看護におけるエキスパート

救急看護認定看護師は名前の通り救急看護に特化したエキスパートです。ドラマなどでも取上げられることが多く、救急現場で欠かすことの出来ない存在として広く認知されています。 患者さんの命に直接的に関わる仕事なだけに、相応の知識と技術、冷静な判断力など様々な要素が必要不可欠です。

救急看護認定看護師資格の概要

主に救命救急センターなど生命の危機に瀕した重篤な患者さんの対応ができる人材としての資格になります。あらゆる疾患や外傷を取り扱うため幅広く深い知識、そして最新の医療機器の管理など常に勉強し続ける姿勢が求められます。

救急看護認定看護師の役割と仕事

救急看護認定看護師の主な役割や仕事は以下のようになっています。

  • 救急処置の実施(蘇生処置、包帯法、応急処置など)
  • 医師が行う救急治療の処置介助
  • 生活行動援助(体の清潔や痛みの軽減など)
  • 患者さんとその家族への心のケア
  • 医療チームが円滑に機能するように調整する
  • 救急医療物品の調整

救急看護認定看護師になるには

大前提として日本の看護師免許を所有している必要があります。その上で以下の条件を満たして初めて認定審査資格が与えられます。

  • 看護系大学院修士課程の修了
  • 日本看護協会が認定している認定看護師教育機関(課程)を修了(6か月615時間以上)
  • 看護師免許取得後、実務経験が通年5年以上
  • 実務経験5年以上のうち、3年間は認定看護分野で実務経験
  • なお勤務年数は常勤、非常勤は関係せず、通算時間を満たしていれば問題無し

上記した全ての条件を満たしていれば救急看護認定看護師資格の認定審査が受けられるようになります。 なお、5年ごとに更新(看護実践と自己研鑽の実績について書類審査)が必要となります。

救急看護認定看護師が活躍できる場所

救急看護認定看護師が活躍する場所として「救命救急センター」「ER」などが挙げられます。これらの他にも、ドクターヘリに同乗するフライトナース、災害現場に急行する救急看護師、海外の災害現場に派遣される救急看護師など、活躍できる場所は非常に幅広いです。

救急看護認定看護師資格のまとめ

救急看護認定看護師は「ミスが許されない仕事」のひとつです。もちろん他の認定看護師でも同じことが言えるのですが、命に直結しているだけに、重要度は非常に高いです。 間違いなく精神的・肉体的にハードですが、それだけに強くやりがいを感じる、ステータスになるのも大きなポイントに。 ある程度ベテランでないと厳しい状況なだけに、救急看護認定看護師の資格を持っていれば即戦力として期待され、歓迎されるでしょう。