1. ホーム
  2. 専門看護師の資格
  3. ≫地域看護専門看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

地域看護専門看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

地域看護専門看護師は学校や強制、在宅ケアなど地域におけるニーズに合わせた適切な医療や在宅看護を提供

地域看護専門看護師は名前の通り、地域における人々のニーズに合わせた看護の提供に特化した資格になります。

地域看護専門看護師資格の概要

学校保健や保険業際、在宅ケアなど所属する地域のニーズに合わせた水準の高い看護の提供、病気の予防、健康促進、保健医療福祉の発展などに貢献することを目的とした資格。

地域看護専門看護師の役割と仕事

似た資格に保健師が挙げられますが、保健師は主に保健所や保健センターでの勤務になります。これ以外の地域医療に携わるのが地域看護専門看護師になります。 最近は少子高齢化、医療の偏在、地方の過疎化が深刻になっており、より地域に根づいた適切な医療、在宅看護などへのニーズが高まっています。 当然対象となる人は小さな子どもから高齢者に至るまで幅広い年齢層になり、それだけ対応しなくてはならない知識と技術が求められます。 同時に地域との強いつながりも求められるため、優れたコミュニケーション能力も必要不可欠。ただの看護師として働くのではなく、総合力が求められるのも特徴です。

地域看護専門看護師になるには

大前提として日本の看護師免許を所有している必要があります。その上で以下の条件を満たして初めて認定審査資格が与えられます。

  • 日本の看護師免許を有している
  • 常勤、非常勤を問わず実務経験が5年以上
  • 実務経験5年以上のうち、3年以上は行政地域看護、在宅ケア看護、産業看護、学校看護などの地域看護分野の実務経験があること

これに加えて、以下の地域看護分野の看護実績報告書を報告しなくてはなりません。

  • 直接的な看護の実践2例
  • コンサルテーション1例
  • ケアを円滑に行うための保健医療福祉との連携コーディネーション1例
  • 看護師や保健師への教育活動1例

これらの条件を全て満たした上で看護系大学大学院修士課程、あるいは関連領域の大学院修士課程で定められた科目単位を取得すること、論文などの研究報告が必要です。 あとは地域看護専門看護師認定審査を受け、書類審査、筆記試験の合格で地域看護専門看護師資格が認定されます。

地域看護専門看護師が活躍できる場所

都市部よりは地方の中規模・小規模の病院、訪問看護施設、在宅ケア施設、デイケアセンターなどの福祉施設での勤務がメインになります。もちろん大きな病院でもニーズが高まっているのでそちらも候補に入れて良いでしょう。 しかしあくまでも医療が十分に行き届かない地域、自分で病院まで通うのが難しい高齢者などをターゲットにしていることが多いのは間違いありません。 時には自治体や公的機関との連携も必要になってくるため、病院という枠だけにとらわれず、幅広い活躍が見込めるのも大きなポイント。

地域看護専門看護師資格のまとめ

現状、地域看護専門看護師の資格取得者は非常に少なく、希少価値の高い資格だと言えます。価値が高いだけに、待遇も良好。キャリアアップやスキルアップのために目指す人も多いです。 地域看護専門看護師の資格を持っている人に対して育成や指導を求める動きも目立つので、責任のある人を希望する方も目指していきたいところです。