1. ホーム
  2. 専門看護師の資格
  3. ≫小児看護専門看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

小児看護専門看護師資格の概要や役割、活躍できる場所のまとめ

小児看護専門看護師は子どもたちの健やかな成長、発達を支援する看護のスペシャリスト

子どもが怪我や病気にあったときに適切な治療を行わなくては、健やかな成長や発達を阻害してしまう可能性があります。これを看護面から支援し、医療スタッフと連携しながらベストを尽くすためのスペシャリストが小児看護専門看護師です。

小児看護専門看護師資格の概要

小児がかかりやすい病気の知識、適切な対処方法はもちろん、各年齢に応じた病気の予防策や予防接種に至るまで実に幅広い知識と技術が求められます。これらの基準を満たし、最適な看護を提供できる専門家として期待されます。また同時に、小児だけでなく親や家族への教育的な側面も。

小児看護専門看護師の役割と仕事

基本的には小児の怪我や病気に適切に対応し、ベストな看護を提供するのが役割になります。また他の医療スタッフとの連携を取り持つのも仕事に含まれます。 小児の病気や怪我は、場合によっては後遺症に発展してしまう恐れもあるため、ちょっとした異常を見逃さない優れた観察眼も必要に。 基本的に子どもは病院や治療が苦手。いかにして治療をスムーズに進められるか、小児をあやす能力も必須スキルと言えそうです。

小児看護専門看護師になるには

大前提として日本の看護師免許を所有している必要があります。その上で以下の条件を満たして初めて認定審査資格が与えられます。

  • 日本の看護師免許を有している
  • 看護系大学大学院修士課程や関連領域の大学院修士課程において定められる科目単位の取得、論文などの研究報告
  • 常勤、非常勤を問わず実務経験が5年以上
  • 実務経験5年以上のうち、3年以上は小児看護分野の実務経験があること

これらの条件を満たし、小児看護専門看護師認定審査を受け、書類審査・筆記試験をクリアすると小児看護専門看護師の資格を得られます。 審査の難易度自体はあまり高くなく、合格率は90%前後。受けた人はほぼ合格していると言えます。しかし、受験できる段階までのステップが長いのがハードルの高さの要因に。

小児看護専門看護師が活躍できる場所

各病院の小児科が活躍できる場所になるでしょう。小児医療センター、子ども医療センターといった小児を対象とした医療機関でもニーズが高いです。 最近では成育医療研究センター、リハビリテーションセンターなどからも熱い視線を集めており、活躍できる場所の多様化が見られます。

小児看護専門看護師資格のまとめ

ご存知の通り子どもはすぐに病気や怪我に襲われます。これに適切に対応するには、幅広い知識と適切な判断力、これらを実現する技術が必要不可欠です。 医師による治療だけでなく、小児看護のプロフェッショナルとして活躍できる人材は都市部、地方に関わらずニーズが高く、現場で頼られる存在になるのは間違いありません。 小児だけを相手にするのではなく、保護者や家族との対応も必須なので、十分なコミュニケーション能力を備えている必要もあります。着実にステップアップしていく資格のひとつなので、小児関連の専門家を目指すならチャレンジしてみてはいかがでしょうか。