1. ホーム
  2. 介護職の悩み
  3. ≫介護士の理想と現実、他業種の転職は大丈夫?

介護士の理想と現実、他業種の転職は大丈夫?

どんな仕事で悩みはりますが、特に介護職に多い悩についてはどういったものでしょうか。体の不安面や心の不安面それぞれあります。またそれについての対処や解消方などについてもご紹介しましょう。

人間関係

介護職の悩みについて

介護職の悩みについてはまず、肉体的なことと精神的なことに分かられるでしょう。まず肉体的な悩みについては、

肉体的な悩みの代表腰痛について

介護職の多くの人が「腰痛」があります。介護の時の姿勢や力まかせの介護の結果などがあるかもしれません。また特に未経験からの転職の場合など、始めの時の無理がだんだん蓄積されるといったことがあるかもしれません。次に体調不良です。日勤務や夜勤務などの為、体が慣れない間は調子が悪いことがあるかもしれません。また人手不足などで、残業や連続勤務などが続く為に疲れが取れないなどといったことが原因で体調不良になるといったことがあるかもしれません。

精神的悩みについては、まず人間関係の悩みが多い

人間関係といっても様々ですが、原因としては人手不足、そして介護に対する考え方、そして、介護士以外の他業種や経営者に対する不満などがあるでしょう。
一番多くあるパターンとしては、慢性的な人手不足の為日々の業務がなかなか終わらず、肉体的な疲れが出てきます。そうすると、介護の時に小さなミスなども生まれやすくなります。人数が少なくなると、ある程度手際よくしていかなければ間に合わないことも多くある為、ゆっくりと腰を据えた介護はできない可能性が高くなります。こういったことからもともと人間関係が良かったところでも、考え方の違いなどが出てきて、様々なことについても意見が合わなくなってきて、人間関係が悪くなり、精神的にも疲れてしまう。といったまさに「負の連鎖」が生まれるといったケースです一度こじれてしまった人間関係の修復は難しいことが多いといったようなことがよくある人間関係が悪いといったものではないでしょうか。

もともとチームワークが良いし職場でも少しのことでそのチームワークの良さが崩れてしまうことがあるカモ。
介護職の悩みの対処策や解消方法は?肉体的な悩みなどについては、同じ職場のスタッフに早めに素直に言っておくことが大切です。それで、これ以上悪くならないように工夫も忘れずに行う事で他のスタッフに対してもケアしながらも介護に努力してやっていることを示す必要性があります。

腰痛や体の痛みなどについては、腰痛予防の体操や普段の介護する時も体に負担がかからない姿勢で介護することが必要となります。また痛みが強くなる前にコルセットや整骨院などの通院することで症状の悪化を防ぐことが介護職として働くには必要なことでしょう。

精神的な悩みについては、普段、職場でのスタッフ間の雑談の中で普段の仕事の不満が自然に言える環境が理想です。働くスタッフが多くいる場合などは自分と同じような考えや気持があうスタッフを見つけることで、ちょっとした休み時間などでグチをいうことで少しは気持のわだかまりが解消できるのではないでしょうか。ただし、スタッフ間でも普段の雑談の中でのグチを言うことだけでは根本的な悩みの解決策とならないかもしれません。改めて職場での人間関係のストレスを解消する為に必要なことをまとめると、

  • 普段のスタッフ間のあいだで気軽に話せる環境を保つ
  • 自分一人だけといった孤立は避ける
  • 介護的な悩みなどは、ミーティングの時に話し合う
  • 女性スタッフの意見が多くなることはある程度覚悟する(男性スタッフの場合)
  • ある程度、お互い様という気持ちを忘ない

などの気持でスタッフ間接することができると、少しは精神的なストレスも減るかもしれません。人間関係については、どこの職場でもあることですので、ある程度は割り切る気持も大切かもしれません。どうしても現在働いている環境で体も心も負担に感じてしまう時は、事前に調整して2,3日休暇を取って、体と心のリフレッシュも良いかもしれませんね。

どこの職場もいろいろな人がいるのでどうしても我慢できないことがあるカモ。長く務めるうちに自分の意見も通りやすくなるのである意味ではストレスは少なくなるカモ

今の職場環境に不満があり転職することは?

今の職場に不安あり、転職を考えている場合、介護職以外の別の業種の転職についてはどうでしょうか、人間関係の問題についてはどういった業種でもありますが、まず介護の仕事をしいるメリットとしては人との対話を大切にする仕事ですので、サービス業については問題なく転職できるのではないでしょうか。また職種でいえば、接客業、などについてはほぼ支障なく勤務できると考えて良いでしょう。また、未経験であっても、今までの働いていきた経験を説明して、人と対話することが上手にできるメリットを生かすことで営業や事務職でも勤務は可能です。

介護職からの転職でも特に女性で年齢が高い人でもパートタイムの事務などの転職されている人は多くいるカモ

介護士の悩みと解消方そして転職についてのまとめ

介護士として働く多くの人は「腰痛」などの体の不具合を抱えて働いている人が多くあります。長く働き続ける為には日頃からの体のセルフケアが大切になります。体の疲れが精神的な疲れを生むケースも多くあるので心のケアにいても、普段から溜まらないように気を付ける必要があります。普段の日なども、お風呂にはいってゆっくり休む、休みの日も趣味などをしてリフレッシュするといった自分なりのストレス解消法をしていても、不満が溜まることがあります。どうしても体の都合で続けられない、不満があって解消できないといった場合は、今の職場以外で転職することもストレス解消のひとつの方法です。同じ介護業界での転職でも良いすが、体の不安がある場合は思い切って他の業種への転職も良いでしょう。今で働いた介護の経験は無駄にはなりません。むしろ、転職の時にアピールポイントとして有利に働きかけることができるでしょう。
介護の資格がある有利になり場合は特にサービス業あどはあるカモ。未経験の仕事でも自身をもってやれば大丈夫カモ。