1. ホーム
  2. 介護職の悩み
  3. ≫介護士の給料って本当に安いの?どうして安いの?給料事情徹底解説します!

介護士の給料って本当に安いの?どうして安いの?給料事情徹底解説します!

この記事の監修者 池田 正樹(介護支援専門員 介護福祉士 社会福祉主事)
池田 正樹 山形県出身。大学卒業後、約14年間福祉の最前線で活動している。介護支援専門員、通所介護・有料老人ホームの生活相談員、認知症対応型共同生活介護の介護員、福祉用具専門相談員、訪問介護管理者等を経て、現在は在宅の要介護者を支援する介護支援専門員として勤務。障がい者・児の資格もあり、福祉全般に幅広く経験・知識を持つ。 続きを読む
介護士の平均月収が上がらないのはなぜでしょうか?他の業種と比べて、本当に低いのでしょうか?また男女差の違いはあるのでしょうか。

月収

 

ぶっちゃけ、介護士の給料ってどのくらい?

 月給制の介護士の場合

 日給制の介護士の場合

時給制の介護士の場合

https://kaigoworker.jp/salary/“介護職の平均給与はどのくらい?”を参考に作成してください。

働く施設によっても給料に差があるって、本当?

 月給制の介護士の場合

 日給制の介護士の場合

時給制の介護士の場合

https://kaigoworker.jp/salary/“働く施設によって給与って変わるの?”を参考に作成してください。

実際のところ、他業種と比べてどうなの?

https://kaigoworker.jp/salary/の“他業種と比較して、介護職の給料は低い?高い?”を参考に作成してください。

こんなに人手不足なのに給料が上がらないのはなぜ?

公定価格と定員により収入上限が決まっている

他の業界の仕事と違って、収入になる主なものが決まっている為、給料を増やす事ができにくいんですね

人件費が高い

https://kaigoworker.jp/salary/を参考に作成して下さい。小見出し①については、公定価格に加え、定員を設定しなければならないサービスが多く、その時点で売り上げの上限額が事実上決まってしまうことに触れてください。比較の例えとして、通常のお店はお客を増やせば増やすほど売り上げが上がるが、介護サービスはそもそもお客の数の上限を定めなければならないと説明すると分かりやすいかと思います。

【ベテラン限定!?】介護職員等特定処遇改善加算とは

既存の介護職員処遇改善加算について

介護職員処遇改善加算とは

キャリアパス要件や職場環境改善対策によって支給額が変わる

計画書と報告書の提出が必要

2019年10月より新設!介護職員等特定処遇改善加算

介護職員等特定処遇改善加算とは

介護職員処遇改善加算に上乗せされる

柔軟な配分が可能

報告には根拠となる資料の保存も必要

既存の介護職員処遇改善加算との違いとは

https://pro.kao.com/jp/medical-kaigo/topics/business/20190618/を参考に作成して下さい。

給料に悩んでいる介護士必見!こうすれば年収は上がる!!

 上位資格を取得する

 夜勤にたくさん入る

 ケアマネジャーや生活相談員を目指す

 転職する

比較的転職しやすい業界な為、経験を積んでより条件が良いところへ転職することも多いので、勤続年数他の業界に比べて短い傾向があります

https://www.braves.co.jp/column/nursing/nursing-salary.html#section4を参考に作成してください。

まとめ

肉体的にきつく、休みも少ない介護職です。

月収については、資格手当、夜勤業務といったことなどの手当があっても、基本給が少ないと根本的には増えません。

収入の大半は公定価格に基づく介護報酬であり、利用者数も事業開始時点で定員を決めなければならないので、売り上げ上限は決まってしまいます。

人員配置基準があるため、職員数を減らすこともできません。

介護業界的には定着率が低いとされているのでこれも給与が上がらない理由のひとつといえます。

ですから、介護士の給料に反映されづらく、仕事のきつさが目立つ割りには月収が上がらないと感じて、すぐに辞めてしまうといった悪循環が続いているのではないでしょうか。

課題は様々挙げられていますが、2019年10月から始まる介護職員等特定処遇改善加算は処遇改善の起爆剤となり得るか…ぜひ注目していきたいですね。

※まとめ文を一部訂正しました。