1. ホーム
  2. 介護職に関する資格
  3. ≫社会福祉士はどんな仕事が出来る?

社会福祉士はどんな仕事が出来る?

この記事の監修者 池田 正樹(介護支援専門員 介護福祉士 社会福祉主事)
池田 正樹 山形県出身。大学卒業後、約14年間福祉の最前線で活動している。介護支援専門員、通所介護・有料老人ホームの生活相談員、認知症対応型共同生活介護の介護員、福祉用具専門相談員、訪問介護管理者等を経て、現在は在宅の要介護者を支援する介護支援専門員として勤務。障がい者・児の資格もあり、福祉全般に幅広く経験・知識を持つ。 続きを読む
社会福祉士は高齢者、障がい者、児童、生活保護など様々な分野で働ける相談業務の資格です

社会福祉士 介護の仕事に携わっている人ならば、この資格の名前を一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

名前が似ている介護福祉士は介護を提供する上で専門である証の資格ですが、この社会福祉士はどんな専門家かご存知でしょうか?

社会福祉士の資格を詳しく説明してって言われるとちょっと困っちゃうかもしれませんね。福祉関係の相談にのったり助言や援助したりする仕事っていうのは何となくわかるけど…

そもそも、社会福祉士とはどんな資格?

医療・福祉の相談援助業務に関する専門家

社会福祉士を取得するメリット

国家資格として社会に広く認知されている

活躍の場が幅広い

施設長も目指せる

起業し独立することも

他の相談援助系資格取得に有利

https://www.acpa-main.org/shakaifukushishi/を参考に作成してください。

社会福祉士はどんな仕事をするの?

相談支援業務

連絡調整業務

管理業務

社会福祉士業務での基本的考え方

https://www.nippku.ac.jp/license/csw/work/を参考に作成してください。

主に社会福祉士が活躍する場とは

高齢者介護施設

障がい者施設

児童福祉施設

医療施設

行政や地域の施設

各種福祉施設はもちろんですが、行政で働ける福祉の資格はまだ少ないです。こういう所にチャレンジしてみたい人にはとてもいい資格と言えます

https://www.nippku.ac.jp/license/csw/employment/を参考に作成してください。

社会福祉士の資格を取得する方法は?

社会福祉士の資格を取得するには、受験資格を得た上で国家資格に合格しなければなりません。

その方法が、実は意外と複雑なのです。

そこで、受験資格を得るための代表的なルートを簡単にまとめてみました。

福祉系大学で指定科目を履修したルート

指定科目を履修する期間 受験資格取得までの流れ
大学4年間 卒業と同時に受験可能
短大3年間 相談援助の実務1年で受験可能
短大2年間 相談援助の実務2年で受験可能

大学4年で指定科目を履修すると、卒業と同時に社会福祉士の受験資格を得ることができるため、最も代表的なルートです。

社会福祉士として早く活躍したいという将来への展望があれば、このルートが最善でしょう。

ただし、時間と費用がかかるので、社会人には厳しいルートであることが言えます。

短大2~3年で指定科目を履修すると、相談援助の実務をそれぞれ1~2年すれば受験可能です。

相談援助の実務とは?

厚生労働省によって定められた施設・事業などで、相談援助の職種で勤務(生活相談員、介護支援専門員など)をします。

これが実務経験として認められ、国家試験受験の条件を満たすことができるってことです。詳しくは下記に紹介します

福祉系大学で基礎科目を履修したルート

基礎科目を履修する期間 受験資格取得までの流れ
大学4年間 短期養成施設6カ月以上→受験可能
短大3年間 相談援助の実務1年→短期養成施設6カ月以上→受験可能
短大2年間 相談援助の実務2年→短期養成施設6カ月以上→受験可能

福祉系大学で基礎科目のみの履修であれば、社会福祉士の短期養成施設へ一定期間通わなければならないので注意しましょう。

社会福祉士の短期養成施設とは?

厚生労働省に開講の承認を受けた社会福祉士短期養成施設のことであり、主に福祉系学校卒業生が対象で通信教育(9~11ヶ月)が中心となっています。

養成施設の開講場所には限りがあるので、詳細は施設に直接問い合わせてみるといいでしょう

一般大学(短大)ルート

大学生期間 受験資格取得までの流れ
一般大学4年 一般養成施設1年以上→受験可能
一般短大3年 相談援助の実務1年→一般養成施設1年以上→受験可能
一般短大2年 相談援助の実務2年→一般養成施設1年以上→受験可能

一般大学・短大を卒業しても、基準を満たしていれば受験可能です。

一般大学4年の場合は養成施設に1年以上通えば受験可能ですが、短大2・3年の場合は養成学校にプラスして定められた年数の実務経験が必要なので覚えておきましょう。

社会福祉士の一般養成施設とは?

厚生労働省が定めた社会福祉士養成施設。

開催は通信教育が多いが、1年6か月~2年の時間を要します。

1年以内で取得できる昼間、夜間コースを開講している学校もあります。仕事・学校・家庭のリズムに合った学校を選ぶと良いでしょう

※参照:平成29年4月現在の社会福祉士養成施設一覧(短期・一般)

社会人向けルート(養成機関・実務経験ルート)

社会福祉士の最短ルートは大学・短大へ通うのが一般的ですが、社会人向けのルートもあります。

社会福祉士は児童相談所や生活保護関係など公的な仕事を担うので、公務員として働きながら資格を取得するというケースも増えています。

ここでは代表的なルートをご紹介しましょう。

養成機関ルート

ルート 受験資格取得までの流れ
社会福祉主事任用資格の養成機関 相談援助の実務2年→短期養成施設6か月以上→受験可能

社会人向けのルートとして、まず社会福祉主事任用資格を取得してから受験資格を得る方法があります。

社会福祉主事任用資格を取得する代表的なルート

大学や短大

厚生労働省が指定する社会福祉主事必修科目のうちの3科目以上の単位を取得する 

厚生労働省の指定する学校や講習会

修了することで資格を取得することができます。 ※養成学校は基本的に通学制だが、一部では通信制もある

実務経験・有資格者ルート

ルート(全て4年間) 受験資格取得までの流れ
相談援助の実務 一般養成施設1年以上→受験可能
児童福祉司 短期養成施設6カ月以上→受験可能
身体障碍者福祉司
査察指導員
知的障碍者福祉司
老人福祉指導主事の実務経験

実務経験1本でいくためにはこのルートです。

指定された資格があれば短期養成施設6カ月で、そうでなければ一般養成施設1年以上で受験資格を取得できます。

実務経験として認められる業務経験

実務経験として認められない業務経験

※参考サイト https://www.acpa-main.org/shakaifukushishi/naruniha.htmlのように、表で説明をお願いします。

社会福祉士は、この資格を取りたいから勉強して、受験するってスムーズにはいかない資格です。大学を出てない既卒者へも実務コースがあるけど、指定されていたり相談援助実務だったり少し分かりにくい側面もあります

試験の合格率と難易度

社会福祉士の受験者数は平均して42,000~45,000人となっており、合格率は約30%と言われています。

しかし合格率も年々下がっています。

平成28年度の合格率は25.8%、平均よりも合格率がダウンしました。

45,849人中、約11,829人が合格しています。

同じ福祉関係の国家資格である介護福祉士の合格率は60~70%といわれています。

それに比べたら難易度は高めですね。

問題の内容も年々複雑化している傾向にあるようで、合格を目指すなら早めの受験対策が必要です

 

※2つ目の吹き出しを別の中見出しに移動しました。最新情報を元に数字を更新してください。資料→https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000196349_00002.html

社会福祉士を目指す際の注意点

養成施設通学は、計画的に。日程を確認しよう

試験対策講座受講も有効です

合格後は、忘れず登録を!

参考サイトhttps://www.acpa-main.org/shakaifukushishi/naruniha.htmlを参照し作成してください。

日本社会の要!?ますます広がる社会福祉士のミッションとは

地域共生社会の実現のために

あらたな社会資源の創出

包括的支援のコーディネーター

各種社会問題解決のカギに

(資料5ページ下部の「また、社会福祉士には・・・」の部分を要約してまとめて下さい。

※少し難しいですが、参考資料 https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000199560.pdf の“3 社会福祉士が担う今後の主な役割”の部分を提示した小見出し毎に要約して文章化してください。

社会福祉士の魅力とは

活躍の場や業務内容が幅広い

キャリアアップに非常に有効

※介護業界では、介護福祉士→とらなければならない資格 なのに対して 社会福祉士→持っていたらすごい資格。それだけで将来管理者候補に挙げられることも…。というのが私の介護現場での主観的イメージなので文章に組み込んでいただければと思います。

この記事全体のまとめとして文章を組み立ててください。

http://careergarden.jp/shakaifukushishi/tenbou/を参考に作成してください。