1. ホーム
  2. 介護職に関する資格
  3. ≫介護業界で働く上で介護士が取得していると役立つ資格

介護業界で働く上で介護士が取得していると役立つ資格

知識と技能の証明である資格。どのような想定ならどの資格が合うか
役立つ資格

介護業界では、多くの資格が新たに創設され、介護士として働いている人さえあまり耳にしたことが無い様なものもあるくらいです。今回は数多くある介護の資格に関して様々な角度からご紹介します。

介護職の仕事に就くにあたって取得していると良い資格は

介護職に就く前に取得していると、アピールできて、職務上でも使える良い資格は、介護職員初任者研修と介護職員実務者研修が最有力候補カモ。

介護職員初任者研修と介護職員実務者研修なんて聞いたことが無いと思われたかもしれませんね。ですが、ヘルパー2級とヘルパー1級だと聞いたことがあるのではないでしょうか。

実はヘルパー(訪問介護員)に関してはここ数年で資格に関して動きがありました。以前は1級と2級だけでなく3級もあったのですが、現在では3級は廃止されています。2級が介護職員初任者研修に統合され、1級が介護職員実務者研修に統合されている為、現在ではヘルパー○級というのは、それぞれ統合された名称になっているのです。

其々基礎と応用と思って頂いても差し支えないとカモ丸は思いますが、いずれにせよ現場で必要な事や使える事を学び習得できる資格なので、介護職の仕事に就く前に習得していると良い資格からは外せなく、真っ先に挙げられる資格であると言えるカモ。

また、最もポピュラーである事から、資格に対する理解もあり、就職の面接の際にアピールする点として使えるという面も持っています。事業所によっては、面接の応募要件にこの資格を挙げている事もあります。

そして、座学とシミュレーションで構成されているので、介護士として働き始めた後に仕事内容があまりにも想像と違い「思っていたのと随分違う。辞めようか」というような事態に巻き込まれることも、双方が事前に回避できることもあります。

↓気になる資格はシカトルで探そう!↓

シカトルで簡単一括資料請求!介護、福祉、医療の資格講座を受けたい人に評価されるサイトの秘密とは!?

介護福祉士以外に取得しているとお給料が上がる資格は?

働いている上でお給料が幾らもらえるのかという点は重要な点だと思います。生きている中で働いている時間は拘束されるわけですよね。お給料は労働と時間の対価に受け取るので、ある意味命の切り売りと考える事も出来ますね。

介護の事業所はどこも介護福祉士を取得していると手当が支給されます。では、介護福祉士以外の資格に関してはどうかというのが、気になりますね。

介護福祉士になるには、養成校に通うか実務経験を3年以上積んで受験資格を満たす必要があります。他業種からブランクなしでいきなり転職する人が入職前に介護福祉士の資格を取得しておくことは不可能だという事ですね。

ただでさえ他業種よりも賃金が低く離職率が高い介護士がお給料を上げる数少ない方法である資格手当。そこで、介護福祉士以外の資格でお給料が上がる資格を挙げます。

介護支援専門員、ケアマネージャーの事です。国家資格ではなく都道府県に登録するものですが、どの事業所でも介護福祉士よりも高額の資格手当が支給されます。

これは、ケアプランの作成が介護支援専門員にしか認められておらず、どの事業所においても規定されている人数のケアマネージャーが居ないといけないからです。ちなみに、ケアプランに関しては、最近不祥事が多く(ケアプランを作成していないのに作成しているように見せかけ保険請求を行うなど)指定取り消しの憂き目に遭う事業所も出ています。

しかし、ケアマネージャーも実務経験が5年以上無いと受験資格を得られません。また受験資格を満たしても、合格は狭き門です。私の住んでいる県の今年の合格率は14パーセント程度でした。ケアマネージャーの試験はどの都道府県でも受けれるわけでは無く、勤務先がある都道府県で受験する必要があり、離職中の人は住所地の都道府県で受験しなければなりません。

介護職員初任者研修、ヘルパー2級と統合された資格です。この資格は受験資格は無く、介護職員でなくても取得できるものになっています。講義を受け、レポートを提出しながら、シミュレーション形式でトレーニングを受けます。

ヘルパー時代では総仕上げとして実際に事業所に赴きヘルパーの仕事とデイサービスの仕事、施設の仕事を数日体験していましたが、統合後は数日の体験は廃止されています。この全てをこなすと、介護職員初任者研修を修了した事になります。

特別な受験資格がなく、受講料を払い研修を修了するだけで付与されるので介護の入門資格としてはうってつけカモ。カモ丸が修了した時は介護職員だけでなく、家で親の介護をする為に受けに来たという人も数名いました。

介護職員実務者研修、ヘルパー1級と統合された資格です。こちらも研修を受講すれば得られる資格ですが、内容が掘り下げられたものになっており専門的に学びを得たい方には良いカモ。しかし1年の実務経験が必要です。ちなみに、初任者研修を修了している場合は該当する部分が免除され、受講料も変わってきます。

どの事業所でも資格手当が支給される資格は上記の介護福祉士・ケアマネージャー・介護職員初任者研修と介護職員実務者研修の4つくらいです。この4つで資格手当が支給されない様なら別の事業所を探すことをお勧めします。

介護福祉士以外の資格で就ける役職や仕事

役職に関してはサービス提供責任者が介護福祉士で就けますが、ここでは、介護福祉士以外ということですので、省きます。

福祉用具専門相談員。居宅サービスである福祉用具貸与の相談(この状態で問題があるのがこの点ならこの福祉用具が良いですよ等)を承る人で、介護保険の指定福祉用具貸与の事業所には常勤で2名以上の配置が義務付けられています。福祉住環境コーディネーター。住宅をバリアフリー化など、住環境に関する資格です。

福祉住環境コーディネーターの2級以上の保持者はケアマネージャーの資格を有していなくても、保険給付で住宅改修を行う際に必要な住宅改修の理由書を作成する事が認められています。

介護職から離れても役に立つ資格

介護系で介護職から離れても役に立つ資格は、上でご紹介した福祉住環境コーディネーターの場合、親や自宅の改修が必要になった時に理由書を作成できるので役に立ちます。

高齢者コミュニケーター。こちらは介護業界で働いていても全く聞かない資格ですが、高齢者とコミュニケーションを取る際に気を付けるべき事等を学べるので、自身の周囲に高齢者が居る方には役に立つのではないでしょうか。

家族はよく親が介護を必要になった時に否定から入ると言われています。このような時に不適切な関わり方をしないようにできるという予防の側面は意義があるカモ。

現場・実務で役に立つ資格

上記でご紹介した資格が現場・実務で役に立つのは勿論ですが、それ以外でまずご紹介したいのは、認知症ケア専門士です。受験には認知症ケアの実務が3年以上必要ですが、認知症に関する支援の在り方や、考え方、関わり方等認知症ケアの高く広い学識と技術を備えています。

昨今の踏切事故や交通事故で認知症が否が応でも注目を浴びていますが、高齢社会である以上は介護業界では認知症ケアのプロが必要とされるカモ。行動援護従事者。この資格は、精神障害や知的障害により介護を必要とする人に対して、安全に行動できるように支援する人を養成するものです。安全に過ごせるという大前提が覆らないように毎日を過ごしてもらうには、役に立つカモ。

いかがでしたか?聞いたこともない資格があったかもしれませんね。一言で介護の資格と言っても、どんな場面や人にむいているのかは大違いです。想定している場面に合致する資格を探す一助になれば幸いカモ。