1. ホーム
  2. 介護職に関する資格
  3. ≫介護業界で活躍!食事の栄養管理・調理の仕事で役立つ資格を一挙公開

介護業界で活躍!食事の栄養管理・調理の仕事で役立つ資格を一挙公開

高齢者の食事栄養管理と調理方法は健康に過ごすために欠かせないもの。ここでは栄養や調理のプロとして活躍できる資格をピックアップ!

役立つ資格シリーズ
調理、栄養管理

介護施設では、高齢者ひとりひとりの栄養バランスに合ったものを、例えば飲み込む力が弱くなった人に対しては流動食、あとはその人の噛む力に合わせてミジン食、刻み食、一口大、普通食など、調理方法を工夫して提供しています。

また、食事の栄養についてのアドバイスを行い、献立を立てる場合も彩りや飽きの来ない楽しめるメニュー作りを行うことで、高齢者が食事をいつまでも楽しみにしてもらい、生きる活力につながるように支援します。

今回は介護施設の食事のプロフェッショナルとして活躍できる、栄養・調理に関わる資格を分かりやすくピックアップしてご紹介します!

健康に過ごせるように食事管理する 栄養士

栄養の指導、食事管理、献立などの食事計画を立てる食事に関する専門職で、介護施設などで働くことができます。都道府県知事から免許を受けて資格を取得することが可能です。

メリット

栄養バランスのある食事や知識が豊富

栄養士は食事のプロフェッショナル。栄養士がいてこそ栄養バランスのあり安心した食事が提供できますし、食事に関する知識を生かし、アドバイスや指導を行うことができます。実際に調理現場に立つ栄養士も多く、調理技術を同時に磨くことができます。

活躍の場が多い

食事は誰でも必要とするものです。食事に関する専門職として指導し、献立、栄養の管理ができる栄養士はとても価値があり、就職先も多くあるのが現状です。

仕事以外でも活躍

仕事以外でも家族や友人から食事に関するアドバイスをしてほしいとお願いされるなど、周りから頼られることがあります。
結婚相手としても栄養士はとても人気です。

食事はだれもが必要なものだから、栄養士の資格はとても重宝されるカモ

取得方法

栄養士の養成施設を卒業し、都道府県知事から免許を受ける。

加齢や病気で食事が摂りづらい人の管理ができる 管理栄養士

食事の栄養に関し、栄養士よりも専門的な知識を使い、病院や高齢者施設以外でも、学校給食・スポーツの現場や選手の食事管理・会社の食堂の現場・乳幼児を含めた児童福祉・地域活動など様々なところで活躍しています。管理栄養士は国家試験に合格して取得できます。

メリット

食事管理が必要なすべての人をサポートできる

栄養士は主に健康な人に対しての食事のサポートをすることが主な仕事ですが、管理栄養士は病気や高齢になった方など、栄養不足で悩んでいる方に対するサポートをすることができます。

献立の中から医学的知識や栄養管理などトータルで支援する必要があるため、食事を管理するプロフェッショナルとして大変やりがいのあるお仕事です。

資格手当や昇給がある

管理栄養士を在籍させることは「食事に対して高度な専門的知識がある」と認識されますので、介護施設や病院などに対して報酬が発生します。そのため、給料に資格手当が発生し、昇給に有利です。

就職に有利

管理栄養士は栄養士の募集があっても応募することができます。栄養士は管理栄養士の条件には当てはまらないため、管理栄養士は栄養士よりも就職に有利だということが分かります。

管理栄養士は病気や高齢で食べることが難しくなった人に対しても指導をしなけらばならないから医学的知識からのアプローチも必要になるし、栄養士としてやりがいのある資格カモ

取得方法

  • 管理栄養士が取得できる大学や専門学校を卒業し、受験資格を得て国家試験に合格する。
  • 栄養士養成施設で(2年~4年)学び、実務経験を1~3年経験し受験資格を得て国家試験に合格する。

料理のプロフェッショナル 調理師

調理の仕事をすることができる資格です。主にレストラン・料亭・ホテルなどの厨房や、学校や施設などの厨房で活躍できます。調理師の資格がなくても厨房で働くことができますが、調理科を卒業した人や調理師試験に合格した人が、『調理師』と名乗ることができます。

メリット

調理学校で取得すれば介護業界の就職に有利

調理師を受験したい場合は、調理師専門学校や高校や短大で調理科を卒業すれば免許を取得することができます。介護施設などの施設で働く場合、調理師の資格を取得しておくと、調理の知識を幅広く持っているというアピールにもなるので、就職やその後の仕事にも有利です。

調理師の知識や技術を介護業界で発揮できる

高齢者の多い介護施設では調理方法に工夫が必要です。調理師としての技術や知識を活かし、安全でおいしい食事を作ることが期待されます。

食品衛生責任者が取得できる

食品衛生責任者は開業する場合に取得しておく義務があります。調理師の資格を取得していれば、食品衛生責任者として認められますし、介護施設でも信頼を得られます。

介護施設で働くには調理師の資格を持っていると信用につながるカモ!

取得方法

  • 調理師養成施設で1年以上学び、都道府県知事から免許の交付を受ける
  • 多くの人へ提供できる調理施設で2年以上経験し、調理師試験に合格し、都道府県知事から免許の交付を受ける

介護食をより専門的に学べる 介護食士

要介護者にとって、その症状に合わせた介護食を提供されることは、生きていくうえで欠かせないものです。介護食に関わる人が、介護食の質の向上を目的としてつくられた認定資格です。

介護食への知識をより深めるため、調理師や栄養士だけでなく、ホームヘルパーや介護福祉士など、介護に関わる多くの職種の方が資格に興味を持ち取得しています。

メリット

介護食の知識が得られる

介護食について学んだ経験豊富な講師陣から学ぶことができます。栄養士や調理師で、実際に介護食について知識が少なくて不安を感じている人にはオススメの資格です。

取得方法

1級

  • 管理栄養士、調理技能士、専門調理師、機能訓練指導員のいずれかの資格を取得後、3年以上介護食の調理や研究に従事した人
  • 介護食士2級、調理師、栄養士のいずれかの資格を取得し、5年以上介護食の研究や調理に従事した人

2級

  • 調理師、栄養士を取得後、2年以上介護食の研究や調理に従事した人
  • 調理師養成施設で、介護食士3級を取得した人
  • 協会が指定した認定施設で介護食士3級を取得した人

3級

  • どなたでも受験可能です。

介護食士はまだ認知度が低く“この資格を持っているから就職ができる”という資格ではないけど、1級・2級になるにはすごく技能が必要だね。これからもっともっと注目されてほしい資格カモ!

 

高齢者の健康を支える『食』のプロを目指して

高齢者がいつまでも健康でおいしい食事を食べることができるということは、生きていく上で大切なことのひとつです。食事に関する専門的な知識と技術で支援できる栄養士と調理師の資格は、これから介護業界の支えとなる資格です。

管理栄養士は、栄養士よりも専門的な知識をもって食事管理やアドバイスをすることができるので、管理栄養士の受験資格がある人は国家試験を目指してチャレンジすることをオススメします。

調理師として介護現場に入るときは、高齢者の食事形態をしっかり勉強して理解した上で入ると仕事もスムーズになります。介護食士という資格は高齢者の食事についてより詳しい知識を学ぶことができるため、高齢者の食事づくりに関わる方はぜひ研修に参加してみましょう。

そこで転職先を探すときですが、みなさんはハローワークなどで探すことが一般的になっていますよね。自分に合うのかな…と不安になることがありませんか?そんなときは「転職エージェント」がオススメ。自分の希望条件に合うように、転職のプロがアドバイスしてくれますよ。迷ったときは、ぜひご覧くださいね。

転職は誰もが不安。そんな時、会社との間に入ってくれるプロがいると、求人票に対する条件や疑問も聞きやすいし安心カモ