1. ホーム
  2. 介護職に関する資格
  3. ≫認知症介助士とはどんな資格?

認知症介助士とはどんな資格?

この記事の監修者 池田 正樹(介護支援専門員 介護福祉士 社会福祉主事)
池田 正樹 山形県出身。大学卒業後、約14年間福祉の最前線で活動している。介護支援専門員、通所介護・有料老人ホームの生活相談員、認知症対応型共同生活介護の介護員、福祉用具専門相談員、訪問介護管理者等を経て、現在は特別養護老人ホームの介護支援専門員兼介護員として勤務。障がい者・児の資格もあり、福祉全般に幅広く経験・知識を持つ。 続きを読む
認知症介助士とはどんな資格?その取得方法とは?

認知症を学ぶ資格はいくつかあります。

その中のひとつに、通信教育でも学ぶことができる「認知症介助士」という資格があります。

どういったものでしょうか。

今回は、認知症介助士の資格取得方法や資格、取得するとどんなことに有利なのか等についてご説明しましょう。

※一部文書を変更しました。

認知症介助士とは?

認知症介助士とは公益財団法人日本ケアフィット共教育機構が主催する、民間の認定資格です。

※参照公益社団日本ケアフィット共育機構

認知症介助士の資格を取得するためには、試験を受ける必要があります。試験は45分間、30問の選択問題で、1問1点の30点満点。21点以上で合格となります。受験料は3,240円です。 受験料は低額で、とくに受験資格も必要ありません。大阪と東京で直接受験する場合は、1年に複数回受験可能なため、チャレンジしやすいでしょう。その他の地域については、業務提携している会場で受験が可能となります。

※参照株式会社ジェイ・ジェイ・エス

日本ケアフィット共育機構では、認知症介助士公認テキストというものがあります。値段は3,240円で、認知症に関する正しい知識や具体的なコミュニケーション方法などを勉強することが出来ます。このテキストでのみ勉強して、試験を受けることもできますが、独学での受験が不安な方は、日本ケアフィット機構が開いているセミナーに参加することもできます。 こちらのセミナーは試験とセットになっており、1日で終了するものです。セミナー受講料は16,200円+テキスト代3,240円となっています(テキストをすでに持っている場合はテキスト代はなし)。 またこちらのテキストを使わず、通信教育で学ぶこともできます。

    1. 通信教育のユーキャン※参照3

※参照通信教育のユーキャン

    1. 産業能率大学の通信教育※参照4

※参照産業能率大学

 

上記内容を下記のように整理して書き換えお願いします。

小見出し① 認知症介助士ってどういう資格?

https://www.carefit.org/dementia/about.php

上記URLを参考に、資格の概要について文章を作成してください。認知症の正しい知識を持ち、思いやりの心をもって認知症の人を受け入れ寄り添う人材を育むというイメージ像をもって作成お願いします。

 

小見出し② 認知症介助士の取得で得られる知識とは?

https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1388/possibility/

上記URLを参考に、得られる知識のイメージについて文章を作成してください。

 

小見出し③ 資格を取得する方法・費用は?

・日本ケアフィット共育機構で受験する

下記サイトを参考に、ケアフィット共育機構での受験方法についてまとめてください。構成も下記に示します。

https://www.carefit.org/dementia/examination.php

 ルート1 セミナー+受験

 その日のうちに学習から取得ができること、即日取得できるが費用が高い、会場が限られる点を記載

 ルート2 独学で検定試験を受ける(マークシート方式)

 独学のため費用が抑えられる点、東京・大阪・福岡の会場を選べる点を記載

 ルート3 独学で検定試験を受ける(CBT方式)

 独学のため費用が抑えられる点、全国各地で受験できる点を記載。

 下記サイトを参考に全国の会場一覧表を作成してください

試験会場

・ユーキャンで受験する

下記サイトを参考に取得までの流れをまとめてください。費用は掛かるが自宅で受験が可能である点を記載してください。

https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1388/schedule/

 

・産業能率大学で受験する

下記サイトを参考に取得までの流れを書いてください。添削レポートのうち1つが検定試験であり実質的自宅受験が可能である点、かつ他の独学以外の方法と比べて費用が抑えられている点について記載してください。

https://www.hj.sanno.ac.jp/ps/distance-learning/course/B6I0-01.html

自分のライフスタイルにあわせて、テキストで学んで直接受験するか、セミナーに参加するか、通信教育で学ぶか、を選ぶことができます。基本的な認知症の事を学ぶきっかけに繋がる資格です

認知症介助士の資格を勉強するメリットって何?

比較的短時間で認知症を理解できるようなカリキュラムなどがある為、始めから認知症について学びたい人にとっては効率よく、スムーズに理解しやすいものかもしれません。

また独学だと不安がなある人でも、必要な費用は上がりますが通信教育で学ぶことができます。

この点では他の認知症の資格にないメリットかもしれません。

受験料についても他の認知症の資格試験よりもかなり安いため、受験もしやすいという点もあります。

その他の資格は初級でも5,000円は超えるものがほとんどです。

初心者の人がまず、認知症を学んでみようといった場合に適していると言えますね

※この中見出しは上下に同様な内容が含まれているので削除してもよいと思います。

認知症ライフパートナーとの違いは?

認知症介助士と認知症ライフパートナーについては、両方とも民間の団体の認定資格となります。

認知症介助士は1つの試験のみですが、認知症ライフパートナーについては3級から1級まであります。

どちらも受験資格は特に必要ありません。(認知症ライフパートナー1級についてのみ2級合格者が要件となります。)

ですから介護職や医療職以外の人でも、受験可能な資格となります。

大きな違いは、資格を認定する団体が違うということです。

認知症介助士を取得できる公益財団法人日本ケアフィット共育機構は、誰もが暮らしやすい共生社会を目指して、1998年から活動を続ける団体で、他にも防災介助士やサービス介助士など、介護職以外でも要介護者に関わる可能性がある接客業やサービス業などの方に有益な資格を主催しています。

2014年4月、内閣府による認証を受けています。

それに対して、認知症ライフパートナーを取得できる一般財団法人日本認知症コミュニケーション協議会は、認知症に関する調査・研究、人材育成など、普及・啓発を行う団体です。

しかし認知症に対する理解といった点については共通する部分もありますので、どちらの団体の資格を学ぶかといったことについては、その人の目的やライフスタイルに合わせて選択するよいでしょう。

団体の違いにより取得できる資格が違うけど、認知症に対する理解といった部分については共通点もあります

結局のところ、認知症介助士は就職に有利なの?

認知症介助士は民間の団体の認定試験となります。したがって、こちらの資格取得だけで特別に仕事を行うといったものではありません。 しかし、まったく認知症のことが分からない、初めて勉強するといった時のきっかけとなるので学びやすい資格と言えるでしょう。とくに家族や知り合いで認知症がいてどういった対応をすればいいか分からないなど、この資格を取得するために学ぶことで、認知症の方とでも無理なく普通に接することができるでしょう。 認知症などで孤立している人でも、他の人と同様に生活するための橋渡し的な役割ができるかもしれません。

この部分を中見出しの内容に合わせて書き換えてください。上記の内容に加えて下記のポイントを整理してまとめると、よいまとめ文になり、この資格が介護の仕事をするうえでどのようにプラスになるのかイメージが付きやすくなると思います。

〇この資格自体は認知症に関する専門知識や介護技術を証明するものではない

〇この資格単体では就職に有利とはいえない

〇どちらかというと介護職になるための資格というよりはサービス業や接客業、公的機関職員、地域団体の役員、民生委員など認知症の方に関わる機会が多い方が+αとして副次的に取得する性格の資格

〇ただし、初任者研修(旧ヘルパー2級)などの資格なくても採用試験を受けられる特養などの施設もあり、その場合は認知症への関心や理解を持っている心象を与え有利に働く

〇初任者研修や実務者研修を終えて就職する方には+αとして有効な資格になる

〇仕事に就いたあとは認知症介護実践者研修や認知症対応型サービス事業管理者研修などのキャリアアップ上必須な専門研修があるが、この資格を持っていると就労先での心象が有利に働くため優先的にこれらの専門研修を受けさせてもらえる可能性がある。そういう意味ではキャリアアップの副材料としては有利とも言える

始めから専門的なものを学ぶと難しくなってしまうけど、取り組みやすく、学びやすいものから始めることで社会貢献や就職時に有利となります