1. ホーム
  2. 介護職に関する資格
  3. ≫介護福祉経営士の資格とは?取得方法や勉強方法も紹介

介護福祉経営士の資格とは?取得方法や勉強方法も紹介

この記事の監修者 池田 正樹(介護支援専門員 介護福祉士 社会福祉主事)
池田 正樹 山形県出身。大学卒業後、約14年間福祉の最前線で活動している。介護支援専門員、通所介護・有料老人ホームの生活相談員、認知症対応型共同生活介護の介護員、福祉用具専門相談員、訪問介護管理者等を経て、現在は特別養護老人ホームの介護員として勤務。障がい者・児の資格もあり、福祉全般に幅広く経験・知識を持つ。 続きを読む
介護の資格も様々ありますが、介護福祉経営士とはどういったものでしょうか。 またどういう風に活用すべきものでしょうか。 資格の説明とキャリアアップ像などについてご説明しましょう。

介護福祉資格

介護福祉経営士はどういったもの?

介護福祉経営士とは、民間の団体の資格になります。

特に福祉業界の経営などについて、介護の知識はもちろんですが、施設を運営するために必用とされる会社などの経営管理、人材管理教育などに精通した人材の育成の為の資格といえます。

施設管理者やそれを目指す人、また将来的に独立を考えている人や介護業界をサポートしている企業などの方などが、介護施設運営をより専門的にできるような知識の習得の為の試験ということになります。

介護福祉経営士には2級と1級があります。

1級の受験については2級の資格を取得済みであることが要件になります。資格の主催は一般社団法人日本社会福祉経営人材教育協会です。

※試験合格だけでなく、登録作業が必要であるようでしたので、それに合わせて表記を修正しました。

根拠:http://www.nkfk.jp/acknowledge.html

※参照一般社団法人日本社会福祉経営人材教育協会「介護福祉経営士」

比較的新しい民間の資格です。将来独立して施設を経営したいと考えている人は取得しておくとよいでしょう。

介護福祉経営士はどのくらい難しいの?

2級の難易度は?

http://www.nkfk.jp/pdf/press_20171212.pdf

http://www.care-news.jp/news/social/_52_69_1152_7074404230265019479042263025151311_695257_21.html

を参考に作成お願いします。

1級の難易度は?

上記同様のサイトを参考に作成をお願いします。

介護福祉経営士資格の勉強方法は?

介護福祉経営士の受験科目を参考に勉強するのが良いと思われます。

※参照「介護福祉経営士2級」 資格認定試験概要

経営的な科目と社会福祉の概論、介護の概論、介護実務といった幅広い範囲のものになります。

テキストなどについては、一般の書店で見つけるのは難しいかもしれませんので、日本社会福祉経営人材教育協会でテキストが販売されていますのでこちらを参考にして勉強するのが良いのではないでしょうか。

※参照日本社会福祉経営人材教育協会「推薦テキスト」

※上記の勉強方法を説明する項目について、下記のように修正お願いします。

試験にはどのような問題が出るの?

http://www.nkfk.jp/segment.html

上記URLを参考に作成してください。当該サイトに示されている表で示した方が分かりやすいかと思います。

お勧めのテキストは?

介護福祉経営士テキスト

http://www.jmp.co.jp/kaigofukushikeiei/

上記URLを参考に作成してください。 公式サイトで推薦されているものであること、2級で使用するのが基礎編テキストのみ、1級になると実践編まで使用すること、他に介護福祉経営士試験に対応していることを謳った書籍は発行されていない点を説明お願いします。

インターネット上での学習(2級限定)

http://www.jmp.co.jp/kaigofukushikeiei/practice/index.html

上記リンクから2級の力試し問題に挑戦できる旨添えて説明お願いします。

試験について

平成28年度の試験については、申し込みが8月2日から10月6日で、試験の実施が11月13日です。

だいたい、夏と冬の年2回実施されているようです。受ける受験に合わせて、テキストを参考に勉強することになるでしょう。

試験の詳細については、ホームページを確認して下さい。試験については、実際の介護事務などの範囲もあり、ケアマネジャーや介護福祉士、社会福祉士の試験など関連するところもあるようですね。

択一式、40問の試験で試験時間は1時間となります。

※公式HPを確認したところ、現在は上記と比べ大幅に試験方法が変更になっているようです。下記URLを参照し最新情報に修正お願いします。

http://www.nkfk.jp/cbt_info.html

 

 

新しい試験なのでテキストなどが限られています。 問題集などもまだ少ないです。

介護福祉経営士で自分のキャリアアップに!

介護の施設管理や経営といった部分の試験ですので将来的に施設長を目指す人や独立して事業所を経営したいと考える人にとっては勉強になる資格です。

介護の現場のサービス以外に、人材管理、経営といった範囲もある為、スキルアップになる試験です。

民間団体の試験ですが、介護業界で働く人やそのサポートの企業で仕事をしているについても、介護業界といったことをしっかりと勉強できる資格です。

比較的新しい試験の資格ですが、自分のキャリアアップにつながる資格と言えます。 介護福祉経営士の資格は無意味という意見もあるみたいだけど資格があるには越したことはないですよね。

介護福祉経営士のまとめについて

新しい民間の資格ですが、経営の立場の介護の資格ですので、現場仕事以外の知識を学ぶ機会にもつながります。 現在、介護士やケアマネジャー、サービス担当責任者として働く人にとっても、自分の将来につながる試験であり資格のひとつと言えそうです。 現在始まったばかりですので、将来的に注目される資格のひとつになるかもしれませんね。 2級については受験資格などがなく、だれでも受験することができます。 介護以外にも幅広い知識の勉強の為にも良い資格などではないでしょうか。 ケアマネジャーも始めの合格率は高かったので、始めのうちがねらい目の資格といえます。

↓介護師のキャリアアップを考える↓

介護士のキャリアアップ まず何からはじめたらいいの?

※一部の施設の管理者となるためには特定の研修が必要であるものもありますので、参考情報として記述してはどうでしょうか。参考URL http://www.kourei-c.jp/contents/hp0024/index00170000.html