1. ホーム
  2. 介護職に関する資格
  3. ≫介護業界の超重要資格!!現場以外でも活躍できる介護福祉士のススメ

介護業界の超重要資格!!現場以外でも活躍できる介護福祉士のススメ

この記事の監修者 池田 正樹(介護支援専門員 介護福祉士 社会福祉主事)
池田 正樹 山形県出身。大学卒業後、約14年間福祉の最前線で活動している。介護支援専門員、通所介護・有料老人ホームの生活相談員、認知症対応型共同生活介護の介護員、福祉用具専門相談員、訪問介護管理者等を経て、現在は在宅の要介護者を支援する介護支援専門員として勤務。障がい者・児の資格もあり、福祉全般に幅広く経験・知識を持つ。 続きを読む
介護業界全体的に人手不足と言われいますが、実際に就職する時にはどうでしょうか。国家資格である介護福祉士の資格は就職に有利なものでしょうか。また介護現場以外でも通用する資格なのでしょうか。

介護福祉士資格

介護福祉士ってどんな資格?

https://kaigo-shigoto.com/lab/archives/6273#i-4内“の介護業界でただひとつ!? 国家資格「介護福祉士」とは”を参考に作成してください。

介護福祉士の仕事内容

 身体介護

 家族との相談役

 社会参加への支援

 チームリーダー

https://www.nippku.ac.jp/license/cw/work/を参考に作成してください。

介護福祉士の資格があれば、介護現場ではほとんどすべての業務を行うことが出来ます。重宝される資格なので、同じような条件の人が受験にきた場合は資格がある人の方が優先され

介護福祉士からのキャリアアップルートとは?

 サービス提供責任者

 ケアマネジャー

 看護師

 管理者

 独立

https://kaigosyokuyametai.com/kaigohukushishi-kyariaupを参考に作成してください。

介護福祉士の上位互換!?認定介護福祉士とは

 認定介護福祉士とは

 認定介護福祉士と介護福祉士の違い

 資格としての違い

 仕事内容の違い

 必要な実務経験の違い

 待遇面での違い

https://www.acpa-main.org/kaigofukushishi/nintei.html#1を参考に作成してください。

介護現場以外でも重要?介護福祉士のニーズとは

 養成学校の教員

 実務者研修の教員

 初任者研修の講師

 福祉系高校の教員

https://www.acpa-main.org/kaigofukushishi/shigoto.html#dekiruを参考に作成してください。

 

 

他の業界の転職の時に介護福祉士の資格は有利?

率直にいって、転職する業界や仕事の内容によって異なります。

まったく畑違いの業界の場合、転職などの面接などでは希望の業種と職種に今までの経験を利用してさらに転職後の仕事に生かすことができると筋道建てて説明できるのであれば良いのですが、一概に「介護福祉士」イコール有利といったことではないのかもしれません。

介護福祉士の資格を生かすことができる仕事であれば、有利かもしれません。

例えば接客業などで障害者や高齢者が多い場合などはそういった人の対応が生かせるといったものや、旅行や旅のガイドであっても障害者や高齢者専門であれば、細やかな配慮ができたり、そういった人や家族の方が喜ばれるプランを立てたりすることが出来るなどといったメリットがあります。

要するに介護福祉士の資格が絶対的な有利なポイントというよりは、介護業界で仕事をしてきた経験を生かして、次も仕事の場所でも貢献できる。

介護をしてきたことで知らない人は気が付かない視点から見ることができる。

といった経験が面接担当の人に伝えることがポイントではないでしょうか。

※文章を一部訂正しました。

介護福祉士があるから絶対的に有利といったことはありません。資格より経験で貢献できるとしっかりアピールできる方が重要です

介護福祉士の資格があると仕事に困らない?

介護福祉士の資格があると仕事に困らないものでしょうか。

確かに、介護現場は慢性的な人手不足なので他の業種よりも就職しやすく、また資格があることで広がるといった事はあります。

そのように考えれば、介護福祉士の資格があると仕事に困らないということになるのかもしれません。

しかし、希望とする内容や待遇といったものがあるので、資格だけでは解決できないものもあるかもしれません。

介護福祉士を持っているが介護の仕事に就いてないという方も多く、ニーズ自体はあるものの、個人の資質を問われる資格でもあるのです。

確かに介護業界では有利な介護福祉士ですが、資格以外にも経験といったのも必要になります

まとめ

介護福祉士の資格があると、特に介護業界現の場で働く場合は非常に有効で有利な資格と言えます。

単純に介護の仕事ができるという観点では、有利で困らないということが言えるのかもしれません。

しかし、どの仕事も資格だけでは不充分なことも多く、本当に資格があると絶対に困らないかと言えば、一概にそうとも言い切れません。

介護福祉士は国家資格ではありますが介護業界では本当の意味でスタートラインに立てるという意味合いの資格になっています。

正社員になるためには介護福祉士が最低条件という法人も少なくなく、介護福祉士に合格したら万々歳という資格ではありません。

資格も大切な部分の一つですが、それについての経験や知識といったことについても大切になってくるでしょう。

介護業界であれば、資格プラス今までの経験と実績で次の転職先で貢献できる具体的なところのアピールとキャリアアップの為の転職といったことで良い結果が得れるのではないでしょうか。

他の業種であれば、今までの介護職の経験を踏まえた上で、さらに違った他業界ではこれらの経験をどのように活かしてどのように貢献できるか、といったところのアピールが重要です。

介護福祉士は有効な資格ですが絶対的な資格ではないのです。

※一部文章を訂正しました。

 

↓介護士の資格をとるならシカトル↓

シカトルで簡単一括資料請求!介護、福祉、医療の資格講座を受けたい人に評価されるサイトの秘密とは!?