1. ホーム
  2. 介護の職種
  3. ≫地域密着サービスは利用する価値がある?

地域密着サービスは利用する価値がある?

地域密着型サービスといたものどういったものでしょう。高齢者が住み慣れた場所で済み続けることができるようにと考えられたサービスです。でも、いまいちよくわからな部分があると思いますので、改めて簡単ご説明しましょう。

地域密着サービス

地域密着型サービスってどんなもの?

地域密着型サービスとは2005年の介護保険の改定の際にできた新しいサービスモデルのひとつです。
平成18年4月から実施されています。
高齢者が住み慣れた場所で過ごすことができるように、医療、介護、行政などの関連機関が一体となって途切れることなくスムーズに必要とされるサービスが行われるように、住んでいる地域内で行われるものです。
サービスの公平化と公正化を目指した制度です。中程度の介護状態であっても地その人にあった細やかなサービスを行うことによって住み慣れた家で過ごすことができるといったものです。

具体的なサービスとしては、2005年から数年ごとに改定があり、利用できるサービスなどが増えています。高齢者の方ですので、できる限りなれた所でのサービスなどが好ましいとされる為、小規模多機能や看護付きの小規模多機能型居通所護や看護付小規模多機能型通所介護といったようなひとつの施設内でそこに通うデイサービスとしてと、ショートステイとしての数日の滞在も可能な施設の利用といった事が出来る施設の利用や夜間対応型訪問介護といったように、高齢者も体調の変化や心の変化などに対応して施設についても利用人数は少ない設定のものなどがあります。

利用については、ケアマネージャーと相談のうえ、どういった所でどういったサービスを受ける必要性があるかを考えてながら使用していくことになるでしょう。

※参照厚生労働省「地域密着型サービスの創設」

地域密着型サービスにはいろいろあるカモ。

地域密着サービスを利用するには?

地域密着サービスを利用するには、介護保険の認定を受けて、その後担当のケアマネージャーと相談して利用するどういったサービスを受けるべきかを考えることになるでしょう。
従来の居宅サービスの中で訪問介護や通所介護などを組み合せて利用する方が良いのか?といったことについては、利用される介護助者と介護者について良いと思えるサービスを考え、地域密着型のサービスを受ける必要があるのです。

特に、小規模多機能型通所介護、看護小規模多機能型通所介護を受ける場合は、通所介護や訪問介護、訪問看護、訪問入浴介護、短期入所生活介護などの居宅サービスを受けることができなくなる為、例えば、小規模滝坊型の通所介護でデイサースには満足いくものであっても、ショートステイとしては合わない場合でも、ひとつの所で利用する必要性があります。

こういったところを考えながら地域密着型のサービスの受ける必要性があるのか現状どんなサービスが必要か考えて選ぶと良いカモ。

地域密着型サービスのメリットとは?

居宅サービスを利用する場合、訪問介護や通所介護、訪問入浴介護、通所リハビリなどといったそれぞれのサービスを選ぶことが出来ます。
たくさんある事業所の中から選ぶことができる反面それぞれ違う為、それぞれで契約をする必要性があり、また、それぞれのサービスの担当者が違ってくる為、情報の共有なども大切になります。

しかし、小規模多機能通所介護を利用すると,一つの所で通所、訪問、ショートステイの内容のサービスを受けることができ、馴染みの職員で安心感があります。
しかし、もし今まで居宅サービスを利用している場合、今迄の担当のケアマネージャーとは違う人になります。地域密着型サービスでの施設については人数の施設ですので家庭的でなじみやすいといったことがあるかもしれません。

特に認知症の人にとっては少人数の為、落ち着いた感じがあり、なじみやすいと考えられます。また介護を行う家族も安心感があります。
また、地域密着型サービスとして定位巡回型訪問看護や夜間対応型訪問介護などは従来の居宅サービスの訪問介護でできなかったことが対応される為に介護の状態によっては必要なものとなります。

地域密着型サービスの良い所と介護状態が会えばいいサービスになるカモ。

地域密着型サービスについてのまとめ

高齢者ができるかぎり住み慣れた場所で暮らせる為のサービスとして発足されました。
介護状態によっては利用できることで介護を行う家族にとって肉体的、精神的負担が軽減となるだけではなく、利用者の高齢者自身も安心してサービスを受けることができるものではないでしょうか。

今後も地域密着型のサービスについては改善されるところがあると思われるので、そのつど担当のケアマネージャーと相談の上現状にあわせた最善のサービスを受けることができるのではないでしようか。

これから先も期待できるサービスなのカモ。これもひとつのレスパイトケアの1つカモ。

現場レポート

実際に通所サービスを利用されている利用者を見て地域密着サービスを選択した方についの感想

私は通所サービスの職員です。利用者の方が現在利用しているサービスで家族の方も限界になったと感じた時、選択肢のひとつが地域密着型サービスのひとつの小規模多機能通所介護の利用になります。
特に、家族の方が介護に行き詰った様子がある場合などが多くあります。
ショートサービスも利用できる点が大きいかもしれません。
また、施設も人数が少ないといったことで利用者の方が落ち着くといったこともあります。また認知症の方で通常の施設で対応が難しいケースでも受け入れてもらえる可能性があるからです。
家族の方も介護する上で、少し余裕が出てくると介助者に対する接し方が変わってくる為、認知症の症状が落ち着くといったことがあります。
地域密着型サービスには在宅介護を行う上でで家族の方の介護の負担の軽減と利用者自身の安息の場所といったメリットとがあるようです。
しかし、他の通所サーサービスなどの利用ができなくなるのと、ケアマネージャーの担当が変わる為、その後どうなったかわからないといったこともあり、職員的には少し寂しいとこがありますが、新しい場所で落ち着いて生活できることいつでも期待しているのが現場の職員としての本音ではないでしょうか。