1. ホーム
  2. 介護職転職の基礎知識
  3. ≫ケアマネージャーが転職する時の注意点とポイントとは

ケアマネージャーが転職する時の注意点とポイントとは

ケアマネージャーの転職は現場選びが重要になる!

ケアマネ転職

ケアマネージャーとして働く人の中には、現状に対して不満を抱いている人もいるかもしれません。そこで他の事業に転職を考えた際、どんなことに注意するべきなのでしょうか。また介護職からケアマネージャーへはじめて転職する場合の注意点はあるのでしょうか。ご紹介していきましょう。

ケアマネージャーへ転職する時の注意点とは

ケアマネージャーの仕事内容は大まかには決まっていますが、事業所や施設によって少し違いもあるでしょう。そこで転職する際には、どのような事業所でケアマネージャーをしたいのかを考える必要があります。

まず在宅介護のケアマネージャーとして仕事をするのか、介護施設のケアマネージャーとして仕事をするのか、といったと点でも大きく違うでしょう。自分の中でケアマネージャーとしてどのような形で仕事がしたいのか、キャリアアップはどう考えているのか、そうした希望がはっきりしていないと、転職した時に戸惑いがあるかもしれません。

居宅介護事務所の場合

 
居宅介護支援事務所は、事業所の規模によってケアマネージャーが一人しかいないところもあります。経験が浅く、一人では不安と思う人には2~3人ケアマネージャーが常駐している事業所などで働くと不安も少ないかもしれません。

介護施設の場合

 
介護施設のケアマネージャーの場合、居宅と違ってケアプランを作成する人数が多くなること、また介護施設によっては介護職と兼任の可能性もあるため、業務内容の確認はしっかりとした方が良いでしょう。

ケアマネージャーが必要とされる場所は、居宅介護支援や介護施設以外にも地域包括支援センターなどもあります。さらに介護施設にも老健や特養、有料老人ホーム、グループホーム、小規模多機能型居宅介護などもあり、その施設によって仕事の違いがあります。

事前に求人などで情報を確認し、面接でケアマネージャーが兼務するような業務の有無やその他不安に思っていることなどを確認すると良いでしょう。またケアマネージャーの代表的な仕事であるケアプランの作成や、各種申請業務以外のさまざまな業務もあります。

うまく調整しながら業務をこなすことができるのか、転職先は今とどういった違いがあるのか、といった確認が大切なことなのカモ。

ケアマネージャー未経験の場合の転職の注意点とは

介護の現場職からケアマネージャーに初めて転職する場合については、特に注意が必要となるでしょう。介護の経験はあっても、ケアマネージャーとしては新人となるからです。

ケアマネージャーの仕事は上記した通り、居宅か施設かなど、働く事業所によって大きく違います。例え研修を受けていても、実際に現場で働くと研修で学んだこととはいろいろと違う点があるかもしれません。小さな事業所の場合はケアマネージャーが一人のこともあるので、未経験の場合はできれば他にもケアマネージャーがいる事業所や施設の方が安心かもしれません。

またケアマネージャーは、利用者以外に家族との付き合いもとても重要になります。介護を必要とする利用者と家族、そして介護を実際に行う事業所や施設などとの橋渡しの役割があるのです。

自分でうまく時間管理を行うことも必要ですので、初めて働く事業所では仕事内容について、未経験でも出来るものなのかと確認しておくと良いでしょう。

ケアマネージャー未経験の場合は、フォローや研修対応などがあるかどうかも合わせて確認するといいカモ。でも不安である事を言いすぎるのもマイナスなので、前向きな姿勢も必要カモ。

ケアマネージャーの転職での大切なポイントとは?

基本的なケアマネージャーとしての仕事は変わりませんが、その施設によって考え方や人間関係が違います。それにより、仕事のやりやすさの違いがあるかもしれません。また併設する施設によっては、その手伝いを行うこともあるかもしれません。そのため自分が目指す方向性なども考え、転職先を選ぶことが大切です。目先の給与の高さだけでは判断することが出来ないこともあります。

ケアマネージャーとして初めて転職する場合は考えていたものと実際の仕事内容にギャップが起こらないよう、自分自身が適正しているかどうか、じっくり考えてから判断してみましょう。

新しい施設など、経営方針が定かではない場合は、どうすればいのか迷うこともあるカモ。ケアマネージャーが必要とされる仕事は同じでも、人間関係で悩むことがあるのカモ。

ケアマネージャーが転職する際の注意点とポイントのまとめ

 
ケアマネージャーの業務は、基本的にどこの事業所もかわりません。しかし事業所の経営方針によって、利用者に対するケアプランの在り方が異なる場合があります。また事業所によっては、ケアマネージャーが1人の場合もあります。相談したくてもする相手がおらず、経験が浅い人は大変な思いをすることもあるでしょう。併設する施設などがある場合は、ケアマネージャーの業務以外の仕事を手伝うこともあるかもしれません。

上記のような場合を考えて、転職する場合には具体的にどのような仕事を行っているのか、可能であれば見学をして、面接の際に質問してみるなど、情報収集することが大切でしょう。

人間関係については実際に入ってみないと分からない部分が多くあるので、転職前に具体的なケアマネージャーして仕事の内容のことも少し聞いてみるといいカモ。