1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫男性介護士が転職する理由とは?

男性介護士が転職する理由とは?

男性介護士が転職するメリット・デメリット

男性介護士の転職

最近では介護現場でも多くの介護士の男性が働いています。しかし少数派である男性介護士が転職する理由とは、どのような理由でしょうか。

  • 給与が少ないので将来が不安
  • 女性中心の環境で、精神的に疲れる
  • 力仕事を押し付けられる
  • 介護職としてのキャリアアップ
  • 夜勤や勤務体系の改善がなく身体的に疲れる
  • まとまった休みが取れない

上記のように、かご現場特有のさまざまな悩みを抱えて転職を意識する人が多いようです。

そこで今回は、男性介護士が転職を考えるうえでのメリット・デメリットについて、詳しく紹介していきましょう。

男性介護士の転職のメリット・デメリットとは

男性介護士が転職をすることで抱えるメリットとデメリットとはどのようなものがあるでしょうか。

男性介護士が転職するメリット

  • 職場環境が変わり、新たな気持ちで仕事に取り組める
  • 転職で給与がアップする
  • 新しい職場で前職のしがらみがリセットされる

男性介護士が転職するデメリット

  • 一から仕事を覚え直す手間がかかる
  • 期待感がある分、プレッシャーになる
  • 待遇が求人票とは違う場合がある
  • 人間関係については入ってみないと分からない

 
男性介護士が介護業界内で転職する場合は、新しい職場で即戦力と期待されるでしょう。女性が多い職場では男性は貴重な存在です。利用者によっては、身の回りの世話をするのが男性が良いという場合もあるからです。

しかし転職すれば最初から仕事を覚え直し、利用者の方との信頼関係を一から築く必要性があります。

また新しい職場は女性が多いところであった場合、男性に対する大きな期待が逆にプレッシャーとなることもあるでしょう。そして介護の技術などで意見の相違もあるかもしれません。

男性介護士が転職すると、給与面や待遇などが良くなるメリットもあるかも。でもデメリットの部分については、実際に転職しないと分からない部分が多くあるのカモ。

介護現場の環境が理由で男性介護士は転職する?

上記したとおり男性介護士が転職する最大の理由は給与や待遇面ですが、他にも結婚や子どもの進学、介護の現場の環境などの理由で転職したいと考える人が多いようです。

介護現場の多くが女性が多い職場で女性優位の環境であるため、どうしても職場の女性の意見が通りやすいのです。時には疑問に思うこともあるでしょう。

特に介護現場で長く勤務している女性の中には、現在働いてる施設以外に勤務経験がない人もいるかもしれません。そのような場合は、この職場独特のルールや仕事の進め方などがあり、馴染むのは少々大変なこともあるかもしれません。

職場の環境や人間関係のもつれから、精神的に疲れてしまって仕事への意欲が出ず転職をすることもあるのカモ。

男性介護士の転職する理由についてのまとめ

男性介護士の転職する理由は、一番多いのは給与の待遇面での転職です。現在の生活面での不安や、結婚や子どもの進学をきっかけに転職を考えることが多いのでしょう。

男性の場合、主な収入源の担い手となるため、その収入部分で将来設計を建てることに不安を感じると介護の仕事自体が好きであっても、介護業界以外での転職も視野に入れての転職活動ということが多いのです。

他にもその年齢などに応じて、ステップアップできる職場を求めて転職を考えることがあります。自分が将来どのようになりたいかをしっかりと考えて、その希望をかなえることが出来る職場を探して転職することが必要です。

そのような転職ができれば介護職してのスキルアップもでき、また給与面でも満足のいく転職となるのではないでしょうか。

施設勤務の男性介護士の数も多くなってきていますし、結婚して子供のいる男性の介護士も多く活躍しているカモ。

自分の働いている施設では、男性介護士はどのような働き方をしているかしっかりと確認することで、現在の職場でのキャリアアップを目指すか、転職をしてキャリアアップを目指すのか決めることが出来るでしょう。