1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護業界内での転職のよくある理由や転職時の注意点・心構えなどご紹介します

介護業界内での転職のよくある理由や転職時の注意点・心構えなどご紹介します

この記事の監修者 池田 正樹(介護支援専門員 介護福祉士 社会福祉主事)
池田 正樹 山形県出身。大学卒業後、約14年間福祉の最前線で活動している。介護支援専門員、通所介護・有料老人ホームの生活相談員、認知症対応型共同生活介護の介護員、福祉用具専門相談員、訪問介護管理者等を経て、現在は在宅の要介護者を支援する介護支援専門員として勤務。障がい者・児の資格もあり、福祉全般に幅広く経験・知識を持つ。 続きを読む
介護士が同じ業界で転職するときの注意点とは!?

介護業界内転職 現在、介護職に勤務している人の中には、同じ業界内での転職を考えている人もいるでしょう。

しかし、いざ介護職から介護職に転職する際、その転職理由など気になる点も多々あります。

そこで今回は、その転職理由や施設側や企業側にはどう見えるのか、また転職時に気を付けたい点などを詳しくご紹介していきましょう。

同じ業界での転職理由について

現在、介護士として勤務している場合、同じ業界に転職を方の多くは「介護の仕事が嫌ではない」ことが多いです。

そこで介護業界内で転職を考える人の理由としては、以下のようなものがあげられるでしょう。

  • 現職の劣悪な環境から抜け出すための転職
  • 介護の仕事は好きだが、嫌な人間関係をリセットしたい
  • ステップアップのために転職

  介護現場の中にはブラックと呼ばれる現場も多いでしょう。

こうした環境から抜け出すために、別の介護施設で働くことを視野に入れている人も多いです。

また介護業界はサービスが細かく区分されており、介護対象者に応じて業務内容もさまざま。

そのため同じ業界で別職種に就くことは、多角的に物事を養う力を備えられます。ステップアップとして、再び介護業界への転職を検討する人も多いのです。

意外とマイナスにならない?業界内での転職のイメージとは

https://joboole.jp/archives/kaigoshoku-tenshokuの“介護職で転職する人は多い?”を参考に作成して下さい。

転職のためにやっておくべきこと

運営母体の違いによるメリットデメリットを理解しておく

サービス種別毎に違う業務内容を理解しておく

将来自分がどうなりたいかを考える

理想の働き方をイメージする

資格を取得する

https://joboole.jp/archives/kaigoshoku-tenshokuを参考に作成して下さい。

転職時に注意すべきこと

ブラック企業は存在する

腰痛がある場合の働き方について

希望以外の勤務を勧められたときの対応

転職先の職員の勤続年数を確認する

福利厚生や待遇について

運営母体が別業種のとき

https://joboole.jp/archives/kaigoshoku-tenshokuを参考に作成して下さい。

 

転職時に持っておくべき心構え

 人間関係が大切

 他者の批判をしない

 自分の介護観を押し付けない

 自分の主張をし過ぎない

 経験豊富でも、新しい職場では1年生

http://stepup-career.com/change-jobs/attitude/を参考に作成して下さい。