1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護の経験を活かして介護職を目指すには?

介護の経験を活かして介護職を目指すには?

介護の経験を活かして介護職を目指すには?

家庭介護の経験

高齢者が増える現代では、家庭で家族を介護する人が増えています。こうしたきっかけで、家族介護の経験を活かし、現場の介護士として活躍できないだろうか?と考える人もいるでしょう。

そこで今回は、家族介護経験者が介護現場で活躍する方法や、その注意点について、詳しくみていきましょう。

家族介護が活かせる介護業界の現場とは

家族介護の経験が活かせる介護業界の職種は、介護士だけでなく、さまざまなものがあります。

例えば

  • アマネージャー
  • サービス提供責任者
  • 生活相談員

 
といったものがあげられるでしょう。実際の介護経験が、介護計画作製、介護相談など、いろいろな立場となって役立つこともあります。

介護経験がある人に向いている介護職種とは?

介護経験のある人は、どん職種を目指すといいのでしょうか。

まず前述で紹介したアマネージャーや生活相談員は、実際の現場経験が必須となるため、未経験からはじめることはできません。そのため家族介護の経験がある人も、介護現場で働くことからスタートとなります。

そこで現場からのスタートだとしても、介護施設や訪問介護など、どちらにおいても自分の経験を活かすことはできるでしょう。

どちらの現場も家庭で介護経験があるので、実際のサービスで活かすことができますね。さらにプラスアルファとして、

  • 訪問介護…決められた時間内に一人で介護する
  • 介護施設…周りのスタッフと連携する

 
上記の点が求められます。現場によって、その細かい特徴は異なるので、どちらが自分に向いているのか事前にゆっくりと検討してみましょう。

家族介護の経験を活かして就職するときの注意点

介護経験を貸して就職を考える際には、事前に確認しておきたい注意点があります。以下で詳しくみていきましょう。

  • 介護経験があることを自慢する
  • 自分の経験だけで現場の仕事にすべて当てはめる
  • 介護経験があることで自分中心の意見になる

 
介護経験があるといっても、介護士としてはプロではありません。

上記のように自分の経験を過大評価してしまうのは、注意しましょう。実際に介護士として働く際は謙虚な気持ちを忘れず、仕事や技術の向上に取り組む必要があるでしょう。

介護経験を活かして介護職を目指すことのまとめ

介護経験のある人が介護士を目指して面接を受ける際、自分の経験を現場でどのように活かせるのか、その経験を前向きに伝えることで好印象を与えることができるでしょう。

家族介護をきっかけに介護職を目指すことは、多くの施設でも歓迎される人材でしょう。しかし自分の経験はあくまでも一礼に過ぎません。現場では、さまざまなイレギュラーケースが発生します。

まずは実際に介護業界へ飛び込んで、その実情を知ることで、今後の技術や知識を広げる糧に繋げて行きましょう。そうすることでプロの介護士としても誇りを持てますね。