1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護職ボーナスはいくら?

介護職ボーナスはいくら?

介護職のボーナス支給額について

介護職のボーナスについては、職場での勤続年数や役職、施設によっても違ってくるようです。勤務先の事業所の仕事内容や、施設の種類によってもボーナス額に違いはあるでしょう。

例えば施設勤務と訪問介護の場合、一般的に訪問介護の方が勤務日数も少なくなりますし、正社員も少ないのでボーナスの額も異なります。

また同じ訪問介護であってもサービス提供責任者であれば、ボーナスも普通の訪問介護の正社員よりは多くもらえるでしょう。このように役職や仕事の内容、施設の違いによっても差が出るようです。

さらに民間が母体の企業などでも、経営状況によって差が出る場合もあるようです。

ボーナスは年2回、夏と冬に出ることが多く、給与の2か月分くらいというのが多い傾向にあります。ボーナスの査定については、基本給をベースとして考えますので手当の分は省いて計算されます。

しかし母体が民間企業である場合などは、実績によって賞与の有無があるようで、求人票の記載には夏と冬にボーナス支給があると記載があっても、実際には出ていないというケースもあります。ですので、実際に勤務してからガッカリしてしまうこともあるかもしれません。

介護員のボーナス額の平均は、20万円位~40万円くらいだといわれています。それが年に2回あるということです。

ボーナスが出る事業所と出ない事業所などもあるので単純に比較できないと所があるのカモ。

ボーナスがでないケースとは

上記したとおり、ボーナスが出るのは基本的に正社員だけです。契約社員やパートは、ボーナスは出ないのです。たとえ国家資格である介護福祉士の資格を持っていても、パートや契約社員であるならばボーナスはありません。

では正社員であれば必ずボーナスがあるのかといえば、必ずしもそうとはいえないようです。

ボーナスというのは事業所の実績がベースとなっており、利益が出ればボーナスとして出るのですが、利益が出ないとまったく無しとなってしまうのです。ですから求人票の記載にはボーナス支給があると記載していても、実績配分で出ないこともあるのです。

正社員であっても、事業所の利益などの業績によってはボーナスが出ないこと、または支給があったとしても少額である場合があることを頭に入れておくと良いでしょう。

介護職のボーナスを増やすには

ボーナスの金額を増やすためには、どうしたらいいのでしょうか?手始めにまずはボーナス配当がある事業所であるか、そしてボーナス支給の実績がある事業所であるかということを確認してみましょう。

次にボーナスの金額はどうしたら増えるのかを考えてみましょう。ボーナスというのは上記しましたが、基本給がベースとなっています。そのため基本給があがればおのずとボーナス額も上がるはずなのです。

ではどうしたら昇給できるのでしょうか。一般的にはその事業所での勤務年数や就いている役職などによって変わってきます。経験年数というのは努力で増えるものではありません。

しかし役職についてはさらに資格を取得するなどすれば、昇進できる可能性もゼロではありません。

ですがそれにしても、すぐに結果に結びつくわけではありません。ボーナス額をあげる一番の近道は、「ボーナス支給があり、しかも額の高い事業所に転職する」ということです。

経営母体が社会福祉法人や医療法人などの事業所は、比較的にしっかりとしているようです。

介護職のボーナスについてのまとめ

介護職のボーナスについては、勤務している施設や仕事の内容、そして役職によって大きく違いがあり支給額にも幅があるということがいえそうです。

正社員の登用が少ない訪問介護より施設介護の方がボーナスの支給率が高く、施設の母体によって違いもあります。

ボーナスの支給額は、大体の目安が給与の2、3カ月分ほどではありますが、1カ月分の10万円くらいといった、少額支給のところもあるようです。給与の2、3か月分支給される場合、年間合計は、約40万円~80万円くらいとなります。

もちろんあくまでも目安ですので、それ以上の事業所もあれば少ないところもあるでしょう。

介護職のボーナスは、給与の2カ月分以上のところもあれば、寸志並みしかもらえないことも無いといったものも多くあるので、事業所によって差が大きいのが現状なのです。

現場レポート

私が現在働いている事業所のボーナスについてご説明しましょう。

私の勤務先のボーナスは、正社員については賞与として支給がありますが、社員の等級によって金額が違うようです。(あまり詳しく聞いていないので細かいところは分かりませんが)
私の直属の上司にあたる人が社員ですので、その人のボーナスについては、基本的に基本給与の1カ月分ということのようです。(そこから税金が引かれます)

ちなみに賞与は正社員のみですが、契約社員の私は寸志のような金額ではありますが、少額支給されています。(介護福祉士は取得していますが)2万円ほどの少額のボーナスが、夏と冬に支給されています。

事業所によって大きく違うボーナス事情。就職や転職する場合は、よくよく調べてみること、支給がない、または少額であることをある程度覚悟しておくことが重要となるでしょう。