1. ホーム
  2. 未経験から介護業界への転職
  3. ≫初めて介護業界に転職する方へ

初めて介護業界に転職する方へ

事前の業界について勉強して転職すると安心

初めての介護業界

人の為に何かしてみたい、子育てで少し余裕が出てきた、将来の親の介護の為にと目的は様々ですが、始めて介護で仕事を始めたいと思っている方も多いでしょう。
介護の仕事をする上で、介護をする為に資格が必要かといったこともあります。それでは簡単に介護の仕事についてご説明しましょう。

介護の仕事に資格は必要?

介護の仕事についても様々あります。施設での介護、家庭での介護、病院での介護と様々あります。介護の仕事について、資格が必要、必要なくても仕事ができると大きく2つに分けることができます。

  • 資格は必要ケース→訪問介護(ヘルパー)
  • 資格が無くても良いケース→施設内での介護(介護施設、その他)

となります。しかし、まったく分からない業界で仕事をすることに不安があると思います。
介護職員初任者研修といった研修(資格)を取得することをお勧めします。これは、介護の基礎と呼ばれるもので、座学と実習が約1ヵ程で修了するものです。訪問介護を希望する方にとっては必須です。また将来的に介護福祉士を受験する時にも、介護所員初任者研修を取得していると、介護福祉士の実務者研修や専門学校などで受講する場合に単位で軽減される場合があります。
※介護福祉士の試験基準も年度によって変わる可能性がありますので、自分が受験する年度で最新の情報を確認することをお勧め致します。

介護職員初心者研修のメリットとは?

施設で介護する時には資格は必要なくても仕事ができます。しかし、介護は介助者の状態に合わせた介護方法が必要となってくる為知識がある方が良いと考えられます。
無理に介護使用とすると介助される側も実際介護する側もどちらも負担がかかってきます。一般的に良く聞かれる腰を悪くするといったケースは無理な介護の積み重ねということもあります。また最近では認知症の方も多く、普通の対応では意思疎通が難しいケースも多く、始めての人にとっては混乱と驚きの連続といったことがあるからです。
したがって始めに基礎的な知識を得ることで介護の仕事をする上で不安も少なく、自信をもって取り組めるからです。

始めての勤務についての心構えについて

予想以上に肉体的にも精神的にも慣れないうちは疲れやすい仕事のひとつかもしれません。始めから無理せず、勤務についても、短時間の勤務や少ない日数でのパートタイムから始める良いでしょう。少しづつ自分のペースで仕事に取り組むと負担が少ないでしょう。慣れた後でも勤務の日数などの変更も可能ですので最初は自分の出来る範囲内から始めるのが良いかもしれません。
また最初からフルタイムで勤務希望の方も最初は違った環境ということだけでも緊張感がありますので、最初からうまく介護が出来ないことも焦らず、周りの職員を見ながら技術や手順を真似て自分のものにすることで慣れてくるでしょう。また、介護の方法についても幾つかのやり方などがあり、介護者の体型等よって違ってくることがありますので、こういったことについても現場で学んでいくことになるでしょう。

介護業界以外でもまったく初めてのことは誰でも緊張してしまうことの連続です。最初はあまり無理をせず、少しづつ周りを見ながら介護方法や仕事の段取りを覚えていくと良いと思うカモ