1. ホーム
  2. システム開発
  3. ≫ITスペシャリストの仕事とは?専門分野に特化してプロジェクトにたずさわる

ITスペシャリストの仕事とは?専門分野に特化してプロジェクトにたずさわる

Pocket

ITの上級職を目指すならITスペシャリストで経験をつもう!職人として極めたい人にもおすすめ

スペシャリスト

ITエンジニアの仕事は幅広く、職種もさまざまです。職種ごとに必要なスキルなども異なるので、自分に適した仕事を見つけるためには、それぞれの職種について具体的に知っておくことが大切です。

ITエンジニアの中でも、ある技術についての専門家をITスペシャリストと呼びます。ここではITスペシャリストの仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。ぜひ職種を選ぶ際の参考にしてみてください。

ITスペシャリストはどんな職種?

ITスペシャリストはあるIT技術の専門家をまとめて指す名称です。たとえば、プラットフォーム、ネットワーク、データベースなどそれぞれのスペシャリストをITスペシャリストと呼びます。システム管理やセキュリティなどのスペシャリストも入ります。プログラマーやITマーケターなどはITスペシャリストには含みません。

なお情報処理技術者試験ではさまざまな分野の試験が行われていますが、その中でもネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験はITスペシャリスト関連の試験になります。

ITスペシャリストの仕事って?

ITスペシャリストの仕事は、開発プロジェクトの中で一部の工程に携わり専門スキルを活かして開発に参加することです。プロジェクトマネージャーはプロジェクト立ち上げからリリースまで全てに関わりますが、ITスペシャリストはプロジェクトマネージャーの指示の元で工程の一部に深く関わります。どの分野のスペシャリストでも大半は要件定義からテストまでの工程でプロジェクトに関わることになります。スペシャリストとして開発チームの中では上の立場になることが多いでしょう。

たとえば情報セキュリティスペシャリストなら、セキュリティについてのシステム要件や運用要件を分析し、効率性やコストと信頼性や安全性のバランスを考えて実現方式を決定し開発やテストを行います。

仕事の具体例

具体的な仕事の一例としては、たとえば設計工程に関わっている場合では、プロジェクトの進捗会議に出席して自分の関わっている分野の進捗や課題について報告を行います。同時に他のところの進捗も聞き、自分のところに影響がないかを確認します。

会議から戻ったらメンバーに会議の結果を伝えます。そして会議で出た課題の解決策をチームで検討し、解決策が実現可能であるかを実機で調べたり問い合わせたりします。他システムへの影響や、開発期間やコストについても検討します。

それからプロジェクトマネージャーに解決策の実現性を報告し、承認が得られれば実際の設計作業に入ります。それと合わせて、開発に協力するパートナーとなる会社が入る場合は、役割分担などの打ち合わせも行います。

ITスペシャリストに求められるものは?

ITスペシャリストに必要なのは、とにかくその専門分野についてのスキルです。またどの専門分野のスペシャリストであっても、新しい技術を習得しようとする意欲や最新の技術情報についていく能力などが求められます。IT分野において技術はめまぐるしいスピードで変わっていくので、常に学びを忘れない態度が大切です。また専門を極めるといっても視野が狭くならないように気をつけましょう。

ITスペシャリストの魅力って?

ITスペシャリストの仕事における魅力と言えば、なんといっても特定の分野について知識を身につけどんどん深めていくことにあります。ある分野について職人のようにきわめたいというモチベーションがある人には向いている職種です。

またITスペシャリストの仕事は比較的成果が目に見えやすいという点も魅力です。ネットワークスペシャリストなら実際に構築したネットワークシステム、データベーススペシャリストならデータが蓄積されていく様子など、自分のやった仕事を実感しやすい分、達成感を得られやすいです。

ITスペシャリストのキャリアパスについて

ITスペシャリストにはずっと続ける人とプロジェクトマネージャーやITアーキテクトに転身する人とがいます。職人のようにひとつの専門分野を極めるのか、上級職について専門知識と現場での経験を活かすのか、人により異なります。

プロジェクトマネージャーやITアーキテクトといった上級職を目指すならITスペシャリストとしての経験は大切です。視野が狭くなりすぎないよう、プロジェクトの中で自分の仕事がどういう位置づけであるのかなどを意識するのがおすすめです。

Pocket