1. ホーム
  2. システム開発
  3. ≫ハードウェア設計技術者の仕事とは?機器の電子回路などを作る大切な仕事

ハードウェア設計技術者の仕事とは?機器の電子回路などを作る大切な仕事


スマホや家電などニーズは高く、機械や工作が好きな人におすすめ

ハードウェアエンジニア

IT系の仕事にもいろいろあり、職種によって仕事内容などもさまざまです。それぞれの仕事について理解を深めておくことは、自分のキャリアプランを考える助けにもなるでしょう。

ここでは、ハードウェア設計技術者の仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。ITというとソフトウェア関連がまず思い浮かびますが、ハードウェアが無くてはコンピュータは成り立ちません。ハードウェア設計はコンピュータシステム作りの基本となる仕事のひとつなのです。

ハードウェア設計技術者はどんな職種?

ハードウェアとは、ソフトウェアの対義語であり、機械そのものを指します。たとえばコンピュータ本体や周辺機器、また中で用いられている電子回路そのものはハードウェアです。そしてハードウェアを動かすためのデータやプログラムがソフトウェアです。

ハードウェア設計技術者とはハードウェアの開発・設計をする職業です。スマートフォンやスマート家電の発展を見ても分かるとおり、コンピュータ関連は次々に新製品が登場します。より扱いやすくするために新機能をつけたり、小型化をするなど、ハードウェア設計技術者は常に最新の情報を取り入れながら新しい製品の設計をおこないます。コンピュータが存在する限りハードウェア設計は必要であり、将来的にもハードウェア設計技術者のニーズが無くなることは無いでしょう。安定した職業と言えます。

なお収入としては月25万円~40万円、年収350万円~500万円というのが多いですが、大手メーカーなら年収600万円~800万円、人によっては年収1000万円以上になることもあります。高度な設計を行う場合、年収もそれだけ高くなります。高い技術と経験を持っていれば、安定した収入を得ることができます。

ハードウェア設計技術者の仕事って?

ハードウェア設計技術者の仕事はハードウェアの開発、設計です。大きなものだけでなく、コンピュータの中で使われる電子回路のような部品の設計も行います。たとえばパソコンやプリンタなどの周辺機器で使われる電子回路の仕様書を作り設計を行い、無線機能などの新機能を搭載したり、小型化をはかったりします。基本的に新製品の開発となるため、最新技術を取り入れたり、使いやすさを追及します。また求められる機能をつけるだけでなく、電気を使うことから安全面なども考慮する必要があります。

また開発するハードウェアは、自社開発の新製品のこともありますが、クライアントの要望により独自仕様の機器を開発したりもします。高度なスキルを持つハードウェア設計技術者は、最先端の機器開発に携わることもあります。

ハードウェア設計技術者に求められるものは?

ハードウェア設計技術者にはまず第一に設計技術が求められます。これが無くては仕事のしようがありません。またハードウェアには安全性も重要であり、設計ミスは重大な事故につながることもあるので安全に関する知識や技術は大切です。

なおハードウェア設計技術者になるのに資格は要りません。大学や専門学校などで電気工学などを学んだ人がなることが一般的です。ハードウェアを動かすにはソフトウェアが欠かせないので、プログラミングなどのソフトウェアの知識も合った方が良いでしょう。実際の開発ではソフトウェアのエンジニアと連携してすすめていくことが多くなります。

ハードウェア設計技術者の魅力って?

ハードウェア設計技術者の魅力は、自分が開発・設計した製品が販売されて多くの人が使用するという点にあります。製品によって大勢の人が喜んだり生活を便利にした実感が得られたときなど、深いやりがいが感じられます。まったくの新製品の開発も面白いですが、すでにある製品の改善を行いより優れた製品に改良できたときも達成感がが得られます。

また最新の技術に関して常にアンテナを張り、最新技術やそれまでの経験を活かした高度な設計を行うことで、より良い製品が生み出せます。常に最先端の技術を追い求めることに魅力を感じる人もいるでしょう。

こんな人にハードウェア設計技術者はおすすめ

基本的に機械というもの作りの仕事であるため、工作が好き・機械が好きという人に向いています。さらに言うと既存のものを作るだけでなく常に立ち止まらず最新の技術に興味を持つような人はハードウェア設計技術者の資質があると言えます。アンテナが高いことは現在のハードウェア開発では必要です。

また電子回路の設計は論理的にものごとを組み立てられる人に向いています。

さらに責任感があることも大切な資質です。ハードウェアの設計ミスは深刻な事故にもつながりかねないため、責任をもって製品を送り出すことが大切になります。