1. ホーム
  2. エンジニアスクール情報
  3. ≫Dive into Codeで即戦力のエンジニアとして活躍する!オンライン受講も可能!

Dive into Codeで即戦力のエンジニアとして活躍する!オンライン受講も可能!

Pocket

Dive into Codeは人材紹介会社と提携して卒業後にエンジニアとして転職できる!フリーランス案件も!

ダイブイントゥコーデ

Dive into Codeは人材紹介会社と連携した手厚いサポートが特徴のプログラミングスクールです。わずか6か月でRailsエンジニアとして転職できるなど短期集中型で結果を残すカリキュラムを中心に提供しています。

登録はこちら↓

公式サイトへ

Dive into Codeの特徴は?人材紹介会社と連携して転職までサポート

まずはDive into Codeの特徴からチェックしてみましょう。

人材紹介会社と連携!転職までカバー

プログラミングの勉強をした後、現場で活躍するためには転職活動が必須。Dive into Codeは人材紹介会社と提携することで一通りカリキュラムをこなした後、Railsエンジニアとして転職するところまでカバーしています。

フリーランスへの道も用意されている

他のプログラミングスクールと異なる特徴のひとつに「フリーランスを希望する方も歓迎している」という点が挙げられます。

手厚いサポートで即戦力を目指す

Dive into Codeは何度でも質問できる自習をベースに、エキスパートエンジニアから授業を受けられ、前回以上のフィードバックを取り入れたカリキュラムで学習していきます。ただ単純に授業を受けるだけでなく、様々な相談にも載ってくれるため、理解力が高まり、短期間でしっかりと即戦力になれる実力を身に付けられます。

遠隔地でもオンライン受講できる

基本は渋谷スクールで授業を受ける形になりますが、遠隔地にお住まいの方はスカイプを使ったオンライン受講を選択できます。

Dive into Codeはどんな人におすすめ?

Dive into Codeは次のような方々におすすめのスクールです。

  • 短期間でしっかり実力を身に付けたい
  • Railsエンジニアとして活躍したい
  • 転職までセットで考えている
  • 全くの未経験からのスタート
  • 自分のレベル、実力がどの程度なのかよく分からない
  • フリーランスとして活躍したい

登録はこちら↓

公式サイトへ

Dive into Codeはこんな人にはおすすめできない

おすすめできない!

レッスンは渋谷で行われていて、通えない人はオンライン受講を選択できますが、やはり最大限に学ぶためには実際にスクールに足を運ぶのが望ましいと言えるかもしれません。

Dive into Codeのコース紹介

Dive into Codeには『即戦力コース』と『AIコース』が用意されています。またそれぞれ『無料説明会』もあるのでぜひ体験してみてください。

即戦力コース

月収40万円以上の技術力を身に付けたRailsエンジニアを目指すコースです。10時から22時まで授業が受けられ、毎週木曜日が休業日となります。

人材紹介会社(レバレジーズ社)と提携することで、コース修了後はエンジニアへの転職を目指していきます。また転職ではなくフリーランスを希望する方にもフリーランス案件を紹介してくれます。

スタンダードプラン

即戦力コースの最もスタンダードなプランになります。仕事帰りや帰宅後に学ぶ形を採用しており、期間は6か月間。

グループプラン

内容はスタンダードプランと同じですが、仲間と一緒に入校することで初回者とその友人は一律2万円引きと大変お得!

インフラ+

スタンダードにインフラ(AWS)の授業全6回をプラスしたプランです。より幅広く学習したい方に。

AIコース

昨今需要が高まっているハイレベルなAI人材・AIエンジニアを育てるためのコースです。こちらは即戦力コースとは異なり、週2日以上渋谷オフィスに自習に来れる人だけを対象としているので注意しておいてください。オンライン受講は不可です。

Dive into Codeで習得できる言語やスキルのまとめ

各コースで習得できる言語やスキルは次の表のとおりとなっています。

コース名 習得できる言語やスキル
即戦力コース(スタンダード・グループ) Ruby on Rails、SQL、GitGitHub、HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Heroku、AWS、Capistrano
即戦力コース(インフラ+) 上記+AWS
AIコース Pythonm、AIプログラム全般

 

Dive into Codeの各コースの料金のまとめ

各コースごとの料金や受講期間目安は以下のとおりとなります。

コース名 料金 受講期間
即戦力コース(スタンダード) 29万8000円 6か月
即戦力コース(グループ) 27万8000円 6か月
即戦力コース(インフラ+) 39万8000円 6か月
AIコース 99万8000円 12か月(週2日以上必須)

 

もっと詳細を知りたい方はココをクリック!

公式サイトへ

Dive into Codeの利用の流れをチェックしてみよう!

Dive into Codeで稼げるエンジニアになるまでの流れを大まかに説明すると以下のようになります。

無料説明会に参加。必要でなければこのフェーズは飛ばしてもOKです。まずはどのように学習するのか、どういった形で進めていくのかを体験してみましょう。
課題型テキスト・受講。実践力を身につけるためのレッスンを受けます。
チーム開発。実務と同じようにチームでの開発を経験します。
卒業・認定証の贈呈。コースを修了した認定証が授与されます。同時に就職・転職時に役立つ推薦状の発行も。
転職またはフリーランスとして活躍する。

会社概要

会社名 株式会社Dive into Code
所在地 東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館2階b
設立日 2015年4月10日
資本金 650万円
対応エリア オンライン受講は全国。渋谷スクール利用は東京周辺

 

まとめ

短期間でしっかりと稼げるエンジニアを目指している方に最適なDive into Code。基本的には東京周辺にお住まいの方が利用できるスクールになっていますが、オンライン受講にも対応しているのは嬉しいですね。ポイントを挙げると以下のようになります。

・即戦力を目指したコースを用意
・人材紹介会社と提携し、転職までサポート
・フリーランス志望の方にもおすすめ

定期的に無料説明会が開催されているので、気になる方はまずはそちらから始めてみてはいかがでしょうか。

登録はこちら↓

公式サイトへ

Pocket