1. ホーム
  2. 保育士の転職
  3. ≫保育士の退職時期によって保護者対応も変わる?年度途中で退職する保育士が特に気にかけたいこと!

保育士の退職時期によって保護者対応も変わる?年度途中で退職する保育士が特に気にかけたいこと!

担任の先生が年度途中で辞めると保護者は不安になる!退職日までに保育士ができることは何か?

年度途中で担任の保育士が退職すると、保護者は少なからずショックを受けます。思いがけない出来事に動揺し、今後のことを考えると不安になります。

辞めていく保育士は、保護者にも大きな影響を与えていることを自覚し、最後まで誠意のある丁寧な対応を心がけることが特に大切です。

今回は、保育士が退職する時期によって保護者の受けとめ方が違ってくることと、担任として最後までできることをお伝えします。

保護者は「保育士の退職」についてどう考えているのか?

保護者にとって担任保育士の退職は、「想定内の場合」と、「全く予期していない場合」の2つのパターンに分かれます。どんなことが「想定内」で、何が「予期していないこと」なのか、下記に挙げてみました。

想定内の退職とは?

退職といっても、保護者の方である程度予想がついているものもあります。

年度末は職員が入れ替わる時期

毎年3月は人事異動の時期、職員の退職や新規採用があります。それは保育園だけでなく、国内では多くの企業で3月に職員の入れ替わりがあるので、年度末を基準にするのは一般的な考えです。だから、3月になると「今年は退職する先生がいるのかな?」と予想をする保護者もいます。

担任は毎年のように替わる

保育園では毎年担任が替わることも珍しくありません。退職の有無に関わらず一年で担任が替わることは、保護者にとって「想定内」です。ただ、保育士が年度途中で辞めると「数か月でお別れ」ということになるので、保護者は予期しない退職に驚きます。

保育士の結婚や出産は想定内

担任保育士が未婚の場合、保護者は「いずれ結婚するだろう」と予想します。また、結婚している保育士に対しては「そのうち赤ちゃんができるかもしれない」と考えます。

圧倒的に女性が多い保育業界では、結婚や出産を理由に退職をする保育士が沢山います。近い将来、担任保育士が「結婚または出産」する可能性があれば、保護者は「その時に辞めるかもしれない」と考えるのです。

想定外の退職とは?

保護者が予想できない「保育士の急な退職」とは、下記のような理由が多いですね。

体調を崩した

たとえば「心の不調」が退職理由の場合は、周囲の誤解を招きやすくデリケートな問題です。そのため、園は「体調不良のため退職する」とだけ保護者に伝え、事情を詳しく話すのを避けることもあります。

それ以上のことは知らされないので、保護者は「分かりづらい退職理由」に困惑し、想定外の急な退職に不安を抱きます。

家族の事情

子どもや親など保育士の家族に事情があって、退職を余儀なくされることがあります。保育士の家庭の事情は保護者には分からないので、突然「担任保育士の退職」を知らされることになります。

退職理由をオープンにすることを当事者の保育士が望めば、保護者にも詳しい事情は伝わりますが、望まない場合は「家庭の事情」という曖昧な表現で保護者に知らせることになります。

転職

保育士が「転職する」という事情は、保護者にはイメージしづらい退職理由です。園の内部事情や労働条件を知らないので、保育士の不満には気づかないことが多く想定できないのです。

ただ、保育士の労働状況が明らかに激務であったり、人間関係がうまくいっていない様子が見られる園は、職員の入れ替わりも激しいので、保育士の急な退職を「またか」と受けとめる保護者もいます。

保護者にとって、保育士が急に辞めることは全くの「想定外」であることが多いです。その事実を受け入れて、気持ちを切り替えるまでに時間がかかる保護者も沢山いるカモ!

保育士が年度途中で退職する!保護者はどんなことを思うのか?

年度途中で担任保育士が辞めると知った時、保護者はどう感じて、何を思うのか、よく考えてみましょう。

子どもは先生のことが大好きなのに!残念!

子どもが保育士に懐いていて、いつも先生のことばかり話していると、保護者は「こんなに大好きな先生が突然いなくなるなんて、子どもがかわいそう!」と、とても残念な気持ちになります。「先生が辞めた後に子どもが落ちこむのではないか」と考えると、保護者はタメ息が出てきます。

せっかく慣れてきたのに!

保護者は、担任保育士が退職することを知って「うちの子も最近ようやく先生に慣れてきたのに、また新しい先生に替わるなんて!」と、何もかもリセットしなければならないような気分になりますね。
また、人との付き合いが苦手な保護者にとっては、自分自身が「せっかく慣れてきたのに」とガッカリし、後任保育士との付き合いに新たな緊張感をもつのではないでしょうか。

責任感のある先生だと思っていたのに!急に辞めるなんてガッカリ!

保護者の中には「3月までみてもらえると思っていたのに、まさか途中で投げ出すなんて!」と腹を立てる人もいます。保育士の退職理由に納得がいかなければ、その気持ちを露わにする保護者もいるでしょう。
ほとんどの保護者は、年度始めに「担任保育士が途中で辞めること」を考えないので、急な退職に驚き、ガッカリし、見放されたような気持ちになる人もいるのです。

新しい担任がどんな人なのか気になる!

保護者は後任の保育士に「こんな先生だったらいいな」と沢山の期待をします。たとえば「親しみやすい人」「優しい人」「責任感のある人」「楽しい人」「子どもを理解してくれる人」などの希望があります。
辞めていく保育士と比べて「今の先生は少しおとなしいから、今度は元気な先生がいい」「今の先生が若い先生だったから、後任はベテランがいい」など、後任保育士に新たな期待を寄せる保護者もいます。

うちの子、大丈夫かな?

子どもは担任保育士が替わると情緒不安定になり、いつもと違う様子が見られることがあります。安心できる存在の保育士がいなくなることで、保護者は我が子への影響が心配になり、「先生がいなくなって、うちの子は大丈夫なんだろうか」と不安な気持ちを抱えることになります。

保護者の気持ちも十人十色!どんなことが不安になるのかひとりひとり違うので、担任保育士はフォローすることが必要カモ!

保育士が急に辞める時、担任の数によっては保護者の不安も違ってくる!

担任の急な退職によって保護者がどれくらい不安になるかは、クラスに何人保育士がいるかで違ってきます。
こちらでは3つのパターンに分けて考えてみました。

担任保育士が三人以上の場合

0~2歳児の担任は複数いるので、仕事もシェアしながら協力して行っています。特定の子どもだけ専任で保育することは少ないので、保育士がひとり退職してもクラスの運営に大きく影響することはありません。
子どもの「お気に入り保育士」がいなくなることを惜しむ保護者はいますが、不安を感じるかどうかは個人差があるようです。

二人担任の場合

二人担任では、どちらの保育士が辞めるかで不安感が違います。リーダー的存在の保育士が退職すると保護者への影響は大きくなります。残された若い保育士に対して「この先生がリーダーになるの?大丈夫?」と不安も強くなります。

一人担任の場合

保護者の不安がダントツに大きいのは、やはり一人担任のクラスです。複数担任のように「他の先生がいるから大丈夫」とはいかないので、「うちのクラスは今後どんなふうに変わるのだろう」と不安になります。
特に「子どもの心配事」を抱えている保護者は、後任保育士が気軽に相談できる人物なのか、とても気にします。

年度途中で辞める保育士は何をするべき?

保育士が急に辞めることで、保護者は様々な不安を抱き心配になります。そんな状態の保護者に対して、保育士ができることは何でしょうか?

保護者に謝罪することはやっぱり必要?
辞める保育士は誰でも「謝罪すること」を求められるわけではありません。
ただ、一人担任の場合は保育士が年度途中で辞めることで、子どもたちと保護者を放り出すことになります。担任としてどの程度の責任を感じているのかが問われます。
退職理由が何であっても、年度末まで責任を全うできなかったことについて謝罪することは大切なのです。
子どもを気にかけてもらうよう上司や同僚に頼んでおく

年度途中で保育士が辞める場合、保護者は「今後どうなるんだろう?」と不安になります。保育士はその気持ちをしっかりと受けとめ、自分がいなくなった後のフォローを上司や同僚にお願いします。
退職した保育士のフォローをすることは一職員として当たり前のことですが、それでも頭を下げてお願いされると、上司や同僚の意識が変わって積極的にフォローしてくれるようになります。

そして担任保育士がするべき大切なことは、「上司や同僚がちゃんとフォローしてくれる」ということを保護者にも伝えること。他の保育士がしっかり見てくれるという安心感を与えましょう。そして、自分同様「気軽に相談できる存在」であることもアピールしておくことが大事です。

急に辞める保育士が最後にすることは、「不安にさせたことを謝罪すること」と「少しでも安心できるよう配慮すること」です!責任を感じている保育士ならきっとできるカモ!

退職日まで時間がない!そんな時はどうすればいい?

辞めることが決まってから退職するまで、わずかな日数しか残っていないこともあります。特に体調を崩して辞める場合は、出勤も満足にできないような状況のまま退職することになるので、保護者に対して満足な挨拶もできません。

もし、保育士が余裕もなく慌ただしく退職するような状況になった時は、下記のような手紙を書いて保護者に配りましょう。たとえ手紙であっても、他の保育士から退職を知らされるより、自分の言葉で表現することができるので真心は伝わりますよ。

急な退職を詫びる手紙の書き方(体調を崩した場合の文章例)

保護者のみなさまへ

本日は急なお知らせをさせていただきます。
この度、私は○月○日をもって☆☆保育園を退職させていただくことになりました。
実は2か月ほど前より体調を崩しておりましたが、なかなか順調には回復せず、医師の勧めもあり退職して療養に専念することになりました。

保護者のみなさまには、突然のことで驚かせてしまい、本当に申し訳ありません。
できれば、年度末までがんばりたいと思っていたのですが、自分の身体が思うようにならずとても残念です。
保護者のみなさまのお気持ちを考えると、情けない思いでいっぱいです。

本来ならば、みなさまの前に立ち、おひとりおひとりに直接お詫びを申し上げるべきですが、不本意にもこのような形でのご挨拶をすることになりました。
責任を果たせない身勝手な私をどうかお許し下さい。

後任の保育士については現在選考中とのことです。
はっきり決まりましたら、すぐに主任より報告があると思います。
また、お子様のことにつきましては、○○先生と主任に引き継ぎをさせていただきましたので、いつでもお気軽にご相談下さいますようお願いいたします。

突然このようなことになりましたこと、改めてお詫びいたします。
これまで、至らない自分を温かく見守っていただき、心より感謝申し上げます。
保護者のみなさまとお子様方のご多幸を、いつまでもお祈りしております。

保育士が急に辞めることを知らせる手紙は、丁寧な言葉遣いの方が「申し訳ない気持ち」が伝わるカモ!話し口調に近い表現だと軽く伝わってしまい、誤解されることがあるカモしれません!

最後まで保護者の気持ちを考える

保育士が急な退職をする時は、ついつい自分のことで頭がいっぱいになってしまいます。上司や同僚とトラブルになると更に「早く辞めたいモード」が加速します。そうなると後回しになってしまうのは保護者のこと。満足な対応もしないままに退職日になってしまうこともあります。

自分が辞めることで「保護者が不安になること」を自覚している保育士は、どんなに時間がなくても最後まで誠意を見せようとがんばります。最後までできる限りのことをしようとする気持ちこそ、保育士としての姿勢なのです。

保護者は「急な退職」に戸惑ったとしても、保育士の誠意を感じることができれば納得してくれるカモ!